銀歯を仮止め

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
詰め物・被せ物
お悩みの歯
左上正面から7番目

お盆休み前に右上奥歯の虫歯治療をしてお盆後1週間経って銀歯の型どりをしました。

型どりまで少し日数が経ってたのもあってか若干水が滲みる感じがあったので被せを填める日にその事を伝えると銀歯(仮歯でなく本物)を仮止めのようにして様子見しましょうと言われてそれから1週間様子見してました。
その間も歯磨き時のうがいの時に1度は水が滲みてる状態がずっとありそれ以外は特に痛みもありません。

1週間経ち別の歯の治療も兼ねて診察に行き、その事を話したら馴染むまでは滲みると言われてまた1週間様子見しましょうと言われました。

神経のある歯で銀歯の被せはしてますがまだ仮止めのような状態でこんなに長く様子見する事はあるのでしょうか?
仮止めなので銀歯の中に薬も入れてないような感じですし、これがずっと続いてて更に虫歯になったりしないのか不安です。

このような治療法は正しいものでしょうか?

銀歯の被せの治療後に歯が馴染むまでは滲みる事はあるのは承知してますが仮止めで薬も入れてない状態では滲みるのが当たり前でいつまで経ってもそれが治まるとは思えなくて仮止め自体を忘れているのでは?と思ってしまいます。

正しい治療なのか虫歯が更に悪化しないのか回答よろしくお願いします。


ページの先頭へ