矯正歯科の治療費

矯正歯科治療の治療費のポイント

治療費

指定の症状を除いて、保険は適用できません

小児矯正も成人矯正も、一般的な矯正歯科治療は健康保険の適応はできないため、自費治療となります。 診察料や精密検査費、矯正装置代などのそれぞれの値段は、歯科医院が自由に設定できるため、料金表は医療機関によって異なります。 ※なお、保険適応できる症状とは、顎の骨の骨格的異常が原因で不正咬合が起きて外科手術と矯正歯科治療の併用が必要な「顎変形症」や、唇顎口蓋裂など、国が指定した疾患に限ります。

治療費の目安

歯科医院の料金設定や、患者様が選ぶ治療法によって異なりますが、歯の表側にブラケットとワイヤーを装着する本格矯正では80万~110万円程度です。
歯の裏側に装置をつける裏側矯正(舌側矯正)などの特殊な治療法は、一般の治療費よりも1.2倍~1.5倍程度かかります。
小児矯正・成人矯正にかかわらず、治療開始から完了までにかかる総額の目安や、追加料金について確認すると良いでしょう。

矯正歯科治療の料金の目安(表側矯正の場合:トータル80万~110万円程度) 

初診料・相談料 0円~6,000円
精密検査料・診断料 25,000~60,000円
装置料(基本料金) 成人の表側矯正の場合 
65万円~95万円
処置料・調整料 A.0円~10,000円(処置内容による)
B.基本料金に含まれる医院もあります(総額制)
治療後の保定装置料 A.10,000円~60,000円(装置の種類による)
B.基本料金に含まれる医院もあります(総額制)
定期検診・メインテナンス 2,000~8,000円(処置内容による)

※医療機関や症状によって異なります。

支払い方法

「一括払い」、「信販会社等との契約によるデンタルローン」、「クレジットカード」、「歯科医院との契約による分割払い」などがあります。 対応している支払い方法や分割回数・金利手数料については、歯科医院によって異なります。

医療費控除について

「かみ合わせが悪くて機能的な問題があるので矯正治療が必要」と、矯正歯科医が診断した場合、医療費控除を受けることができます。(見た目だけを目的にした治療では原則適応されません。) 医療費控除とは、1年間に10万円以上の治療費を支払った場合に、納めた税金の一部が還付される制度です。制度の利用方法・詳細については、お住まいの地区にある税務署や税金相談課に確認しましょう。

ページの先頭へ