親知らず

親知らずは、第三大臼歯や智歯ともいわれ、前歯の中心から数えて8番目の奥歯のことをいいます。
思春期の後半から20歳以降、永久歯の中で一番最後にはえてくる場合が多いため、親知らずがはえるためのスペースが残されていないため、骨の中に埋まったまま出てこなかったり、斜めになってはえてきたり、正常にはえてくることが少ない歯です。
親知らずの生え方によっては、歯ブラシが届きにくくて汚れが溜まりやすくなりって虫歯や歯周病のリスクになったり、隣接した歯を押して歯並びを悪くするなどの悪影響をもたらす場合があります。

ページの先頭へ