治療後の歯がしみる

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
知覚過敏
お悩みの歯
左下正面から5番目

2年ほど前に右下の奥から3番目の虫歯を治療しました。
神経近くまで削ったみたいで、金属アレルギーということもありセラミックをつめてもらいました。
その治療後から冷たいものがしみていましたが時間がたてばしみないようになると思うと医師に言われたので気にしないようにしていました。

最近になってしみが強くなったのでレントゲンをとってもらいましたが虫歯はなく、しみ止めで様子を見ることになりました。
その時に器具で叩いたり、風をふきかけましたが痛みはありませんでした。
何もしてなくても痛くなるようなら神経をとるが今はまだとるほどでもないと言われ様子をみている状態です。

しみ止めをぬってから2ヵ月になりますが特に変化はありません。(2ヵ月で4回ぬりました)
先生にはしみ止めは塗り続けると効果がでる人もいるので様子を見ましょうと言われています。

冷たいもの、熱いもので歯がしみます。今までしみるので無意識のうちに左ばかりで噛むようになっていたみたいで右でも噛むように意識しだしたのですが、サラダやアイス、熱いカレーなどはやはり右では噛めません。キーンと頭が痛くなります。食事のあとはジンジンジンと痛い気もします。うがいもしみるのでぬるま湯でしています。

本当にこのまま様子を見てもいいのでしょうか。
虫歯ではなく、知覚過敏でもないなら一体なんなのでしょうか。
我慢出来ないぐらいの痛みでもしみでもなく、プチストレスって感じです...
ただ何も気にしないで冷たいものも熱いものも右で噛めたらなぁと思う日が続きます。
このままずっと歯がしみて痛いと思いながら食事をするかと思うと最近食事が少し憂鬱、恐怖になってきています。
熱いものも冷めるまでまって食べている状態です。

神経をとればこのしみからは解放されるのでしょうか。
水をずっと口にふくんでいるとずっとしみます。
含んですぐ吐き出すと5秒ぐらいでしみは消えます。
知覚過敏なのかなと思ったりもするのですがやはり違うのでしょうか...


小林 研太郎 先生からの回答

診てみないとなんとも言えませんが、文面より熱いものがかなりしみるとの記述より、歯髄炎が最も疑われますね。
神経が炎症を起こしている状態ではないかと推測します。
神経をとれば痛みからは解放されるでしょう。
ただし、担当医に神経を取るメリットデメリットをよく聞き、納得の上治療を進めていってください。

小林 研太郎 先生
小林 研太郎 先生
KEN DENTAL CLINIC(大阪府大東市大東町10-21)

小林 研太郎先生の回答一覧

結局痛みが増したので神経をとってもらいました。
ありがとうございます。

金村 信晴 先生からの回答

ともみさん、
ご心労お察しいたします。ましてやクリスマス。。。(泣)

わたくしも歯医者でありながら、大学院時代にほぼ全く同じ経験をしております。

極めて残念ですが、間違いなく”元に戻らない”神経の炎症を起こされております。

ですが、金属の詰め物ではなくセラミックで直されたようなので、詰めたセラミックに小さい穴をあけることで神経の治療は可能かと思います。
(装着したセラミックを、全て外さずに治療出来るかと思います。)

あまり慰めになっていなければごめんなさい。。。

金村 信晴 先生
金村 信晴 先生
三越前駅小伝馬町歯科 ハルデンタルオフィス(東京都中央区日本橋本町3-9-4-2F)

金村 信晴先生の回答一覧

セラミックは全部はずされ、クラウンになりました。

ありがとうございます。

石田 哲也 先生からの回答

症状からすると知覚過敏を通り越してるような気もします。どれくらいの虫歯を削られたか、わかりませんが詰め物を外して、歯髄保護の処置をしてみてから神経の治療でもよいのでは?ッセラミックを詰めているので、かみ合わせがあってないのかも、神経を守るのは大切なことなので、よく考えて治療してもらわれたらと思います。

石田 哲也 先生
石田 哲也 先生
石田歯科医院(大阪府南河内郡太子町春日1726-1)

石田 哲也先生の回答一覧

返事が遅くなりすみません。
転院し、神経を抜くことになりました。
ご回答ありがとうございます。

ほりちゃん 先生からの回答

こんにちは、長崎の堀内と申します。さて、お問い合わせの件ですが、右下の奥から3番目の歯がしみるということですね。
おそらく原因は噛みしめです。左を下にして寝たり、右側が咬みやすかったり、バッグを右肩にかける癖があったりそういうことなどもありませんか。
こういったことで噛みしめを助長してしまったりします。
歯の神経は、虫歯でなくても力がかかり続けることで充血して中の神経組織を圧迫し、歯髄炎の症状を引き起こします。なるだけ生活習慣に気をつけてバランスよく生活することでこういったトラブルは減少していきますよ。

ほりちゃん 先生
ほりちゃん 先生
医療法人永友会 堀内歯科(長崎県諫早市)

ほりちゃん先生の回答一覧

返事が遅くなりすみません。
噛み締めでそんなことにもなるのですね。

転院し、神経を抜くことになりました。
神経の炎症が原因みたいです。
ご回答ありがとうございます。

田中 宏尚 先生からの回答

今日は。しみるのは現状では目に見えないクラックが、歯に入っていることが考えられます。静態ではしみにくく、動態で確実にしみるのは、噛み合わせに原因があると考えられます。そのクラックにシミドメが塡足されているうちはしみませんが、歯が噛み合わさる時にねじられてはがれ落ちて、またしみるという繰り返しです。
 
ゆっくりご自身で噛み込んで見て下さい。何処かの歯が当たってからあちらこちらにブレながら最終地点に落ち着くのが実感できれば、その歪がしみの根本原因です。試してみて下さい。兎に角ゆっくりゆっくり噛み込んでみて下さい。その時のねじれ具合を実感して下さい。
 
その歪みを解消できる歯医者は慎重に選んで下さい。すぐに削るのは危険です。くれぐれも慎重にお願いします。付け加えておくと、健康保険のメニューから逸脱する内容になるかもしれません。調整の仕方についてよく説明を受け納得されてから行なって下さい。よろしくお願いします。

田中 宏尚 先生
田中 宏尚 先生

噛み合わせの調整もしてもらいましたが結局よくなりませんでした。
抜髄になりました。
ご回答ありがとうございます。

北野 やすひろ 先生からの回答

そうですね、個人的な回答になりますが、放置しても神経が死んで行くだけだと思います。

死んでしまうと歯の中が腐ってしまって、バクテリアだらけになり、根っこの治療の治癒結果が困難になる場合がありますね。

僕ならば、診ていないのでなんとも言い難いですが、MTAセメントを使ってなんとか、神経を温存しようと考えますね。

しかし、今の状態が熱いものがしみているのちょっとどうかなと思うふしもあります。

今の先生では、う~~んというところも、僕には感じます。

月並みですが、違う医院で相談するのもいいかもしれません。

北野 やすひろ 先生
北野 やすひろ 先生
医)やすひろ歯科クリニック (兵庫県加古川市加古川町備後5-4)

北野 やすひろ先生の回答一覧

返事が遅くなりすみません。
神経の炎症が原因みたいで
結局抜髄しました。
ご回答ありがとうございます。

ページの先頭へ