虫歯の治療方法

CO 初期虫歯の治療方法

虫歯治療のイメージ

初期の虫歯は、再石灰化を妨げないように、毎食後のブラッシングで食べかすを残さないようにしたり、食事でいつもより沢山噛むなどを心掛け、再石灰化を促しましょう。虫歯になりやすい方はフッ素塗布でをすることも効果的ですので、歯科医院で相談しましょう。

C1 中期虫歯の治療方法

エナメル質の内部まで虫歯になっているので、自然に修復することは難しく治療が必要となってきます。虫歯の部分を削り、コンポジットレジンといわれる歯の色に近いプラスチックをつめて、その日のうちに治療は完了します。

C2 後期前半虫歯の治療方法

象牙質まで虫歯が進行している場合、神経まで虫歯が達している場合もありますので、神経を保護する処置をしてから、虫歯の部分を削り、削った部分に詰め物を製作するために型を取り、仮の詰め物をして、一回目の治療は完了です。次回、出来上がった詰め物を接着したら、すべての治療は完了です。

C3 後期後半虫歯の治療方法

歯の神経(歯髄)にまで進行した場合、細菌が体の中に入っていかないように、神経を除去する必要があります。除去した部分には細菌が残っていますので、薬を入れて殺菌する処置を、炎症がなくなるまで繰り返す「根管治療」を行います。根管治療で炎症が治まり、細菌がいなくなると、被せ物と被せ物を取り付ける土台を製作するために、型を取ります。次回、出来上がった土台と被せ物を取り付けて、すべての治療は完了です。神経が通っていた歯根の形や、細菌による炎症の程度によって、根管治療の回数は異なります。

C4 末期虫歯の治療方法

歯根だけが残り、上部が崩壊して神経も死んでいる場合には、歯を残すことは難しいため、抜歯となります。

ページの先頭へ