歯茎に溜まる膿

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
その他
お悩みの歯
右上正面から4番目

はじめまして!

私は今上の4番の歯を数か月前から治療しています。
最初は歯が痛く、神経まで達していたのか神経を殺す治療を終え、銀歯を被せました。
しかし、銀歯を被せた日にその歯がとても痛み次の日に銀歯を外してもらいました。

銀歯を外して、普通に蓋をしてもらったら痛く無かったのでしばらく歯医者に行くのを怠ってしまいました。

そして、しばらくしてからまた痛みが出たので治療に通いだし銀歯を被せず、根の治療を続けていました。

痛みは和らいだのですが、ある日歯の上の歯茎に膿が溜まり左頬も少し腫れました。

消炎剤や抗生剤や治療により頬の腫れは引きました。

しかし、歯茎には膿の溜まった状態が続いています。

担当医の方も最初の頃切開して膿を出したかったそうなのですが、私が以前麻酔を打った際に気分を悪くしたので切開は出来ていません。

なので、今も歯茎に膿が溜まっていて治療に3日~4日おきに通い表面麻酔をして少し膿を抜いたり、レーザーを当てたりと治療をしています。時には、表面麻酔をしても膿を抜かない時もあります。

膿が表面に溜まってしまうのは、上の4の歯の横から歯茎が飛び出してきてしまっていて、歯の中から出るはずの膿が出てこれなくて表面に溜まってしまうそうです。

飛び出している歯茎も出来れば切りたいそうなのですが、私が麻酔で気分を悪くしたので出ずにいます。

看護師の方もとても丁寧に治療内容を説明してくれて、根の治療だから時間がかかってしまうと説明を受けました。

私が麻酔を出来ないために、治療が長引いてしまっているのはわかりますし申し訳ないです。

しかし、ずっと膿が固まりのように溜まっている状態なので、心配になります。

菌が心臓や脳に飛ぶという事例もあるようなので、そこがとても心配です。


粟生田 晃一 先生からの回答

抗生物質でも炎症はある程度は押さえられますが、膿が多い場合は、少しだけ歯茎を切開をすることがあります。
前回麻酔で具合が悪くなったのは、緊張や痛みなどによるものでしたか?
もしそうでしたら、表面麻酔(痛みを少なくするお薬)をしっかり塗ったあと、
お鼻で呼吸しながらリラックスした状態で麻酔をすれば、次回は具合が悪くならないかもしれません。
もし具合が悪くなったとしても、10分ほど横になればだいたいの患者さんは大丈夫になってきます。
しかし麻酔薬にアレルギーなどある場合は、確かに麻酔はさけた方がいいかもしれません。
切開ができない場合は、根の治療の際にする仮の蓋を一時的に外すことで
膿の通り道を確保することもあります。炎症が引いて来たら、また根の治療を再開します。
また、菌が心臓などに飛ぶこと(敗血症)は確かにあります。
抵抗力が非常に弱っている方などの場合で、普通の方ではかなり少ない割合なので、あまり心配されなくても大丈夫かと思います。お大事にして下さい。

粟生田 晃一 先生
粟生田 晃一 先生
あおだ歯科クリニック(埼玉県所沢市)

粟生田 晃一先生の回答一覧

北野 やすひろ 先生からの回答

聞きたいことはなんでしょうか(^_^;)  

飛ばないかどうかでしょうか??  絶対ではありませんが、あまりないですよ。


多分、今は根っこの治療をしていかないといけない状態なのですがあまりに予後が悪いと抜かないといけない場合もあります。

ですので今の現状をしっかりと主治医と相談するべきだと思いますよ。

麻酔をして気分がとのことですが、違う種類の麻酔もありますので早めがよければ一度 違う医院で診て頂くのもいいかもしれませんね。

北野 やすひろ 先生
北野 やすひろ 先生
医)やすひろ歯科クリニック (兵庫県加古川市加古川町備後5-4)

北野 やすひろ先生の回答一覧

Dr. Miyu 先生からの回答

りょくちゃーさま


すでに治療は無事、おえられましたでしょうか?
膿がずっと止まらず、歯茎が出っ張っていることが続いているというのは、とても不安だったと存じます。


ところで、根の治療で、膿が歯の中から出てこなかったということをおっしゃっていらっしゃるのかと推察いたします。


ただ、歯の中から膿が出てこなくても、根の中が無菌的(極力細菌がいない状態)になりましたら、膿のできものは消える場合がほとんどです。


歯茎にたまった膿を出すのは、もし、根の中に細菌感染が残っている場合、対症療法といって、症状に対して行う治療で、原因除去が行われているわけではないので、体調が悪くなったり、疲れた時などに、また膿のできものが出来てしまうことが、ほとんどです。


ご心配のように、膿の細菌が心臓や脳に飛ぶということは、実際に起こります。


正確には、血管の中に根の病気や歯周病の細菌が入り込み、血管が詰まりやすくなることにより、脳梗塞や心筋梗塞などが起きるリスクが高くなるということなので、すぐに重症になるわけではありませんが、もちろん、なるべく早期にきちんとした治療をお受けになられていることをお祈り申し上げます。


歯の病気では、命に関わることはほとんどないと、比較的最近まで考えられてきました。


ところが、りょくちゃーさまがおっしゃる通り、血管が詰まる病気になりやすくなったり(心筋梗塞、脳梗塞、血管収縮性の痴呆)、発がんリスクが上がるというデータもあります。


これからも、長く健康を維持していただくためにも、歯科医院と上手にかかわっていただけますよう、お願い申し上げます。


最後になりましたが、今後もくれぐれもお大事になさってくださいませ。

神谷町デンタルクリニック
高島 美祐


Dr. Miyu 先生
Dr. Miyu 先生
神谷町デンタルクリニック(東京都港区)

Dr. Miyu先生の回答一覧

ページの先頭へ