ナイトガードの切断について

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
その他
お悩みの歯
右上正面から7番目
右上正面から8番目
右下正面から7番目

初めまして、ご相談お願い致します。
1年半ほど前に上奥歯7.8番をインプラントにしました。インプラントの手術の前に、夜間の食いしばりがひどく下歯が知覚過敏のような状態になってしまい、下あごにつけるソフトタイプのナイトガードを作成。そこから問題なく使用してきましたが、ここにきて穴が空くようになってしまい、ソフトタイプを作っていただいた歯医者とは違う歯医者に通うようになっていたので、他の歯の治療が落ち着いたタイミングで再作成をお願いしたところ、ソフトタイプの扱いがなく、通常は上あごにつけるのが普通とのことで、上前歯のすり減りや奥歯のインプラントの事もあったので了承し、現在の歯医者で上あごにつけるハードタイプのものを作成したところ、下あごの奥7番目(ちょうどインプラントの真下)にナイトガードが強く当たった為か激痛が走り、受診したところ歯根膜炎という診断を受け経過観察中なのですが、最近作った上あごのハードタイプを使い続ける為には奥歯部分(おそらく2本分ぐらい)をカットすると言われていて、奥歯が物理的に当たらないようにするとかかりつけの先生は仰っているのですが、そうすることにより他の歯にまた違う悪影響が出ないか、ナイトガードがかかっていない奥歯のインプラント部分が本当に接触しないか心配です。
今まで下あごのソフトタイプを使っていたので、同じものを再作成する方が良いのかもと考えましたが、現在かかっている歯科では作成できないとのことで、新しい歯科にお願いしないといけない+半年経っていないので自費になるという点で迷っています。
ハードタイプをカットして使用するか、今までと同じソフトタイプをまた作り変えるかどちらを選択すれば良いでしょうか。ご回答いただければ幸いです。よろしくお願い致します。


小林 研太郎 先生からの回答

診てみないとなんとも言えませんが、
上顎につけるタイプと下顎につけるタイプ、ハードとソフト、それぞれにメリットデメリットがあります。

現在の歯医者で上あごにつけるハードタイプのものを作成したところ、下あごの奥7番目(ちょうどインプラントの真下)にナイトガードが強く当たった為か激痛が走り、受診したところ歯根膜炎という診断を受け経過観察中なのですが、最近作った上あごのハードタイプを使い続ける為には奥歯部分(おそらく2本分ぐらい)をカットすると言われていて、奥歯が物理的に当たらないようにするとかかりつけの先生は仰っているのですが、そうすることにより他の歯にまた違う悪影響が出ないか、ナイトガードがかかっていない奥歯のインプラント部分が本当に接触しないか心配です。
との記述だけから診ると、ハードタイプのナイトガードの厚さや咬合が合っていなかったことが原因で歯根膜炎を発症したのではないかと考えますが。

違う医院でセカンドオピニオンを聞いて、担当医とよく相談の上治療を進めていってください。

小林 研太郎 先生
小林 研太郎 先生
KEN DENTAL CLINIC(大阪府大東市大東町10-21)

小林 研太郎先生の回答一覧

ご回答ありがとうございます。

>>
上顎につけるタイプと下顎につけるタイプ、ハードとソフト、それぞれにメリットデメリットがあります。

とのことですが、簡単で良いでのそれぞれメリットデメリットを教えていただけないでしょうか?

現状1つずつ試している状態なのですが、
1歯分だけハードタイプのナイトガードをカットして
2日ほど就寝したところ、症状が出始めた頃ぐらいまでは症状が治まっていますが、
朝起きた時の押すと痛いという違和感は変わらないままです。
上歯のハードタイプのナイトガードを作成した時に、
下歯の型取りをしなかったことが気になっていて、
それが原因でかみ合わせが合わなかったのかもと思っていますが
流石に指摘出来ず…通院中の医師のお話ではこのまま症状が治まるのを待って
もし治まらなかった場合は痛みが出ている歯の被せ物を取って
様子見or神経治療のやり直しと言われています。
現状2つの歯医者にかかっており(インプラントと通常の治療)
これ以上他の歯医者にかかるということは出来ればしたくなかったのですが、
レントゲンでは異常がなかったということもあり、
かぶせ物を取るという選択は極力したくないので、
違う歯医者にかかってみるという選択も出てきました。
ご回答いただきましてありがとうございます。

ページの先頭へ