歯周病

歯周病とは、歯肉や歯を支えている骨など、歯の周り(歯周組織)で発症する病気の総称です。歯周疾患、またはペリオとも呼ばれています。発症した初期段階では、自覚症状がほとんどないので気づかないうちに進行することが多いです。
歯周病は、大きく分けて、歯肉に炎症がおきる「歯肉炎」と、歯肉だけでなく歯を支えている組織(歯根膜)や骨(歯槽骨)にまで炎症をきたしている「歯周炎」があります。特に歯周炎は、進行すると歯を支える組織の破壊が進んで、歯が抜け落ちてしますことがあります。また、最近では歯周病は糖尿病や心臓血管系疾患などの全身疾患のリスクを高めるともいわれています。


歯周病は、細菌の塊であるプラーク(歯垢)や歯石が溜まって、歯周病の原因である複数の細菌が繁殖して引き起こされます。
歯科医院で定期的に歯のクリーニングや歯石取りをして、お口の中を細菌が繁殖しにくい環境にすることが有効な予防法といわれています。

ページの先頭へ