市販の洗浄剤はキレイになりますか

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
入れ歯
お悩みの歯
左下正面から1番目
左下正面から2番目
左下正面から3番目
左下正面から4番目
右下正面から1番目
右下正面から2番目
右下正面から3番目
右下正面から4番目
右下正面から5番目
右下正面から6番目
右下正面から7番目

私のおばあちゃんは、2年ほど前から入れ歯を使うようになりました。
昔は歯も丈夫だったのですが、体を壊してから歯の状態が一気に悪くなって
しまい入れ歯を使うようになってしまいました。
はじめは、入れ歯との生活もなかなか馴染めなく大好きなおせんべいも控えるようになってしまったのですが、1年過ぎた頃から、入れ歯と上手に付き合えるようになり大好物のおせんべいも美味しく食べられるくらいになりました。もともと健康に気遣って過ごす祖母は、入れ歯のクリーニングについて
歯医者から聞いている手順で、お手入れしておりました。
周りのお茶友達から市販で売っている「洗浄剤」が手軽くてキレイに汚れも落ちるようっと聞いてから祖母も使うようになったのですが、市販の洗浄剤は、どれだけキレイになるものなのか教えて下さい。


古館 隆充 先生からの回答

マッキー 先生からの回答

入れ歯を使用していると、汚れや雑菌がつきます。
そのため、入れ歯を洗浄するには、 軟らかい歯ブラシで入れ歯を洗うことは重要です。
ただし、ブラシだけではみがきにくい部分もあります。
そのため、入れ歯洗浄剤も併用することは高い清掃効果が得られるので、一緒に使うことをすすめます。

洗浄剤ですが、薬局に行ってみると数多くの種類があります。配合成分、さまざまな効果や特徴をうたっています。
歯科医院おすすめ、薬局の方に一番売れているもの、お勧めの洗浄剤をきくのがいいでしょう。

参考までに主な成分による特徴を書いておきます。
1)次亜塩素酸系は、細菌に対する非常に殺菌効果が高いのですが、その反面入れ歯の素材を劣化させやすい欠点があります。
2)過酸化物系は、もっとも広く使われている成分で、次亜塩素酸系ほどでないにしろ殺菌作用もあり、汚れや着色にも有効です。
3)酵素系は、たんぱく質、つまり食べかすを分解する効果があるものの、殺菌作用、消臭作用はやや劣ります。
4)生薬は、安全性に優れ、万が一飲んでしまっても害はありませんが、微生物や汚れには効果は弱いでしょう。

今回の相談は、金属のバネがついいているようですので、次亜塩素酸系は避けた方がよいと思います。

マッキー 先生
マッキー 先生
山田歯科医院(北海道旭川市一条通8丁目)

マッキー先生の回答一覧

国井 隆一 先生からの回答

入れ歯は人口の歯や歯肉の形や金属の部分が複雑な形をしているので、ブラシだけでは落としきれない汚れが残りやすいです。入れ歯に付く物として、食べカス、細菌・カビ、歯石、茶渋(ステイン)などの着色物質があります。これらの汚れには、ブラシで落とせる汚れを取った後に入れ歯洗浄剤の使用をおすすめします。
市販されている入れ歯洗浄剤には、以下の汚れを落とす成分が入っています。
①漂白剤
着色を落とす効果の他に殺菌効果も大変優れているため、入れ歯洗浄剤の主成分として配合されています。漂白剤には金属が変色する種類もあるので部分入れ歯や金属がある入れ歯には使用できるかよく確認してください。
②酵素
食べカスなどのたんぱく質を分解する効果のある成分です。細菌の抑制と臭いの抑制を目的とします。
③界面活性剤
水洗いでは落ちない油汚れを落とす石けん成分です。
④歯石防止剤
歯石の付着を抑える効果があります。
⑤発泡成分
気泡を発生させて物理的な洗浄効果を向上させるせ効果があります。
以上の成分以外にも香料など各社により違いがあるので、購入する際は、各社製品の特徴を確認した方が良いですよ。

国井 隆一 先生
国井 隆一 先生
くにい歯科・矯正歯科(栃木県宇都宮市)

国井 隆一先生の回答一覧

加藤道夫 先生からの回答

「洗浄剤」が手軽くてキレイに汚れも落ちるといっても、メーカーによって異なると思います。歯科医院専用の商品でも沢山あり、今使用中のものと今後購入される市販のものとが分からなければどれだけ綺麗になるか分かりません。

また、入れ歯洗浄剤は綺麗にとありますが、入れ歯の種類によっては色落ち(ピンクの色が透明に)してしまう洗浄剤もあるようです。歯科医院でオススメな物の方が良いとは思います。

入れ歯はコマーシャルでみがかないようにと間違ったイメージが最近流れていたようですが、軽くいればを洗ってから洗浄剤に付けて汚れ(細菌を含めて)を取ることです。正しく入れ歯を綺麗にしましょう。

加藤道夫 先生
加藤道夫 先生
加藤デンタルクリニック(神奈川県横浜市中区元町)

加藤道夫先生の回答一覧

小林 研太郎 先生からの回答

 入れ歯洗浄剤は多くの種類があり、商品によって入っている成分が違います。
入れ歯洗浄剤の成分は、主に次亜塩素酸系、過酸化物系、酵素系、生薬などが含まれています。
①「次亜塩素酸系」は強アルカリ性の成分で、漂白、殺菌作用が優れています。
しかし、成分的に強いものなので、入れ歯の素材を悪くさせやすい面があります。
誤飲してしまったら、すぐに受診しなくてはいけない成分でもあります。
②「過酸化物系」は、次亜塩素酸系に比べれば殺菌作用が落ちますが、毒性が弱く、汚れや着色に対して使えるので最も使われている成分です。
この「過酸化物」には、アルカリ性と中性がありアルカリ性の方が、たばこのヤニなどの着色には効果を発揮します。
入れ歯で、銀が多く含まれている金属が使用されている場合過酸化物の入っている洗浄剤だと変色することがあります。
③「酵素系」は、殺菌作用や消臭作用、着色には効果を発揮しにくい成分ですが酵素とは本来腸内で食べ物を消化分解する物質なので、磨きにくくて取れなかった部分の、食べカスなどのたんぱく質の分解に有効です。
④「生薬」は安全性としては一番で、消臭、除菌作用に優れています。
歯石付着防止ができるなど新しい汚れに対して有効に作用しますが汚れを取ったり微生物の除去には、あまり効果がないという弱点があります。

入れ歯洗浄剤は、このような成分の組み合わせにより作られているのです。

最後に主に市販されている入れ歯洗浄剤成分の違いを書いておきますので、参考に購入してみてください。

ポリデント(アルカリ性、中性)
界面活性剤(アルキスルホ酢酸塩)、発泡剤(重灰酸塩、クエン酸、灰酸塩)、歯石防止剤、結合剤、流動改善剤、香料、漂白剤(過硫酸塩、過ホウ酸塩)

さわやかコレクト(中性)
抗菌剤、界面活性剤(ラウリル硫酸ナトリウム)、漂白剤(過炭酸ナトリウム、過硫酸水素カリウム)、発泡剤(炭酸水素ナトリウム、クエン酸)、香料(ペパーミント)、色素、結合剤、賦形剤

スカイミント(中性)
漂白剤(過硫酸塩、過ホウ酸塩)、アニオン系界面活性剤、酵素、炭酸塩、クエン酸、結合剤、流動改善剤、香料、色素

タフデント(中性)
酸素系漂白剤、アニオン系界面活性剤、炭酸塩、有機酸、酵素、フラボノイド、香料、色素

パーシャルデント(弱アルカリ性)
酸素系漂白剤、アニオン系界面活性剤、炭酸塩、有機酸、酵素、香料、色素

小林 研太郎 先生
小林 研太郎 先生
KEN DENTAL CLINIC(大阪府大東市大東町10-21)

小林 研太郎先生の回答一覧

北野 やすひろ 先生からの回答

どれだけ綺麗になるか??

いい質問ですね(^'^)  綺麗さを求めるのは人によって違いますので、なんとも言いにくいですが、普段使いする分には、市販のものでも十分綺麗になりますよ。

ただ、やはり人間の体と同じでブラシを使ってあらってくださいね。

おばあちゃん 思いの方ですね(^'^)

北野 やすひろ 先生
北野 やすひろ 先生
医)やすひろ歯科クリニック (兵庫県加古川市加古川町備後5-4)

北野 やすひろ先生の回答一覧

トナカイ 先生からの回答

さくらさん。おばあちゃんが入れ歯と上手に付き合えるようになり、おせんべいも食べれるとのこと。

食べれるって幸せなことですよネ。

さて他の先生からも指摘どうり、入れ歯は清潔に保たなければなりません。

電子顕微鏡でみると、入れ歯は細菌だらけ、それが肺などのカラダの中に入るとたいへんです。

それでおすすめなのが、DIYや量販店で売っている「超音波洗浄機」です。

安いところだと5000円でおつりがくるかもしれません。

その中に市販の洗浄剤を入れて、超音波洗浄!

電池タイプより、電気プラグタイプをおすすめします。

とにかく大事なのはメンテナンス、定期的に入れ歯をかかりつけの先生に診てもらって下さいネ。

トナカイ 先生
トナカイ 先生
手広デンタルクリニック・鎌倉インプラント・ソフィア・システム(神奈川県鎌倉市)

トナカイ先生の回答一覧

ページの先頭へ