歯並びの種類

不正咬合

出っ歯(上顎前突)やデコボコの歯並び・八重歯(叢生)、受け口(下顎前突)など、見た目や咬み合わせが悪い歯並びを不正咬合といいます。不正咬合は、見た目だけでなく、歯磨きがしにくかったり、噛むときに特定の歯に負担がかかったりして、歯や歯肉、口元の健康に影響を及ぼします。

不正咬合の種類と特徴

上顎前突

出っ歯(上顎前突)

出っ歯(上顎前突)やデコボコの歯並び・八重歯(叢生)、受け口(下顎前突)など、見た目や咬み合わせが悪い歯並びを不正咬合といいます。不正咬合は、見た目だけでなく、歯磨きがしにくかったり、噛むときに特定の歯に負担がかかったりして、歯や歯肉、口元の健康に影響を及ぼします。

下顎前突

受け口・(下顎前突)

上顎の歯よりも下顎の歯が出ている歯並びです。下顎の歯が強く傾斜して突き出ているケースや、上顎の不十分な成長により起こるケースなどがあり、見た目や発音への影響(特にサ行)がみられます。顎の成長期である小児矯正が有効なケースがあります。

八重歯・乱杭歯

八重歯・乱杭歯(叢生)

上顎の歯よりも下顎の歯が出ている歯並びです。下顎の歯が強く傾斜して突き出ているケースや、上顎の不十分な成長により起こるケースなどがあり、見た目や発音への影響(特にサ行)がみられます。顎の成長期である小児矯正が有効なケースがあります。

オープンバイト

開咬(オープンバイト)

奥歯はかみ合っていても、前歯はかみ合わずに上下の歯に空間ができてしまう歯並びです。見た目や発音への影響のほか、噛めない前歯のかわりに奥歯に過剰な力がかかり、歯や顎に大きな負担がかかります。指しゃぶりや、舌を突き出す癖なども原因のひとつです。

過蓋咬合

過蓋咬合

上顎の前歯が下顎の前歯に深くかぶさっている歯並びです。過蓋咬合は約5mm以上、上の前歯が下の歯を覆っている状態で、なかには全く下の歯が見えなかったり、上の歯が下顎の歯肉に当たって傷つけたりするケースもあります。

すきっ歯

すきっ歯(空隙)

歯と歯の隙間が多くなっている歯並びです。顎の大きさに対して歯が小さかったり、生れつき歯の数が少なかったりするのが原因です。歯の間に食べ物が詰まりやすく、歯ブラシが隅々まで届きにくいです。なお、前歯に隙間がある状態を「正中離開」といいます

骨格性の不正咬合(顎変形症)

顎の骨の大きさ、形、位置などの骨格的な異常によって、不正咬合やお顔の変形がおきている状態です。下顎が出ている「下顎前突症」、上顎が出ている「上顎前突症」、上下の顎が左右にずれている「顔面非対称症」などがあります。治療は顎の骨を切る外科手術と矯正歯科治療を併用する「外科矯正」が行われ、医療機関によって保険適用できます。

ページの先頭へ