保険外診療の詰め物

セラミックインレー

セラミックインレー

セラミックインレーとは、虫歯部分を削った部分に詰める、100%セラミック製の詰め物のことです。 金属を使用しないため、歯茎の変色や金属アレルギーの心配はありません。
強度があり、吸水性がないので、年数がたっても変色せず、きれいな光沢を持続することができます。
色調も自由に選ぶことができるので、自然な見た目を実現できます。
また、細菌が付着しにくいこともメリットのひとつです。
ただし、か硬い素材のため、強い衝撃などで割れてしまう可能性があります。

ハイブリッドセラミックインレー

ハイブリッドセラミックインレー

ハイブリッドセラミックインレーとは、約70%が細かいセラミック粒子で30%のプラスチックの素材でできた詰め物のことです。
金属を使用しないため、歯茎の変色や金属アレルギーの心配はありません。
レジンとセラミックの中間的な存在であり、レジンよりも耐久性に優れ、変色もしにくいので、奥歯にも使えます。
また、色調も自由に選べるので、自然な見た目を実現できます。
セラミックに比べると硬さは劣るため、摩耗することはありますが、割れることは比較的少ないと言えます。

ゴールドインレー

ゴールドインレー

ゴールドインレーとは、金合金や白金加金(金にプラチナを加えたもの)で作られたインレーです。 これらの貴金属は非常に錆びにくいため、保険診療のメタルインレーの問題点であった金属の溶け出しによる二次的な虫歯、 歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどなどの可能性が低くなります。

ページの先頭へ