歯周病の予防と進行

歯周病の予防

歯周病の予防

■日常生活での予防(正しいブラッシングと食生活)
歯周疾患の多くの原因はプラーク中に含まれる歯周病菌です。歯周疾患を防ぐためには、原因となるプラークや細菌を取り除く「プラークコントロール」が重要となります。歯科医師や歯科衛生士から適切なブラッシング方法と食生活の改善などの指導を受けて、新たなプラークの付着を防ぎましょう。


■歯科医院で行う予防(定期的な歯の歯石除去と歯のクリーニング)
歯科医院で機械や器具を使用して歯石を除去します。歯石を取り除くと、歯石の表面や内部に繁殖した歯周病菌を減らすことができます。なお、歯科医師や歯科衛生士が専用の道具を使って、日常の歯磨きでは落としきれない歯と歯肉の境目や歯の細かい溝などの汚れを徹底的に落とすクリーニングのことをPMTCと言います。毎日のホームケアと、定期的な歯科医院でのケアを両立することで、歯周病を予防します。

歯周病の進行

歯周病の多くは、痛みを感じずにゆっくりと進行していく慢性歯周炎です。強い痛みを感じないまま、歯がグラつくと気づいたときには、歯を支える骨(歯槽骨)が破壊され、重症化しているケースもあります。


歯周病の進行■歯周病の進行の流れ
1.初期...歯肉が赤く腫れた状態になり、ブラッシングの際、正常な力で歯ブラシを歯肉に当てると出血することがある。歯肉全体が腫れていると健康な歯肉の状態との差がわからず気づきにくい。軽度なので、歯科医院でプラークや歯肉と歯の間に入り込んだ歯石や最近を落とせば症状が改善する段階。


2.中期...ブラッシングの度に歯肉の出血がおき、水がしみたり、歯肉から臭いがしたり、歯肉を押すと膿が出ることもある。初期よりも歯と歯肉の間の溝の深い場所に歯石が付着したり細菌が増殖している状態。


3.後期...歯がグラグラ揺れてきて、歯肉は化膿して白い膿が出る。歯を支えている骨(歯槽骨)まで細菌による炎症が進行し、骨がどんどん溶けていく状態。



4.脱落...後期から歯の脱落までの期間はとても早いです。歯周病が進行すると、脱落した歯だけでなく周囲の歯や骨まで影響を及ぼします。

ページの先頭へ