虫歯について

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
虫歯
お悩みの歯

6歳になる娘、飴玉や氷を口に入れると、ゆっくりなめて味わうと言う事が少なく、歯でガリガリと噛み砕いて食べる事が多く周りの方から、飴を噛んで食べると虫歯になると聞いたりしています。
このような食べ方をしていると、虫歯になる確率が高くなるものなのでしょうか?


小林 研太郎 先生からの回答

氷を噛んで食べたからと言って虫歯との因果関係はありません。
飴にしてもその飴が歯にくっつきやすいかくっつきにくいかによっても虫歯になりやすいかどうかはだいぶ変わってくると思います。
口の中は糖分を取り込むとすぐに酸性に傾きます。
それが虫歯になりやすい状態です。
それを通常の状態に戻すのは唾液です。
唾液には自浄作用という作用があり唾液の性質にもよりますが、飴が口の中から無くなった後、40分くらいかけてほぼ中性に戻します。
よって歯にくっつきにくい飴なら虫歯になりやすい確率はあまり変わらないと思いますが、噛んで食べても舐めて食べても食べると溝の部分には糖分が付きやすいですから、いずれにしても食後注意が必要です。

小林 研太郎 先生
小林 研太郎 先生
KEN DENTAL CLINIC(大阪府大東市大東町10-21)

小林 研太郎先生の回答一覧

北野 やすひろ 先生からの回答

ページの先頭へ