メタルボンド?コバルトボンド?

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
その他歯の神経・根の治療詰め物・被せ物
お悩みの歯
左下正面から3番目
左下正面から4番目
左下正面から5番目

はじめまして!
私は今左下の4番?を欠損していて、ブリッヂを作成していたんですが、3番以外は
保険適応外と知って悩みましたが笑うと見える歯だと思い自費でなおすことにしました。
最近引越しをして歯医者を変えたのですが、他の治療途中の歯は土台は出来ていたので
奥歯なので今の歯医者に被せ物だけしてもらって、完了したところで今の4番の治療に入った
わけですが、ブリッヂをするために3番と5番を削って型取りをして次回までに保険の歯か自費か考えて
おいて下さいと言われ、あと、染みたら神経を取るので様子をみましょうと言われました。


そして今日歯科技工士さんと歯の色の打ち合わせで、通院した際に歯が染みることを先生に相談した
ところおいおい神経をとるので今日は次回の予約をと言われ待ち合い室にて待っていたら技工士さんが
先生にメタルボンドでいいですか?
と聞いて先生がコバルトボンドで話していました。


そして予約をしてる最中に歯科助手さんに歯が出来上がるのに一週間かかるので
一週間後から予約を出来ると言われたので、歯の染みる根の治療をしなくていいのか?と
疑問になり聞いたら明日にその予約を忘れてたように入れられました。
正直素人では不安になります。


3本で消費税入れて259,000円は安くありませんし、もう一つ疑問は根の治療をしてから
型取りをし直さなくていいのか?とも不安になり相談させていただきました。


古館 隆充 先生からの回答

小林 誠 先生からの回答

「型取りをし直さなくていいのか?とも不安になり」ということは、既に印象を採ったということでしょうか。

実際のやり取りが分かりませんが、「染みたら神経を取るので様子をみましょうと言われました。」ということを含め、治療の流れについてについての説明が理解できていないように思います。

疑問に思うこと・不安に感じることは、コミュニケーションをとる努力をなさり、何でも直接お尋ねになってみませんか。

小林 誠 先生
小林 誠 先生
小林歯科クリニック(東京都渋谷区)

小林 誠先生の回答一覧

小林 研太郎 先生からの回答

メタルボンドとはセラミックの中に金合金や銀合金など貴金属を使いますが、コバルトボンドとは中に安価な卑金属であるコバルトを使ったものであまり適用されている医院は少ないのではないでしょうか?
せっかく高い治療費を払って頂くわけですからもちろんうちでも取り扱ってません。
コバルトボンドの欠点としては、やはり貴金属に比べて生体親和性が悪く金属アレルギーが出やすかったりブラックマージンと言って金属が溶け出し歯肉が黒くなったりする可能性が高くなります。
白い冠をしたいけどどうしても費用的に・・・という方に安価に提供されている医院はあると思います。
治療費についてはどのような説明を受けられたのかわかりませんので担当医と十分話し合って治療を進めていってください。

もう一つ疑問は根の治療をしてから型取りをし直さなくていいのか?

とのご質問ですが、下3番、5番は1本しか根管がなく根管治療もそんなに難しくないので出来上がったブリッジを仮着けしておいて痛みが治まらなければ小さな穴を開けて根管治療していくということはできます。
担当医と十分話し合って治療を進めていってください。

小林 研太郎 先生
小林 研太郎 先生
KEN DENTAL CLINIC(大阪府大東市大東町10-21)

小林 研太郎先生の回答一覧

増田啓太郎 先生からの回答

型取りした状態でも支台歯(削った歯)の形が変わらなければ神経の治療をすることは可能です。一時的に支台歯に穴を開けることにはなりますが、治療後に穴をきれいに塞いでしまえばそれほど出来上がったブリッジの適合が悪くなることはないと思います。
とはいえ自費の高額な治療なので、装着したブリッジの適合が悪いようなら(歯と歯茎の境目に段差があるなど)遠慮せずに再製作してもらうと良いと思います。
ちなみに従来のメタルボンドは白金加金などの貴金属の裏打ちに陶材を焼き付けたものですが、近年金属代の高騰に伴って比較的安価なコバルトクロムという金属に同じように陶材を焼き付けたものになります。歯科医院が技工士さんに支払う技工料金自体は変わらないのですが、使用する金属代を安くすることが可能なので最近はこちらで作製する歯科医院も多いと思います。
見た目や強度はほとんど変わらないので、金属アレルギーがある方でなければそれほど気にする必要はないと思います。

増田啓太郎 先生
増田啓太郎 先生
ますだ歯科医院(福岡県福岡市 博多区下川端町8-18)

増田啓太郎先生の回答一覧

ページの先頭へ