大きめヘッドの歯ブラシの使い方

大きめヘッドの歯ブラシ 歯周ポケットや歯の隣接面などをフロスケアすることが前提であれば、大きめのヘッドの歯ブラシは効果的です。
大きめのヘッドの歯ブラシは、一度のポジショニングで多くの歯面を毛先がカバーするため、磨き残しが少なくなりますし、時間の短縮にもなります。
また、ヘッドが大きめだと歯や歯茎にかかる圧力も分散されます。さらに、ネックを細く柔らかいフレキシブルな、グリップは軽く持って滑らないラバー付きグリップを選ぶことで力を入れずに磨くことができ歯や歯茎にかかる負担が軽減できます。

選ぶポイントは、歯を3本分程度カバーするレギュラーサイズのエッグシェイプ(楕円卵型)の歯ブラシがおすすめです。
先端が細くなっているため、細かい部分を筆先のように使って磨き、かかと部分で前歯の歯列内側カーブや犬歯の根元を磨くことができます。

フロスの選び方や歯周ポケット、隣接面ケアに関してはこちらを参考にしてください。
Y字型ホルダーデンタルフロスについて

ページの先頭へ