虫歯について

虫歯は、食べかすに含まれる糖分をエサとして増殖した歯垢(プラーク)が、酸を産出することによって歯の表面が溶かされていく症状のことをいいます。
虫歯は、エナメル質が溶けるくらいの初期の状態であれば、自然と修復しますが、初期の虫歯は痛みがなく、放置してしまうことがほとんどです。歯垢が溜まった状態のまま、毎日のケアを怠って放置していると、症状はさらに悪化し、激しい痛みを伴うようになります。さらに神経にまで細菌が入り込んでしまって神経が死んでしまった場合には、治療をすることができず抜歯を余儀なくされことも少なくありません。虫歯の進行が進めば進むほど、治療費用が余計にかかるばかりでなく、周囲の歯にも悪影響が及んだり、噛む力が弱くなることによって、胃や腸に負担をかけることにもなりかねません。毎日のブラッシングと定期的な歯科医院のクリーニングで、早期発見、早期治療を心掛け、虫歯にならないお口の環境づくりを目指しましょう。

ページの先頭へ