こどもの虫歯対策

こどもの虫歯の原因

虫歯菌 虫歯の原因は、お口の中にある「ミュータンス菌」という細菌です。 ミュータンス菌は人の歯に住み着く細菌で、生まれたばかりの歯のない赤ちゃんにはありません。
しかし、乳歯が生え始めると、ミュータンス菌が住み着く場所ができるため、スプーンなどの食器の共有や口移しなど、何らかの原因で感染してしまうと、虫歯になるリスクが出てきます。
ミュータンス菌がお口の中の糖分を分解して作られた酸が、歯を溶かして虫歯になります。
人のお口の唾液には、酸を中和する働きがありますが、間食(ジュース類含む)の頻度が高くて唾液による中和がうまく働かなかったり、歯垢がたまって細菌が繁殖して酸が強くなる状態になれば虫歯になってしまします。

こどもの虫歯予防

こどもの虫歯予防 お子様の虫歯の進行は早く、特に乳歯、永久歯にかかわらず生えたばかりの歯は虫歯になりやすいです。また、乳歯の虫歯が進行すると、歯の周囲の組織に影響を及ぼし、これから生える永久歯の成長にも影響を与えてしまうといわれています。定期的に歯科医院に検診し、しっかり予防をしましょう。


1.離乳期からはじめる虫歯予防
生後6ヶ月くらいから歯が生えてきます。歯が生えかけの頃は特に虫歯にかかりやすいので、離乳食を始めた時から注意しましょう。糖分の高いお菓子、ジュース類を控え、また、他の人からの感染を防ぐためスプーンの共有は避けましょう。お子さんが生まれる前に、母親や同居する家族の方がはの治療をしてなるべく悪い菌を少なくしておくのも、予防のひとつです。


2.歯が生えたら歯磨きの習慣を
歯が生えはじめたら、食後に濡れたガーゼなどで優しく歯を拭ったり、お子様の年齢に合った乳児用の歯ブラシなどで歯磨きに慣れさせていきます。強引に行っては、痛みを感じてしますので、小児歯科や自治体の歯磨き教室のアドバイスを受けてみるのも良いでしょう。
食生活も引き続き糖分の高い食べ物、飲み物を避けて、ダラダラ食べの少ない食生活を送りましょう。また、定期的に小児歯科に検診に行くことをおすすめします。

歯科医院で行う虫歯予防

歯に痛みや違和感がなくても、ご家庭では気づきにくい虫歯のチェックやかみ合わせ、顎の成長の確認のため、定期的な小児歯科への検診が有効とされています。


歯科医院でできる虫歯予防


・フッ素塗布...歯科医管理のもと、フッ素を歯に塗って、ミュータンス菌がつくる歯を溶かす酸に強い歯質にして虫歯を予防します。


・シーラント...奥歯の上面にある深い溝や、前歯の裏側にある溝は、汚れが溜まりやすく虫歯になりやすい場所です。このような歯の溝をフッ素を含む専用の樹脂(プラスチック)で埋め、定期的に交換をしながら虫歯を防ぎます。

ページの先頭へ