虫歯の原因と症状

虫歯の原因

虫歯の原因は、歯垢(プラーク)とよばれる細菌のかたまりです。磨き切れずに残った食べかすがお口の中の細菌とまじりあってできる歯垢が、食べかすに含まれる糖分をエサとして増殖していき、数時間後に酸を産出します。この酸が、エナメル質で覆われている歯の表面を溶していきます。初期の段階であれば、唾液の力で修復がおこなわれ(再石灰化)、元の健康な歯の状態に戻ります。しかし、毎日の食生活が乱れていたり、歯のケアを怠っていたりと、歯垢が酸を産出しやすい環境であればあるほど、再石灰化が間に合わず、歯の表面の脱灰が進行していき、虫歯が悪化していくのです。

虫歯の症状

虫歯の症状は、進行度によって5つに分類がされています。虫歯の進行が初期や中期である場合には痛みを感じることがありませんので、つい放置しがちですが、この時点で治療を行わないと、虫歯後期に突入し、激しい痛みを伴うだけでなく、治療に時間を費やすことになり、治療費用の圧迫にもつながります。虫歯かなと感じたら、すぐに歯科医院を受診するか、定期検診を受けるようにしましょう。

虫歯の進行度チェック

虫歯の進行度CO

CO 初期

虫歯の症状は、進行度によって5つに分類がされています。虫歯の進行が初期や中期である場合には痛みを感じることがありませんので、つい放置しがちですが、この時点で治療を行わないと、虫歯後期に突入し、激しい痛みを伴うだけでなく、治療に時間を費やすことになり、治療費用の圧迫にもつながります。虫歯かなと感じたら、すぐに歯科医院を受診するか、定期検診を受けるようにしましょう。

虫歯の進行度C1

C1 中期

エナメル質の内部まで溶かされて穴が空いている状態で、痛みはありません。

虫歯の進行度C2

C2 後期前半

象牙質まで、溶かされた状態で、冷たいもの、熱いものがしみる場合があります。

虫歯の進行度C3

C3 後期後半

歯の神経(歯髄)にまで進行した状態で、細菌により歯髄が炎症(歯髄炎)をおこし激しい痛みを伴います。

虫歯の進行度C4

C4 末期

歯根だけを残し、歯の上部が崩壊している状態で、神経は死んでしまっているため、痛みはありません。細菌が歯を支えている顎の骨まで到達した場合、膿がたまる場合があり、この場合痛みを感じることがあります。虫歯菌が血管に入りやすい状態のため、体の中に入り込み、他の病気を引き起こす可能性もあります。

ページの先頭へ