歯周病

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
歯周病
お悩みの歯

かなり重度の歯槽膿漏です。歯槽骨がとけている状態なのでインプラントはできない、ということです。あごの大きさに対して、歯の大きさがあり、ぐらつく、歯茎がはれるなどの症状をくりかえすことが続いていました。炎症が落ち着いた時点で、本数を減らしても、特に問題無い個所は、抜きました。現在、ぐらつく、腫れる、痛む、という症状がある歯もあります。歯医者を訪問する気力もなくなってきています。


国枝 武靖 先生からの回答

つんつぷさん
こんにちは。
歯や歯茎のことで、すごく大変な思いをされたのですね。
それはつらかったですね…
現在も症状のある歯があるとのこと。
いずれにしても、是非クリニックを受診して治療の続きを受けてください!
そのままにしておいても、自然に治ることはありませんし、悪化してしまうだけので、心配です。
インプラントも今は色々な技術がありますので、他の先生のご意見を伺ってみてもいいと思いますよ。
頑張ってください!!!

国枝 武靖 先生
国枝 武靖 先生

小林 研太郎 先生からの回答

歯周病は口腔細菌の感染ですから、まず普段にも増して口腔内を清潔にすることです。
とりわけ、歯周ポケット内のプラークを取り除けるようなブラッシングをすることです。
 しかし、個人個人で歯並びや歯周ポケットの状態が違っているので、そのやり方はそんなに簡単ではありません。
普段に注意することを含めて、主治医に相談するのがよいかと思います。
 ただ一言に歯周病といってもいろいろの病態がありますから、ご自分の病歴と現病状を良く知ることが大切です。
「なぜ歯周病になったか」、「どんな症状か」、「どんな弊害があるか」、「どうしたら回復するか」などをよく理解して治療のステップに見合う注意事項を克服しなければなりません。
歯周病は生活習慣病ですから、ご自分の良くない生活素習慣・リズムを改めることができるかどうかに治療の成否はかかっていると思います。

 歯周病治療は患者さんの努力がなければ決して成功することはありません。歯科医師・歯科衛生士の力だけでは全てを解決することは出来ません。
特に歯周病が重度の場合、患者さんによる日常的なケアが何よりも重要なのです。
そのために、まず正しい歯磨きの方法を学んでいただきます。
歯科衛生士より、それぞれの患者様のお口の状態にあった、1本1本の歯をしっかりと磨ける方法を指導してもらってください。
間違った歯磨きは、歯をすり減らしたり、歯肉を傷つけたりと逆効果となってしまいます。
がんばって正しい磨き方をマスターし、歯周病治療の第一歩を踏み出してください。

小林 研太郎 先生
小林 研太郎 先生
KEN DENTAL CLINIC(大阪府大東市大東町10-21)

小林 研太郎先生の回答一覧

加藤道夫 先生からの回答

私はインプラントが出来ないのは、手術に耐えられない方とおもっております。
歯周病が重度ですと、もちろんインプラントのリスクは高くなるとは思いますが、出来ないとは思いません。
しかし、自分でのホームケアと歯科医院でのプロフェッショナルケアを組み合わせれる必要はあるので大変かもしれません。

今ある歯を失わないためにも
自分に合った歯医者さんでケアをしっかり行ってもらって下さい。

加藤道夫 先生
加藤道夫 先生
加藤デンタルクリニック(神奈川県横浜市中区元町)

加藤道夫先生の回答一覧

北野 やすひろ 先生からの回答

厳しい言い方かもしれませんが、仕方ないですね(>_

今までに何らかの症状があったと思いますが、いい医院に巡り合えなかったか、怖くて行けなかった等理由があると思います。

しかし、またここで放置してもいいかは、やはりご自身で答えを出さないといけないと思います。

なるべく早めにいけば救われる歯があるかもしれませんので、気力がないかもですが一度、歯科医院に行かれてみてはいかがでしょうか。

北野 やすひろ 先生
北野 やすひろ 先生
医)やすひろ歯科クリニック (兵庫県加古川市加古川町備後5-4)

北野 やすひろ先生の回答一覧

ページの先頭へ