歯根治療中の永久歯の欠け

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
こどもの歯科治療
お悩みの歯
右下正面から5番目
右下正面から6番目

9歳のこどもです。去年の暮れ、痛みがない虫歯の治療で、「虫歯を削ってみた所、神経がみえているので抜かなければならない」と言われ、それから、歯根治療が続いています。
そして昨日、少し固い物を噛んだら、その歯が欠けてしまいました。欠けた歯をよく見ると、治療しているのに、虫歯のような状態。
この歯は差し歯になってしまうのか、成長する過程で大丈夫なのか、治療中の歯が欠ける事が普通あるのか、歯医者を変えた方がいいのか、など心配になって、相談させていただきました。よろしくお願い致します。


※緊急を要する相談は回答ができかねるため、一部内容を修正・割愛いたしました(運営部)


小林 研太郎 先生からの回答

診てみないとなんとも言えませんが、9歳で5番目の歯ということは乳歯でしょうか。
乳歯であるならば2~3年もすれば通常生え変わりますので特に心配はありません。
問題は6番の永久歯が神経を抜いて冠にしなければならないかどうかでしょう。
残っている歯質の量などにもよりますし診てみないとなんとも言えません。
担当医とよく相談の上治療を進めていってください。

小林 研太郎 先生
小林 研太郎 先生
KEN DENTAL CLINIC(大阪府大東市大東町10-21)

小林 研太郎先生の回答一覧

田中 宏尚 先生からの回答

こんにちは!
なんでその歯が虫歯になったのかをこの機会にしっかり考えましょう。そのようなことを相談できる先生を探しましょう。砂糖が原因であれば、広範囲に虫歯ができるのではないかと思いますが?如何でしょうか?虫歯になる歯はいじめられていることがほとんどです。噛み合わせのバランスが崩れてしまっていませんか?おくちの、お顔の、全身のバランスの回復を図ってから必要最小限の切削にとどめての治療が、特に幼少期には必要です。色々な先生の意見を参考にしっかりとお子さんをリードしていきましょう。お大事にして下さい。

田中 宏尚 先生
田中 宏尚 先生
あしたば歯科(埼玉県所沢市荒幡1359-17)

田中 宏尚先生の回答一覧

石田 哲也 先生からの回答

ページの先頭へ