歯の名前

永久歯(大人の歯)の名前

永久歯の名前 みなさんは自分の歯が何本あるのかご存知ですか?永久歯(大人の歯)は通常全部で28本、親知らずを含めると32本あります。そして歯には種類があり、一本ずつ名前(呼び名)が付いています。それぞれの歯の名前は、左の図の上部でご紹介しています。たとえば、前歯の中心から2番目の歯は側切歯[そくせっし]と呼びます。また、歯科診療では名前ではなく、図で示しているようにそれぞれの歯を数字で呼びます。つまり、第一小臼歯は、「4番」という呼び方になります。

乳歯(こどもの歯)の名前

乳歯の名前 こどもの歯とも呼ばれる生まれてから最初に生える歯は、通常歯20本あります。前方から順に乳中切歯、乳側切歯、乳犬歯、第一乳臼歯、第二乳臼歯と呼ばれています。歯科診療では乳中切歯から第二乳臼歯に向かって順にA~Eというアルファベットで略して呼ばれます。

ページの先頭へ