舌のブラッシングについて

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
その他
お悩みの歯

人と接する機会が多く、口臭予防について注意しております。食事の後、歯ブラシとマウスウォッシュで
虫歯予防と口臭予防を兼ねて毎日手入れしているのですが、時間が経過すると口の中がネバネバした感じがあり、知人から舌のブラッシングをすると雑菌もとれて口臭効果も上がるとの事を聞いております。
舌のブラッシングは口臭効果は上がるのでしょうか?


小林 研太郎 先生からの回答

舌に厚い白い舌苔や、黄色っぽい舌苔が付着していると、口臭がひどくなっている場合があります。
その舌苔を正しく掃除することである程度口臭の予防と対策をすることができます。
舌苔を取り除く最も効果的な方法は「舌ブラッシング」だと言われています。
しかし、毎食後ブラッシングとマウスウォッシュを使用されているとのことですので口腔内が原因の口臭が発生するとは考えにくい状況ですね。
よほど舌に苔がついている場合以外はあまり気になさらないほうがいいと思われます。
口臭が気になるならば、まずは口臭の原因、口臭の強さをきちんと特定してもらうことでしょう。
口臭の原因はさまざまです。
①自浄性の低下・・・唾液(唾)が少なくなると口腔内細菌叢が変化し口臭がきつくなる。
②清掃不良・・・歯垢、歯石により口臭はきつくなる。
③舌苔・・・清掃不良や抗菌薬の長期服用などによって舌に苔が溜まると口臭はきつくなる。
④口腔内疾病・・・歯周病や智歯周囲炎や歯根膿瘍などの病変は口臭の原因になる。
⑤全身疾患・・・消化器系特に胃の炎症性病変は口臭の原因になる。
その他呼吸器や糖尿病患者も口臭が強くなる傾向がある。
これらの他にも、起床時や緊張時、月経時にも口臭は強くなる。
ねぎやにんにく、たまねぎなど揮発性の食品を好んで食す人も口臭は強くなる。

検査法ですが、うちでは口臭測定器で口臭の強さを測っています。

治療法は原因によってさまざまですが、口臭のほとんどは清掃不良や口腔内疾病ですからまずは歯科医院で原因を特定し、それに沿った治療をして行かれてはと思います。

舌ブラッシングする時は、舌全体を磨くのではなく舌苔が付着している所を前後方向に2~3回軽くこするのが、効果的です。
また、嘔吐反射が起こる場合があるので、あまり舌の付け根まで磨かないようにしましょう。
軽くこするだけで十分口臭の予防と対策になります。
使用するのは柔らかい歯ブラシや、専用の舌ベラなどが有効的ですが、タオルでも十分効果があります。
舌はとても柔らかく、傷付きやすいのでゴシゴシと強くこすらないように気をつけましょう。
舌苔は健康な状態でも多少付着しているものなので、あまり神経質にすべて取り除こうとせず効果的に道具を使用して口臭の予防と対策をしましょう。

小林 研太郎 先生
小林 研太郎 先生
KEN DENTAL CLINIC(大阪府大東市大東町10-21)

小林 研太郎先生の回答一覧

小林先生、回答ありがとうございました。
口臭の原因について、細かく丁寧に教えて頂きとても勉強になりました。
舌のブラッシングについては、アドバイス通り前後方向に2~3回軽くこする程度で口臭ケアに
努めてみたいと思います。

国枝 武靖 先生からの回答

きんぞくさん、こんにちは。
頑張って毎日、口腔ケアしていらっしゃるんですね!
口臭の原因の大部分はお口の中の磨き残しだと言われています。
そうするとみなさん一生懸命、歯磨きを頑張ってくださるのですが、ベロの上の汚れというのが、盲点なんです。
きんぞくさんのおっしゃる通り、ベロのブラッシングは、口臭予防に効果があると思いますよ!
歯ブラシでも構いませんが、今はベロ専用のブラシというのもありますので、かかりつけの先生に相談してみてくださいね。

国枝 武靖 先生
国枝 武靖 先生

ページの先頭へ