虫歯の予防

虫歯の進行

虫歯は、歯の隙間などに溜まった食べかすが歯垢(プラーク)から放出する酸によって歯の表面が溶かされる「脱灰」と、脱灰によって溶かされたエナメル質を唾液の力で修復する「再石灰化」のバランスが崩れた場合に進行します。 歯並びやかみ合わせの問題で、歯と歯の間に食べ物のカスが溜まりやすい状態であったり、再石灰化がされないうちに、食事や間食を続けている状態であると、再石灰化が間に合わず、脱灰が進んでしまいます。

日常生活で虫歯予防

デンタルフロス

虫歯が進行しないようにするためには、まずはその原因となる歯垢(プラーク)を毎日のブラッシングで落としきることが大切です。
歯並びや歯の形は人によって様々ですので、自分の歯のどの部分食べかすが残りやすいのか知り、歯ブラシだけではなく、歯間ブラシや、デンタルフロスを使用して、磨き残しのないようにすることが大切です。毎食後の丁寧な歯磨きを心掛けましょう。
また、再石灰化には唾液の力が欠かせません。唾液は、噛むことによって分泌が促されますので、根菜類などを毎回の食事に加えたり、キシリトールガムを食後に噛むなど、噛む回数を増やすための工夫をしましょう。

歯科医院で虫歯予防

歯科医院で虫歯予防

歯垢が石灰化して歯石になると、プラークが付着しやすい状態を作り出してしまうといわれています。歯石は毎日のブラッシングでは落とせませんので歯科医院で定期的に除去してもらう必要があります。歯科医院での定期的なクリーニングでは、歯石の除去と同時に、虫歯の進行を抑えて、虫歯になりにくい環境を作るフッ素の塗布も行ないます。自分では気づかない初期や中期の虫歯を早い段階で見つける役割も果たしていますので、半年に1度は通うようにしましょう。

ページの先頭へ