歯周病の症状

歯周病の原因

歯周病の原因

歯周病、歯肉炎など歯周疾患の原因の多くは、「プラーク(歯垢)」です。プラークとは細菌が歯の表面に付着する黄白色の柔らかい物質で、虫歯や歯周病を引き起こす原因となる細菌が住みついていると言われています。お口の中の数種類の歯周病菌(歯周病原因菌)が増殖してできたヌルヌルした膜(塊)「バイオフィルム」が歯や歯肉の溝で成長すると、歯肉や歯を支える骨・組織が破壊されはじめ、炎症を起こします。

主に歯肉が炎症して腫れや出血がおきる「歯肉炎」と、歯を支えている組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨)が徐々に破壊される「歯周炎」の2つに分けられます。いずれも初期には自覚症状がほとんどないため気付かないうちに進行することが多く、症状が出た頃には状態が悪化し、治療に時間を要したり、抜歯が必要になったりすることがある深刻な病気です。

歯肉炎の症状

歯肉炎の症状

歯肉炎とは、歯周組織のうち歯茎にだけ炎症が起きている状態です。
具体的には、「歯茎が腫れる」「歯茎が赤みをおびる」「ブラッシング時に出血する」といった症状が表れます。

歯肉炎の原因のほとんどは、プラークや歯石によって歯肉の周囲に歯周病菌が繁殖によりますが、ホルモンの変調や服用薬の副作用によって起こることもあります。
初期の段階は痛みはほとんどありませんが、放置したままにしておくと、歯周病菌が繁殖し続けて炎症が進行して重度化する恐れがあるので、早めのケア・治療が大切です。

歯周炎の症状

歯周炎は、歯周病菌による炎症が、歯肉の下で歯を支えている組織(歯根膜)や顎の骨(歯槽骨)まで進行した状態です。(かつては歯槽膿漏とも呼ばれていました。)
歯肉炎が進行して破壊された歯肉と歯の境目(歯周ポケット)がどんどん深くなり、歯周病菌の温床であるプラークや歯石が溜まりやすくなって、細菌がが繁殖してさらに炎症を拡大します。

歯周病炎の症状

<歯周炎でみられる症状>
・口の中がネバネバする
・歯茎の腫れ
・歯茎から膿が出る
・歯茎が痩せる
・歯根部分が見える(歯が長く見える)
・冷たいもの、熱いもの、酸っぱいものがしみる
・ 口臭
・歯がぐらつく、または抜け落ちる
・噛むと痛みがある

歯周炎の種類

■慢性歯周炎(成人性歯周炎)
比較的ゆっくり進行する慢性的な疾患で、多くはこの分類にあたります。以前は成人性歯周炎と呼ばれていましたが、子どもでも発症します。プラーク(歯垢)や歯石が歯と歯肉の間に溜まり、増殖した歯周病菌に侵されて発症します。

■侵襲性歯周炎(思春期前歯周炎、若年性歯周炎、急速進行性歯周炎)
早期発症性のある歯周炎。思春期前後や30歳以下の若年層に多い疾患です。慢性歯周炎より急速に進行することが多いです。体質や、特定の歯周病菌(Aa菌)の感染が関与しているといわれています。

■遺伝疾患に伴う歯周炎
血液疾患、遺伝性疾患など全身的な疾患が影響して、歯周病に感染するケースです。

ページの先頭へ