親知らず

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
親知らず
お悩みの歯
左上正面から8番目

中学生女子です。親知らずができました。放っておいても大丈夫ですか?


ドクトル ビーバー 先生からの回答

12歳くらいから親知らずは歯のかみ合わせ部分から成長して16歳くらいで歯冠部分という、硬いエナメル質のお口の中にでる部分が顎の骨の中で完成してきます。20歳くらいには根の部分もできてくるので、前の歯にぶつかってくる前に、根が完成して、歯が大きくなる前に、16歳から22歳くらいまでに、歯の頭の部分だけのうちに、抜くのが良いと思われます。親知らずは完成して、大きくなった20後半の抜歯処置は、結構大変になります。早めの方が、簡単です。
親知らずは抜かないで放置で良い場合は、完全にアゴの骨の中で、埋まっている場合で、前方の歯の根元にくっついていたり、埋もれていても一部でも奥歯の歯周ポケットに影響がある場合は、隠れ歯周病の温床になるので、抜く方が全身の体の安全のために良いのです。自覚症状などはない場合がほとんどですが、奥歯の歯周病が、お手入れしているに、悪化していく原因で、歯周病菌連鎖で全身疾患の発症が怖いです。
歯というのは、対合の歯とぶつかるまで、または噛み合った後も、すり減りに応じて、ほんの少し歯肉の上に伸びてきます。親知らずの根が長くなるのは、ほぼ30歳くらいまでで、成長ホルモンの影響が少なくなると止まります。でも、噛み合わせに合さるように、邪魔がなければ、自動的に歯肉の上に出てくるのです。
リスや、ネズミなどは次から次に歯が伸びて成長してきます。根の長さはそのままでも、歯の成長が少しでもあれば、さらに、親知らずは前の歯を押します。奥歯の根の形は、細い逆三角の扁平な楕円断面で、根の先は少し奥へ曲がっているので、歯は前方に傾斜している感じでお口に生えています。
ですから、奥歯の噛む力は、真下に向かって加わっても、根が前方に傾いているので、噛んでいる奥歯を少しづつ、前方に押します。
奥歯の歯の間の隣接面のお手入れ不足があると、(奥歯のYホルダのフロスケアによる予防的タイミングケア)歯の周囲で、歯を支えている顎の骨の硬い皮骨が溶けて歯周炎で、支えが弱くなるので、奥歯は、噛むたびに小さく前や内側に揺れることを繰り返します。(ジグリング)奥歯の歯周病の進行や、このジグリングが大きい場合、CTのレントゲンなどで奥歯の根の周囲を見ると、歯ブラシがよく当たる頬側の根面には、しっかりアゴの骨がへばりついて歯を支持している状態がわかりますが、歯の内側や歯の間の隣接面の皮骨は、根から離れ、ひどい歯周病や、噛み締めがある場合は、5mm以上も根からアゴの骨が離れているのが見れます。
こういう状態だと、噛むたびに、奥歯は前や内側に動いて、傾斜するので、その奥の親知らずは前に出て、奥歯は前に移動してこれるので、次第に奥歯は元に戻れず、前に前に、押されて、親知らずは顔を出してきます。この結果10代後半から綺麗に並んだ前歯も押されて重なってきたり、前に突出して、歯並びが悪くなります。これが30歳から40歳の頃です。この時に抜くのは大変です。骨も硬いし、歯周病も進行して、術後感染も起きやすい。すでに親知らずは虫歯で、その影響で前方の歯も虫歯になったりしています。
結局、前歯の犬歯(3番)がはみ出たり、前歯が出っ歯になっていき、20代の顔が30歳以上の中年の顔に変化します。
奥歯の噛みわせの変化はは顔つきまで変えるので、安定した、噛みわせを得るために、矯正したり、歯周病予防の確実にできるオーラルケアの予防ケアをマスターすることです。奥歯の噛みわせで、脳内ホルモンや、血流量も変化して、脳の前頭野の活動範囲が影響受けるので、記憶力や、創造力、夢や、希望という、人間性に関わる性格まで変わるようですよ。これは脳学者さんのレポートで確認されています。
ですから、奥歯の前方移動を助長して、なおかつ、歯周病菌の隠れ場になる親知らずは放置せず、早めに20代前に抜くのが、海外では主流になっています。

ドクトル ビーバー 先生
ドクトル ビーバー 先生
ホワイトファミリー歯科(神奈川県川崎市)

ドクトル ビーバー先生の回答一覧

小林 研太郎 先生からの回答

まっすぐ生えていて正常に咬みあっている親知らずは抜く必要はありません。
ただ存在するだけでトラブルを起こしているまたは起こす可能性の高い親知らずは早めに抜歯するほうがよいでしょう。


たとえば
①前の歯に向かって真横や斜めに生えていて7番目の歯を押している場合。
 a)親知らずと7番目の歯の間が磨けず虫歯や歯周病の原因になる。
 b)歯列全体が前の方におされて歯並びが崩れる。
②頬や舌に向かって生えている場合。
 a)頬や舌を咬みやすく口内炎や咬傷の原因になる。
 b)磨きにくいため虫歯や歯周病の原因になる。
③まっすぐ生えてはいるが頭だけ出ていて反対側の親知らずと咬み合っていない場合。
磨きにくいため虫歯や歯周病の原因となり、7番目の歯も虫歯や歯周病が進みやすい。


きちんと咬み合っているのか抜歯したほうがいいのか上記を参考に歯医者さんで相談してみて下さい。

小林 研太郎 先生
小林 研太郎 先生
KEN DENTAL CLINIC(大阪府大東市大東町10-21)

小林 研太郎先生の回答一覧

藤巻 理也 先生からの回答

まりんさんへ

親知らずは、必ず抜くものではありません。
ちゃんと相手の歯が生えてくれば、噛むこともできます。
歯ブラシの届きにくい場所です。しっかり磨いて、虫歯にならないようにしましょう!

歯科医院にいき、レントゲンを撮り。
ちゃんと萌出するか、診てもらいましょう!

藤巻 理也 先生
藤巻 理也 先生
大塚美容形成外科・歯科(東京都豊島区北大塚2-30-6)

藤巻 理也先生の回答一覧

北野 やすひろ 先生からの回答

やすひろ歯科クリニックの北野です^^

中学生なんですね。親知らずは、先生によって言うことが違うかもですが、僕は、抜いた方がいいよと言っています。
ただ、痛みを感じてるのでしょうか??
一度、ネットの世界でなくて、実際の医院でみていただきましょうね^^

北野 やすひろ 先生
北野 やすひろ 先生
医)やすひろ歯科クリニック (兵庫県加古川市加古川町備後5-4)

北野 やすひろ先生の回答一覧

ページの先頭へ