サイナスリフト

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
その他
お悩みの歯
左上正面から5番目

上顎奥歯のインプラントを決めたのですが、実施3週間ほど前に日取りをタイミングで、後上歯槽動脈が走っているところに穴をあけるので血が止まらない可能性がまれにあるが、ほとんどの場合圧迫で止血できるとの告知がありました。さらに聞くと、この動脈は再生されることはないとのこと。あるサイトではピエゾサージェリーというやり方でこの欠陥を"除去"して進めるそうですが、動脈を残すとは書いてません。この動脈は主に歯に栄養を届ける役割があるようですが、インプラントを諦めるべき価値があるかどうか、それほどではないのかよくわかりません。この動脈がなくなることの意味と言いますか、影響がどれほどのものか教えていただけると有り難いです。よろしくお願いします。


小林 研太郎 先生からの回答

診てみないとなんとも言えませんが、
サイナスリフトでは術野を直視できるため、CTなどである程度後上歯槽動脈の位置を確認しているケースではそうそう損傷する可能性は低いでしょう。
万が一損傷のケースでは、動脈を繋ぐ処置などがファーストチョイスとなるでしょう。
担当医とよく相談の上治療を進めていってください。

小林 研太郎 先生
小林 研太郎 先生
KEN DENTAL CLINIC(大阪府大東市大東町10-21)

小林 研太郎先生の回答一覧

ご回答ありがとうございます。
結果として、穴の部分の骨は剥がさずそのまま中に入れる処置となりました。
もともと動脈を再生する予定ではなかったので納得はしています。
明ける穴の真ん中を通っているということで、X線画像で示していただきました。
先生のご回答から損傷した動脈の再生が可能であることは理解しましたが、
取り除く骨の中を通っている骨とともに切断された動脈を、取り除いた骨を穴の蓋にするときにその動脈をつなぐことは素人からしたら難しそうに感じますが、可能なのでしょうか? サイナスリフトは終わっていますが、よろしければ後学のために教えてください。

ページの先頭へ