被せものについて

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
詰め物・被せ物
お悩みの歯
右上正面から5番目

虫歯の治療のためセラミックの被せものを作ることになり、支払いと型取りを済ませあとは完成を待つだけだったのですが、お世話になっている矯正医さんに被せものは矯正完了後に付け、今はきれいな仮歯を付けるだけにしておくようにと指示を受けました。
器具を付ける前に虫歯治療は終わらせてしまった方がいいのかと思い治療を進めていたのですが、セラミックの歯の場合は後からつけた方がいいようなのです。
もう既に作り始めてしまっている被せものはどうなるのでしょうか。矯正完了後まで保存しておくことは可能なのでしょうか。
矯正は器具の取り付け前で、このあと奥歯にゴムを挟む予定です。


北野 やすひろ 先生からの回答

ドクトル ビーバー 先生からの回答

治療の進め方や、他のクリニックでの、治療の信仰や、プランなど、もっと緊密に連携させることは、非常に大切ですね。今回のことを教訓に、虫歯の治療などを受けるときは、先に、矯正の先生からのセカンドオピニオンをもらい、それを伝えるか、通院中のクリニックの先生同士で、メールで連絡とってもらうなど、工夫しましょう。
セラミックは基本、矯正のブラケットは接着しにくいので、仮歯をしっかりとアイオノマーセメントで本接着でつけて置いて、虫歯のクリニックに矯正でブラケット除去のタイミングで、本着してもらうように、交渉しましょう。技術的には、可能です。長期の使用を想定した場合には、仮歯を精密なものに、作り直さないとダメな場合も多いです。
本来こういうことは、患者さんが始めに先生とのコミニュケーションで、治療の進め方をプランしておくといいですね。先に虫歯の治療をするということは、間違ってないです。虫歯の治療する先生には、矯正の治療開始の話もしておくべきでしたね。

ドクトル ビーバー 先生
ドクトル ビーバー 先生
ホワイトファミリー歯科(神奈川県川崎市)

ドクトル ビーバー先生の回答一覧

小林 研太郎 先生からの回答

まずは早急にセラミックの製作をストップするように主治医に伝えましょう。
今後も矯正と治療を別の医院で進めて行くならば、主治医と緊密に連絡を取り、治療方針も相談してから進めましょう。
費用については自費治療になるので契約をみないとなんとも言えません。
担当医とよく相談の上治療を進めていってください。

小林 研太郎 先生
小林 研太郎 先生
KEN DENTAL CLINIC(大阪府大東市大東町10-21)

小林 研太郎先生の回答一覧

田中 宏尚 先生からの回答

ページの先頭へ