体調とインプラント

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
その他
お悩みの歯
右下正面から5番目
右下正面から6番目
右下正面から7番目

以前にも相談しましたが、インプラントを勧められております。歯茎が腫れ、膿もあることから抗生剤(アジスロマイシン)を出されましたが、飲み終わって5日め位で酷い下痢が3日続き体調が回復するまで数週間かかりました。元々子宮内膜症で婦人科通院中でお腹の調子も不安定で漢方薬(大建中湯)とビオフェルミンを服用中なので仕方ないのかもしれませんが、この事でインプラントの手術自体も怖くなってしまいました。
抗生剤のおかげで腫れも膿も2ヶ月程治まりましたが、また腫れてきたので診て頂き、もう一度レントゲン(悪い箇所だけ)をとり、手術の決心がつくまで抗生剤を飲むよう言われたので、上記の件を伝え、婦人科でお世話になっている薬剤師さんに相談した際勧められた抗生剤用のビオフェルミンをお願いしたところ出せないと言われました。
違う種類の抗生剤(クラリスロマイシン)を3日間飲み腫れは少しだけひいているのであと3日と言われたので、下痢が酷いようであればどうしたらよいか尋ねましたら、薬は飲んだ方が良いが判断は任せると言われました。元々インプラントに関する説明だけの時間もなかった為、診察の度に他の患者さんが待っている中色々質問をし、先生を不快にさせているような気もします。CTの設備もある医院ですが、手術の際も前回と今回の2度撮った小さなレントゲンのみだそうです。パノラマレントゲンも撮ったことがありません。
子宮内膜症は経過観察中ですが、更年期で体調も悪く、早く歯の悩みから解放されたい一方、手術には不安なことばかりです。質問になっていないようで申し訳ありませんが、何かアドバイスがあれば宜しくお願いします。


小林 研太郎 先生からの回答

診てみないとなんとも言えませんが、
不安な気持ちが少しでもあるならば処置はやめておくべきでしょう。
担当医とよく相談し、納得の上治療を進めていってください。

小林 研太郎 先生
小林 研太郎 先生
KEN DENTAL CLINIC(大阪府大東市大東町10-21)

小林 研太郎先生の回答一覧

回答ありがとうございます。
「納得の上治療を進めていってください。」という
小林先生のアドバイスを頂き、他の歯科も検討しようかと思います。

加藤道夫 先生からの回答

かほるこさんこんにちは。

 歯茎が腫れ、膿もあることから抗生剤(アジスロマイシン)を出されましたが、飲み終わって5日め位で酷い下痢が3日続き体調が回復するまで数週間かかったのですね。抗生剤で1度は晴れがひいたが、、また腫れてきたので診て頂き手術の決心がつくまで抗生剤を飲むよう言抗生剤(クラリスロマイシン)を3日間飲み腫れは少だけひいたのですね。

まずは、腫れの原因に対して根の治療や抜歯といった処置が必要だと思います。その後、インプラントをする前にパノラマレントゲンも撮って部分的だけでなく、全体的に診て治療の必要性を全体的に判断された方がいいと思います。加えて、インプラント治療以外に右下のどの歯が保存できて保存できないかによっても、義歯以外にもブリッジの選択もありますし、親知らずが余っていれば歯牙移植も可能です。

おなかの調子も不安であれば、漢方なども併用するのも方法だと思います。

加藤道夫 先生
加藤道夫 先生
加藤デンタルクリニック(神奈川県横浜市中区元町)

加藤道夫先生の回答一覧

大変詳しく説明して頂きありがとうございます。
今診て頂いている先生によるとブリッジの支えになっている歯(5番)が折れているので、隣の6番と一緒にインプラントというお話で、今の5番の腫れなら手術に支障はなく、抜歯→即日インプラントと言われています。ただ、私自身が体調に不安があり、又インプラント自体にも恐怖感もあり悩む毎日です。
加藤先生がおっしゃるように歯茎の腫れの解決法がインプラント以外にもあるかもしれないので、他の先生に診て頂く決心がつきました。
ただただ悩んでいても仕方ないので前向きに考えたいと思います。
本当ありがとうございました。

ページの先頭へ