デンタルフロスはいつ頃から使用できますか

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
予防治療
お悩みの歯
左上正面から1番目
左上正面から2番目
左上正面から3番目
左上正面から4番目
左上正面から5番目
右上正面から1番目
右上正面から2番目
右上正面から3番目
右上正面から4番目
右上正面から5番目
左下正面から1番目
左下正面から2番目
左下正面から3番目
左下正面から4番目
左下正面から5番目
右下正面から1番目
右下正面から2番目
右下正面から3番目
右下正面から4番目
右下正面から5番目

虫歯予防の一環としてデンタルフロスを子ども達に使わせてみようと思っています。まだ、低学年の子どもには早いでしょうか。


松岡浩司 先生からの回答

幼少のころは、両親が手伝いフロスは使っていただきたいのですが
一人で何とか出来るようになるのは小学4年生位からでしょう
実際、名古屋市学校歯科医会では4年生の生徒さん達から対象に指導しています
柄付きフロスでしたらもう少し低学年からも使用できるでしょうが、前歯のみになりがちです

松岡浩司 先生
松岡浩司 先生
松岡歯科クリニック(愛知県名古屋市名東区西山本通)

松岡浩司先生の回答一覧

マッキー 先生からの回答

デンタルフロスの使用について

>デンタルフロスを子ども達に使わせてみようと思っています
>まだ、低学年の子どもには早いでしょうか。

お子さんの使用については、年齢にかかわりなく、OKです。

手順としては、まず歯磨きをしてもらって、(必要があれば、お母さんが仕上げみがきを)、つぎにデンタルフロスします。

お子さんが一人でできら、お母さんがお口の中を点検。
もし、上手に出来なければ仕上げはお母さんが仕上げて下さい。

小さいお子さんの場合は、取っ手のついた臼歯用が使いやすいようです。

マッキー 先生
マッキー 先生
山田歯科医院(北海道旭川市一条通8丁目)

マッキー先生の回答一覧

小林 研太郎 先生からの回答

乳歯は3歳ぐらいで上下20本が生え揃います。
そして、5~6歳から永久歯への生え替わりが始まります。
できれば3歳くらいから低学年のころまではお母さんが仕上げ磨きやフロスを通してあげればベストですね。
今は乳歯の狭い歯間に適したフロスもたくさん出ています。
低学年ということで生え変わりの時期でフロスが使えない箇所もありますが、使えるところはできるだけ使って磨き残しのないようにしてあげてください。

小林 研太郎 先生
小林 研太郎 先生
KEN DENTAL CLINIC(大阪府大東市大東町10-21)

小林 研太郎先生の回答一覧

国井 隆一 先生からの回答

歯と歯の間に付いた汚れは歯ブラシだけではなかなか取り除くのは難しいで、デンタルフロスによる除去はかなり有効な方法なのですので、使ったほうがよいですね。
基本は歯ブラシで通常の歯磨きをした後にデンタルフロスを通します。
昔はケースの中にデンタルフロスが巻かれているのが入っていて、適度に切り取って手に巻きつけて使うタイプが主流でしたが、最近は手先があまり器用でない方や面倒に思われている方でも簡単に使用できる取っ手(ホルダー)にデンタルフロスが付いているタイプなど種類が豊富になっています。
低学年ですと、取っ手(ホルダー)にデンタルフロスが付いているタイプが使いやすいと思います。
実際の使い方が分からないようでしたら、歯科医院にて歯磨きの方法と一緒にデンタルフロスの使い方を教えてもらうとよいですよ。

国井 隆一 先生
国井 隆一 先生
くにい歯科・矯正歯科(栃木県宇都宮市)

国井 隆一先生の回答一覧

ページの先頭へ