神経に近い親知らずの抜歯について

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
親知らず
お悩みの歯
右下正面から8番目

右下1番奥の親知らずが最近よく痛む様になりました。
レントゲンで見たところ神経に非常に近かったらしく大学病院を紹介されました。大学病院でレントゲンとCTを撮った所、何処まで近いか分からないし神経の状態がどうなっているかまでは分からない。リスクもあるし抜くまではどうなるか分からないから賭けだね!良く考えてみてと言われその病院で抜くのが怖くなり別の口腔外科に行って見ました。
そこではCTは無かったのでレントゲンだけ撮り、やはり神経の状態がわからないので歯科大学病院を紹介されましたが遠いです。

数回通う事になるだろうし、小さい子供達がいるのでなるべくなら近場でと考えており、もう1件別の総合病院の口腔外科で見て貰おうと思っているのですが、やはり大学病院でそういう事を言われた場合は、歯科大学病院迄行かないと無理ですかね?
2番目に行った口腔外科の先生は、生え方は真っ直ぐで抜きやすいと思うけど、神経と重なって見えてるだけなのか、触ってるか、そこまでは分からないから、歯科大学病院の方がいいと言っていました。
何件も回ると時間もお金も掛かるのでなるべくなら的を絞りたいと思っています。
何処で抜くのが最適だか教えて頂けるとなと思います。因みに総合病院は車で40分程度、歯科大学病院は電車で二時間です。


※相談室では特定の歯科医院の紹介ができかねるため、一部内容を修正・割愛しました(運営部)


小林 研太郎 先生からの回答

CT画像を診てないのでなんとも言えませんが、抜くこと自体はどこの口腔外科でも抜けるでしょう。
問題は術後の麻痺です。
後々のことを考えると大学病院がベターでしょう。
近医で紹介状を書いて頂き、抜くのは大学病院で術後の消毒や経過観察は近医で。ということはできますよ。
担当医とよく相談の上治療を進めていってください。

小林 研太郎 先生
小林 研太郎 先生
KEN DENTAL CLINIC(大阪府大東市大東町10-21)

小林 研太郎先生の回答一覧

水川 悟 先生からの回答

そうですね。どちらの先生も同じことをおしゃっているように思われます。

最終的には、大学病院で抜かれた方がよいというのが共通の意見なのではないでしょうか?

CTやレントゲンを見ていないので断定はできませんが、どの先生も大学病院を勧められているのであれば大学病院がよいとおもいます。

水川 悟 先生
水川 悟 先生
水川歯科医院(東京都荒川区東日暮里)

水川 悟先生の回答一覧

岸 高生 先生からの回答

大学病院の口腔外科でCTまで撮ってどこまで近いか判らないとの結果でしたか・・・?
それではやはり歯科大学病院に行かれることをお勧めします。
通院に時間がかかるのが一番の問題ですが、リスクをしっかり判断してもらった上で処置を受ける方がよろしいかと思います。
麻痺が残るのが一番心配ですよね。ただ、口腔外科でご説明があったと思いますが、麻痺が残ったとしても通常は少しずつ麻痺の範囲が小さくなります。完全に麻痺がなくなる事もあれば麻痺がある程度残ったままで固定してしまう事もありますので、麻痺がどの程度回復するかは、その時の神経の損傷の程度によるとお考えください。つまり、抜いてみるまで判らないとはどの程度神経を傷つけるのか抜く前からはわからないという事だとご理解下さい。ただ、抜いてみて麻痺が残らなかったという事もあるので恐れすぎずに大学病院を受診してみてください。

岸 高生 先生
岸 高生 先生
岸歯科医院(神奈川県川崎市)

岸 高生先生の回答一覧

北野 やすひろ 先生からの回答

これは、悩みますね・・・。どこで抜くか最適なのかは、正直わからないです。 個人的な回答になりますが、うまい先生がいれば大学病院であろうが、地方の総合病院であろうが、同じです。 

抜くという治療には、変わりがないわけですからね。要は、あなたがこの人なら任せれると思う先生でいいと多いますよ。

悩みますが、信じることも必要ですのでね。^^

北野 やすひろ 先生
北野 やすひろ 先生
医)やすひろ歯科クリニック (兵庫県加古川市加古川町備後5-4)

北野 やすひろ先生の回答一覧

ドクトル ビーバー 先生からの回答

今、日本の歯科クリニックでは、CTレントゲンを使って診断しているクリニックはまだ20%前後でしょうか?インプラントや口腔外科では必須アイテムなんですけど、口腔外科標榜して、CT設備がないクリニックは、手技に優れていると自信があるのでしょうか?僕は、疑問です。そういう口腔外科にはいきません。

また、大学病院でも、患者説明において、患者さんを不安にさせるような説明をする先生のところには、かかりませんね。いかに、患者さんの気持ちを理解できるかというイメージ力の問題です。こういうドクターは手技が優れていても、重箱の角を突っつくような細かい判断のところで、想像力の不足で、判断ミスをしやすいと考えるからです。
一般論で言っても、設備の優れる大学が有利です。でも同じ歯科大学でもピンキリですし、まして、そのなかでどんぐりの背比べみたいに優れているドクターでも「賭けですね」なんていう先生のオペは受けたくないです。他の歯科大学を探しましょう。そこの大学病院の学校の教育信念や、歴史観というのが?ではないでしょうか?

もっと優しく詳しく説明し、成功率、失敗率など含め、具体的なデータエビデンスを観せて、その上でしっかりやりますから、やらせてください。という、先生に診てもらいましょう。
親知らずの麻痺は、確かにありますが、その多くは寛解して治っていきます。僕も37年で10件以上は経験してきています。それは埋伏を抜くことに信念を持ってきたからですが、今は、器具も進歩しているのです。そして、オペでの細心の注意を払って、神経を傷つけないように工夫しているから、傷が小さく癒えるのです。その時の工夫や、こうしたらこうなるという想像力のベースに、患者さんに対する思いやりがないと、神経の傷が大きくなって癒えにくいことも起きるのです。老舗の歯科大学が、僕はいいかなとも思います。教育理念が違うのです。
歯の根が神経を巻き込んでいても、綺麗に神経を傷つけないピエゾカッターで根をカットしたりして、安全に今は抜けるのです。


※一部内容を修正・割愛しました(運営部)

ドクトル ビーバー 先生
ドクトル ビーバー 先生
ホワイトファミリー歯科(神奈川県川崎市)

ドクトル ビーバー先生の回答一覧

ページの先頭へ