転倒による歯の動揺

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
こどもの歯科治療
お悩みの歯
右上正面から1番目

1歳3ヶ月の子供です。
1週間ほど前、家で転倒しフローリングで前歯を打ち上の前歯一本がグラつきました。
受傷直後に以前フッ素塗布してもらったことがある歯科で急遽診てもらい、ボンド?で両サイドの歯と固めていただきましたが、小さい子なので恐らくすぐとれてしまうかも、とのことでした。
レントゲンには特に骨折など様子は見られないとこので、亜脱臼と診断されました。
案の定、ボンドは気づかないうちに取れてしまったようでしたが、2日後に再度診てもらったところ、グラつきはマシになっているとのことで再度ボンドで固定してもらいました。
その2日後にまた消毒の為診てもらった時に、やはりまたボンドは取れてしまっていましたがグラつきはかなりマシになっているとのことで、もうそんなに心配する様なことはないので後は2ヶ月後くらいに通常の定期検診をかねて来てもらい、その時にもし色が変色していればまたレントゲンで根っこの様子を確認していきましょう、とのことで、この日はもうボンドの固定はせずに以降は様子見となりました。

実は、受傷2日後に近所に小児歯科専門の病院を見つけた為、念のためそちらも受診しました。
そこの先生には、変色するとしたら2週間以内。もし変色したらちゃんと治療すれば問題ないから、心配しなくても大丈夫。どんなに小さな子でも専門なのできちんと治療します。とおっしゃっていました。最初に受診した先生は、小児歯科専門ではないので、根管治療は3歳くらいで意思の疎通が出来る様になってからしかできないと言われました。
小児歯科の先生には、様子見のために受傷2週間後にまた見せにきてと言われたので見せに行くつもりです。

いまのところ色の変化はまだ何もなく、もちろんまだ分からないのも承知ですが、今後のことを考えると不安で不安で仕方ありません。。。もし変色してしまったら根っこの治療をすぐにするべきなのか、それとも炎症を起こしたりしない限りは様子見するべきなのか。
もし根管治療をする場合、この月齢での治療は適切なのか。痛みを伴うのか。。。
今はただただ色が変わらないことを願うばかりですが、変色しない可能性はあるのでしょうか。。。まだ月齢が低いので変色しない可能性が高い、とかあるのでしょうか?

本人は受傷直後もちろん泣きはしましたが、しばらくするとすぐ泣き止み、特に痛がる様子もなく指しゃぶりしていました。治療後も今日まで痛がることもなく、食事はもちろん一口大にしてあげていますが当日から普通にとれております。指しゃぶりが癖でよくしていますが痛がる様子はありません。

宜しくお願い致します。


※緊急を要する相談は回答ができかねるため、一部内容を修正・割愛いたしました(運営部)


小林 研太郎 先生からの回答

診てみないとなんとも言えませんが、受傷直後に固定をしたことはとてもよい対応、妥当な処置でしたね。
担当医もおっしゃる通りまずは固定し様子を見て、変色してしまったらレントゲンなどを診てみないとはっきりとは言えませんが根っこの治療をすることがセオリーです。
放っておくと内部吸収などを起こす可能性があるためです。
いずれにしても乳歯ですので過度な心配は無用です。
担当医とよく相談の上治療を進めていってください。

小林 研太郎 先生
小林 研太郎 先生
KEN DENTAL CLINIC(大阪府大東市大東町10-21)

小林 研太郎先生の回答一覧

ありがとうございます。
そうですよね。誰に言っても、乳歯なんだしそんなに心配する必要ないと言われるのですが、私も頭ではわかっていても、はえたばかりの歯なのに神経がなくなってしまい、この先何年も変色したままなのかと考えるとかわいそうで、、、まぁ男の子ですし、はえかわりまでに本人が気にすることはほぼないとは思いますが、、、。
ちなみですが、私の周りで神経が死んでしまい変色した場合でも、すぐに根管治療せずに様子見している子がいるのですが、そういうこともよくあることなのでしょうか?
子どもの場合は、数ヶ月後に神経が復活?する場合があるようなことを聞いたのですが、その可能性があったとしても、根管治療を早めにした方がいいのでしょうか?

佐久間 秀二 先生からの回答

初めまして。
お子さんのことなので心配になりますよね。
今回のような亜脱臼など歯の外傷に対してまず行うことは、外傷歯を固定して安静にすることです。
外部刺激が加わると歯の動揺がなかなかおさまらなかったり、歯の神経への影響も出てしまい、変色する可能性も考えられます。
ですから、可能であれば指しゃぶりは控えていただき、歯を安静にする方が良いと思います。
固定した接着材が取れてしまったのも、指しゃぶりが一つの原因かもしれません。
それと、変色した際の根管治療についてですが、ご本人が治療に耐えられて、担当の先生が治療に対応していただけるのならば、行った方が良いと思われます。
外傷歯をなるべく残すためもありますが、一番は今回外傷を受けた乳歯の後に出てくる永久歯を守るため行った方がよいと思われます。骨の中にある永久歯に刺激が加わると歯の形成(成長)に影響が出る可能性があるからです。
根管治療については、担当の先生とよく相談していただき、まずは外傷歯に刺激を与えず安静にすることを心掛けて下さい。

佐久間 秀二 先生
佐久間 秀二 先生
つだぬま矯正歯科(千葉県習志野市津田沼4-11-4)

佐久間 秀二先生の回答一覧

ありがとうございます。
残念ながら、指しゃぶりを控えることは全くできませんでした。。。寝る時はもちろん、日中も眠たくなった時や、寝ている最中にも指しゃぶりしたりするので、一歳の子にそれをやめさせることはできず、、、。それ以外にも私が出来る限りで気をつけてはいましたが、頻繁ではないもののおもちゃを噛んだり、スプーンや歯ブラシを噛んだり、なかなか安静にすることは難しかったです。。。
変色しても、子どもの場合は元に戻る可能性があると聞いたのですが、その可能性があったとしてもすぐに根管治療をしたほうがいいのでしょうか?歯根に異常が見られない限りは様子見、というのはあまりよくないのでしょうか?

北野 やすひろ 先生からの回答

そうですね・・・。

かなり心配性のお母さんのように感じました。違うなら無礼をお許しください。

さて、個人的な回答になります、なにがそんなに心配なのでしょうか??当院で言うてる事ですが、要は永久歯がちゃんと生えてくれればいいんですよね。

今の年齢で打撲が原因で永久歯に影響があったことは、僕はありません。また、打てば神経が死んで茶色になることは、非常にあって、そうなれば根っこの治療をしますと言われる先生もいますが、僕は、ほとんどしたことがありません。

たかが歯です、子供は茶色になってても、それがまた可愛いときもありますよ。母親が心配すると、子供はもっと敏感に心配するかもですので、どしっと構えてください。

また、二つの医院を行くのはおすすめしません。それならどちらか、自分が信用できる方の先生だけにしてあげてください。二股は良くないですよ。笑 (今の時代も)

北野 やすひろ 先生
北野 やすひろ 先生
医)やすひろ歯科クリニック (兵庫県加古川市加古川町備後5-4)

北野 やすひろ先生の回答一覧

ありがとうございます。
先生の回答を読んで、自分の心配性さ加減に笑ってしまいました。そうです、主人も呆れるくらい心配性です。そして心配しすぎな時ほどたいしたことないパターンがほとんどです(笑)
おっしゃる通り、永久歯がちゃんとはえてくること、それと今ある歯をはえかわりまでできるだけそこに保持することが大事だと思っています。そう思うと、折れもせず抜けもせず、動揺だけですんでよかったと思います。
今日で10日目、今のところ色の変化はないですが、もし変わってしまっても、たかが歯、茶色でもそれがまた可愛いときもある、という先生の言葉で少し不安が拭えました。

治療は、どちらの医院の先生も信頼できる先生なのですが、この先は小児歯科の先生にみてもらおうと思っています。
ちなみに、変色した場合でも北野先生は根っこの治療はほとんどしたことがないとのことですが、それはどうしてでしょうか?
すぐに根管治療する先生と異常がみられるまで様子見される先生がいらっしゃるので、今後変色した時に、どうしたほうがいいのか悩みます。

松岡浩司 先生からの回答

タサキさん、こんにちは。
各々の先生方の処置や説明は適切であったと思います。
もし根管治療をする場合、この月齢でも治療は適切でしょうし、痛みは伴わないと思います。
永久歯への影響も根の先によほどの膿が形成されなければ問題は無いでしょう。
小児歯科の先生を信頼なさり、ご心配なことがあればどんどん質問して不安を解消してくださいね。

松岡浩司 先生
松岡浩司 先生
松岡歯科クリニック(愛知県名古屋市名東区西山本通)

松岡浩司先生の回答一覧

ありがとうございます。
小児歯科の先生はどんな小さい子でも治療できるとおっしゃっていたのですが、大泣きして大暴れするので抑えるのが大変なのですが、そんな状態で根管治療なんてできるのか不安はあります。もし変色してしまっても、私の希望としては、異常がない限りもう少し大きくなるまで様子見したいとは思うのですが、、、。
そのあたりもふまえて、歯が変色してしまった場合は小児歯科の先生と相談していきたいと思います。

田中 宏尚 先生からの回答

お母さんの心配されていることを避ける為に大切なことは、お子様の治癒力を向上させることです。
食材そのものを出来るだけ加工せずに食べて下さい。その力が治癒力増進の原動力になります。
一番阻害するものは、牛乳、バター、チーズ、アイスクリームなどの乳製品です。練り製品、カップ麺などの人造物、電子レンジを使った料理、砂糖、化学調味料などは避けて下さい。水分の取り過ぎも免疫力を低下させます。
口を閉じて、良く噛んで食べて下さい。宜しくお願いします。

田中 宏尚 先生
田中 宏尚 先生
あしたば歯科(埼玉県所沢市荒幡1359-17)

田中 宏尚先生の回答一覧

ページの先頭へ