歯の用語集

歯科治療、歯に関する用語集です。
インプラント、抜歯、虫歯治療など、わかりにくい歯科治療の用語について解説しています。

静脈内鎮静法(じょうみゃくないちんせいほう)

静脈内鎮静法とは、静脈内点滴に催眠鎮静導入剤を少量投与することにより、緊張感や不安感・恐怖感の無い、あたかも眠ったようなうとうととした状態が得られます。インプラント手術時などに用いられることが多く、ストレスの無い快適な状態で手術を行う事が可能です。鎮静薬剤には健忘効果もあるので、手術中の不快な記憶などは殆ど残りません。

笑気ガス吸入鎮静法よりも確実で深い鎮静効果が得られますが、全身麻酔と異なり完全に意識は消失せず、また全身麻酔よりも回復が早いのが特徴です。

通常は麻酔認定医による全身管理下において、術中の心電図、脈拍数、血圧、酸素飽和度等のバイタルサインを生体情報モニターで測定・監視しながら安全に静脈内鎮静および手術が行われます。

< 前の用語を見る
次の用語を見る >

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

英字

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z

ページの先頭へ