インプラント歯科選び方

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
医院選び
お悩みの歯
左下正面から6番目
左下正面から7番目
左下正面から8番目

前回のご相談

お世話になっております。度々で恐縮ですが、この度、ブリッジからインプラントにする運びとなり、先生方のご意見を伺わせて頂けますと幸いです。宜しくお願い致します。
インプラントで調べますと、今は切らない、縫わない方法が増えているとよく目にしますが、ピエゾサジェリーやサ-ザカルガイドを用いた手術の方がやはり安心なのでしょうか?フリーハンドでの処置を行われている歯科も多いとの事ですが、先生方のお立場からはどの様なご意見がございますか?
また、インプラント専門医か口腔外科専門医ならやはりインプラントに更に特化された先生にお任せした方が良いのでしょうか?信頼している歯科は口腔外科で、先生は勿論インプラントもなさいますが、インプラント専門医では無く口腔癌や顔面痛の専門医であること。また、上記の様な最新の機械は無く、フリーハンドでインプラントを行なわれていること。骨を足したりする処置が必要なインプラントは行っておらず、充分な骨の高さや厚みがある場合のみ手術をされていらっしゃる様です。ちなみに私の場合は他院でctを撮っており、そちらの先生からは骨は充分足りている、歯周病も無くインプラントに適した口腔内とのお見立てです。出来れば信頼のおける先生に行って頂くのがベストだとは存じますが、上記理由により、インプラントは他院のインプラント専門医にお任せした方がベターなのかわからずご相談させて頂きました。
恐れ入りますが、何卒宜しくお願い致します。


加藤道夫 先生からの回答

ライカさん こんにちは。

ブリッジからインプラントにすることにしたのですね。

今は切らない、縫わない方法が増えているとよく目にするかもしれませんが、基本は切って縫うです。

切って縫うことができないのに、コンピューター任せでの治療は治療計画通りにいかないときにフォローができません。また、安全な確実な手術であってもインプラントの位置が少しずれることは発表されています。

ピエゾサジェリーで骨を削るのか、骨移植などに使うのかによって便利であったり不便であったりします。単純にピエゾサジェリーは削る能力は劣るので手術時間が長くなりますが、粘膜などを傷つけないで済むなどのメリットがあります。

サ-ザカルガイドを用いた手術でずれが大きければが安全とは限らず、また、切開した方が粘膜を上手くいかせることができることもあります。もちろんサ-ザカルガイドを用いても切開する方法もあります。

上手な先生はフリーハンドでの処置を行っている先生もいらっしゃいます。また、インプラント専門医や口腔外科専門医を追ってなくても上手な先生は沢山います。

インプラントは私は学生時には学んでいません。その後学びインプラント科で学生さんたち教えましたが・・・
日本では、40歳以上の先生は大学を卒業してから学んでいることが多いと思います。大学の先生よりも開業医の先生のほうが先に初めていますので、よく学んでいる先生に任せたほうが安心できるかもしれません。

インプラントは、インプラントだけでなくお口全体を診てその中の治療の1つの方法です。ですから、インプラントだけ特化の先生は私は信頼していません。その時はよくても長期にわたりよいかどうかわからないからです。

インプラントは画家処置ですから、口腔外科で学んだ先生は手術は上手いと思います。しかし、被せ物のことは補綴科で学んだりしますので、被せ物までのゴールが分かっているかどうかが重要です。

そして、インプラント周囲炎が起きにくいような考えは保存科の歯周病と同様な考え方になります。

大学では1つの科で学ぶのが一般的で、綜合歯科やインプラント科などでは一般開業医のように虫歯の治療・歯周病の治療・被せ物の治療・口腔外科的治療など患者さん1人に総合的に診て治療していると思います。


あとは、先生との相性だともいます。質問もしやすい先生だと安心ですよね。

加藤道夫 先生
加藤道夫 先生
加藤デンタルクリニック(神奈川県横浜市中区元町)

加藤道夫先生の回答一覧

加藤先生
お世話になっております。この度はご多忙の中、誠に有難うございました。インプラントと言うと大掛かりで恐い、痛いというイメージがあり不安でおりましたが、加藤先生の丁寧な説明を読み大変良い勉強となりました。加藤先生もおっしゃる通り、担当の先生のとの相性と信頼関係もとても重要だと思いますので、その点もしっかりと留意して医院選びをして参ります。
改めて、深く御礼申し上げます。

ページの先頭へ