知覚過敏なのか?非歯原性歯痛か?

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
知覚過敏詰め物・被せ物
お悩みの歯
左上正面から5番目
左上正面から6番目

昨年10月に、30歳で初めて虫歯治療を行いました。
行った治療は、右上5番、6番を神経近くまで削り、5番には保険適用の白の詰め物、6番は型を取って自費でジルコニアを入れて貰いました。
ジルコニアを詰めた翌日から、歯が滲みるようになってしまいました。
水や冷たい物、熱い食べ物で歯が滲みます。
固い物も右では噛めません。
セカンドオピニオンとして、3つ他の歯医者さんを受診しました。セカンドオピニオン1軒目、2軒目では、原因は分からないが知覚過敏になっているのではないかと言われました。
セカンドオピニオン3軒目の大学病院でTCHと言われました。TCHと診断されたのが、R2年3月で、喰い縛りをやめるよう意識して生活を始めて半年ほど経ちますが、一向に歯が滲みる症状が良くなる気配はありません。
最近、インターネットで色々調べていると、歯には問題がないのに歯が痛い、非歯原性歯痛というものがあるという事を知りました。
知覚過敏なのか、非歯原性歯痛なのか自分で見分ける方法はありますか?
いま私が感じている痛みは2種類あります。
1つは、水や冷たいものなど、刺激が加わった時に歯が滲みる症状。
2つ目は、何もしていない状態でも、圧迫感のような痛み。こちらの痛みは、時間など関係なくランダムに感じています。忘れていたら痛く無いときもあるし、右のこめかみが少し痛いと感じるほど痛みを感じる時もあります。


小林 研太郎 先生からの回答

診てみないとなんとも言えません。
大学病院で精査し、TCHとの診断を受けられたとのことですので、なんらかの根拠がありTCHと診断されていると考えます。

知覚過敏なのか、非歯原性歯痛なのか自分で見分ける方法はありますか?
とのご質問ですが、歯科医師でも診断がこれだけ異なる症例ですので難しいでしょう。


ジルコニアを詰めた翌日から、歯が滲みるようになってしまいました。
水や冷たい物、熱い食べ物で歯が滲みます。
固い物も右では噛めません。

と文面だけから診ると神経が炎症を起こしている可能性が高いでしょう。
非歯原性歯痛ならば、特定の歯ではなく時期もランダムに起こることが多いです。

ジルコニアを詰めた翌日からと原因がはっきりとしていることと、水や冷たいものなど、刺激が加わった時に歯が滲みる症状があること、何もしていない状態でも、圧迫感のような痛みとのことですので、6番のジルコニアクラウンに問題がある可能性が高いでしょう。
症状に改善がなければ、神経を取る処置が必要になる可能性が高いと考えます。
担当医とよく相談の上治療を進めていってください。

小林 研太郎 先生
小林 研太郎 先生
KEN DENTAL CLINIC(大阪府大東市大東町10-21)

小林 研太郎先生の回答一覧

北野 やすひろ 先生からの回答

やすひろ歯科クリニックの北野です^^

これは、虫歯がデカかったか、噛み合わせが悪いか、詰め物が悪いか等だと思います。  知覚過敏ではありませんね。

ではどうするべきかですが、診ていないのですいません・・・・・。


とりあえず外して、神経組織を鎮静させる必要がありますね・・・。

北野 やすひろ 先生
北野 やすひろ 先生
医)やすひろ歯科クリニック (兵庫県加古川市加古川町備後5-4)

北野 やすひろ先生の回答一覧

ページの先頭へ