健康な歯を削ることについて。

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
詰め物・被せ物
お悩みの歯
右下正面から8番目

左の奥歯なのですが、被せていた銀のものがはずれてなくなってしまい、新しく被せ直しました。

銀のものができあがり、被せながら、高さの調整をしていたのですが、あまりにも、銀のものの高い状態でした。
始めは銀のものを削って調整をしていたものの、何度やっても、まだ高く、やが先生は意を決したかのように「上の歯がのびてきているので、調整させてください!」と言い、私は何のことか分からずにいると先生は健康な上の歯を削り始めました。
素人考えだと、このような場合、銀のものを削るのが当然だと思うのですが、健康な上の歯を削ることもあるのでしょうか。

上の歯はどこを削ったのかは、私にはわかりません。

しかも今度は低い気がするのですが、また被せ直すのは、気力も費用もかりますし、このまま様子を見ても大丈夫でしょうか。

その歯科医院は、本日混んでいたために、相談もしにくい雰囲気でした。


杉山 貴志 先生からの回答

虫歯等で歯を削る場合、神経が存在する歯であると できるかぎり削る量を少なくしたいと考えます。
削る量が多くなると神経に近づき、治療後に痛みを生じたり、場合によっては神経を取ることもあります。
ただし、金属等の被せ物はある程度の厚みが必要になりますので、削る量はある程度決まってしまいますが、
できるかぎり削る量は少なくした方が良いのは確かです。
そのため、今回のように噛み合う上の歯が挺出している場合には、下の歯のみで削ることを考えると
削る量が非常に多くなることもがあります。
このような場合には、挺出した上顎の歯を問題がない程度まで削ることがあります。
また、噛み合わせを適切にするためにも挺出した歯を削ることもあります。
ただし、こうした一般的なことと 今回の治療が同様の理由で行なわれたかは正確には分かりません。
そのため、ご心配な点があれば、ご遠慮されずに担当医に聞いた方が良いでしょう。
おそらく 先に説明しましたように 挺出した上顎の歯を削った方が
より噛み合わせや下の歯にとって良いと判断したのだと思います。
また、現在低い感じがあるのはよくありません。
本当に噛み合わせが低い場合には、当然のことながらその部位では噛みにくいことになります。
治療した部位で噛めなくなると 他の歯への負担も強くなることもあります。
また噛み合わせのズレが起こることもあります。
高さが低いということは良いことではありませんので、お早めに担当医に伝えて、
低いかどうかの判断をしてもらった方が良いでしょう。
再製費用がかかるかどうかは、担当医に相談されて下さい。
もし、噛み合わせが良くない状態であった場合には、時間の経過とともにさらに問題が悪化することも考えられます。

杉山 貴志 先生
杉山 貴志 先生
大船駅北口歯科(神奈川県横浜市栄区笠間1-5-1)

杉山 貴志先生の回答一覧

回答ありがとうございます。

治療において、健康な歯を削ることも「ないわけではない」んですね。
安心しました。

ありがとうございます。


噛み合わせに関しては、もう一度見ていただいた方がよさそうですね。

受信してみます。

ありがとうございました。

古館 隆充 先生からの回答

基本的には、下の歯を被せる時点で上顎がていしゅつしているか診断が必要ですね。もし、上顎も治療するのであれば、その説明が必要になります。
下だけで治療できたほうが当然よいわけです。
もし充分な説明が無ければ、主治医に説明を求めてください。
普通はカリバを入れますから、そんなに調整は必要ではないと私は思っています。参考までに。

古館 隆充 先生
古館 隆充 先生
医療法人 フルダテ歯科(青森県青森県八戸市内丸3-9-9)

古館 隆充先生の回答一覧

回答ありがとうございます。
非常に参考になりました。

もう削られてしまった歯は元には戻らないですが、次に治療する際は、気になったら遠慮せずに、説明を求めていきたいと思います。

今回も上の歯が削られてると気づいたときに、ストップをかけて、説明を求めるぐらいでいなければいけないと思いました。

ありがとうございます。


北野 やすひろ 先生からの回答

ケースバイケースになりますね。

例えば完全に隙間が無い場合には上の歯を削ることもあります。 

しかし、このような場合は、形成といいまして型を取るときにある程度わかることが多いので予め患者さんに言っておくことがほとんです。

でも今回は・・・・。

一度しっかり時間をとって相談されて治療を勧めることおすすめしますよ~~


北野 やすひろ 先生
北野 やすひろ 先生
医)やすひろ歯科クリニック (兵庫県加古川市加古川町備後5-4)

北野 やすひろ先生の回答一覧

ページの先頭へ