根幹治療その後

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
歯の神経・根の治療
お悩みの歯
右上正面から7番目

4年程前に、左上7番の歯の根の治療をしました。治療直後から歯に今まで感じた事がない違和感がありました。ここ一年程は耳が痛くなり、頭痛も激しく、考えられる原因はこの歯しかないと思い、この痛みから解放されるなら抜歯して貰おうと別の歯科を受診してレントゲンを撮った所、その治療済みの根とは別の方向になんだか分からない線が伸びており、それが神経に触るかどうかの所で止まっているのがハッキリと写っていました。

その先生の話では歯の根の治療自体は問題が無さそうなので、この歯を抜歯した所で痛みから解放されるかどうかは分からない。痛みの原因はこの線の方だと考えられる。一度この治療をした医にどんな治療をしたあとなのか確認した方がいいと言われました。

歯さえ抜いてしまえば、この痛みから解放されるとばかり思っていたのに、骨の中に突き抜けるように伸びているそのなんだか分からない線を何とかしない限り不調から解放されないとは。

質問は、この線は治療の過程でアクシデントにより貫通してしまった穴と考えられますか?またこの穴だか線だかを治療する事は可能なのでしょうかでしょう?

因みに歯を治療した歯科医院では治療自体していないと言われ取り合ってもらえませんでした。


小林 研太郎 先生からの回答

ページの先頭へ