入れ歯以外の治療法はありますか?

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
入れ歯虫歯
お悩みの歯
左上正面から1番目
左上正面から2番目

歯科医院に行くのが嫌で、ずっと放置してきてしまったのが悪いのですが、ほとんどの歯が虫歯です。
右側の前歯と、そのとなりの歯はありません。

このような場合、治療方法は入れ歯になるのでしょうか?
まだ年齢的に入れ歯にはしたくありません。
今度こそ勇気をだして歯科医院に行って治療して、ちゃんと笑えるようになりたいです。

どうぞアドバイスをお願いいたします。


小林 研太郎 先生からの回答

勇気を出して受診される決心をされてよかったです。
まだお若い女性なので入れ歯にしたくない気持ちはお察しします。
左上1番2番2本ないだけなら入れ歯にする必要はないと思いますよ。

隣の歯の状態などにも拠りますが、保険治療ならブリッジ、保険外でもいいならインプラントという治療法があります。
ただし、他の歯の状態や歯周病の進み具合などによってベストな治療法というのはかわってきますから、早めに歯科医院を受診しどのような治療法の選択肢があって自分にはどの治療がベストかよくドクターと話し合ってみてください。

入れ歯でも今はノンクラスプデンチャーなど目立たない入れ歯もあります。
どの治療法にもメリット・デメリットはありますからドクターの話をよく聞いて自分で後悔のない治療法を選択してください。

■「ブリッジ」のメリット
・入れ歯と比較して、固定式なので違和感が少ない。
・ほとんど自分の歯に近い感覚で噛める。
・治療の期間が短い。治療後の調整も少なくてすむ。
・治療後の変形はほとんど無い。
・通常のブリッジであれば保険治療ができるので安価である。
・費用をかければ、見た目が自分の歯と同様のものができる。
・前歯の治療も、ほとんど自分の歯と同じようになる可能性が高い。

■「ブリッジ」のデメリット
・周囲の健康な歯をたくさん削る必要がある。
・削った歯がムシ歯や歯周病になる可能性が高くなる。
・支持として用いる歯には力学的に負担がかかる。
・歯の抜けた部分の骨が次第にやせていく場合がある。
・発音に課題が残る場合がある。(息がもれる)
・前歯では審美的な課題が生ずる場合がある。
・欠損部の磨き方が難しい

■「入れ歯(義歯)」のメリット
・比較的簡単に治療が受けられる。
・歯の無い部分がたくさんあっても保険が適用されるので、治療を安価に受けることが出来る。
・ブリッジのように健康な歯をたくさん削らなくてすむ。
・取り外しが出来るので洗浄が比較的容易。

■「入れ歯(義歯)」のデメリット
・歯の部分がプラスチックなので、噛み心地が悪い。
・歯ごたえが自分の歯とは異なる。味が変わる。
・粘膜で支えるため、硬い食べ物が食べられない場合が多い。
・硬い物を噛んでいると、ささえている粘膜の変形が起こり、入れ歯が合わなくなったり、入れ歯をささえている歯の寿命が短くなる。
・顎の骨がやせてくるので、使い続けていると合わなくなってくる。
・噛みあわせが変化しやすい。
・バネをかけている歯を失う可能性が大きい。(部分入れ歯)

■「インプラント」のメリット
・違和感がなく、自分の歯と同じような感覚で噛むことができる。
・周りの歯を傷つけない、削らなくてすむ。周囲の歯の寿命を短くしません。
・見た目は自分の歯とほとんど同じようにきれいに仕上がる。
・インプラントが顎の骨に力を加えるので、顎の骨がやせるのを防ぐ。

■「インプラント」のデメリット
・費用が高額。
・歯を抜くのと同じ程度の手術が必要。
・重度の糖尿病、ヘビースモーカーの方は、治療が制限される。
・あご骨の量が足りない方は、まず骨を作る手術が必要。
・特に歯肉の管理が大切になりますので、適切な毎日のケア(ブラッシングなど)と定期的なチェック(噛み合せ調整など)が必要。

小林 研太郎 先生
小林 研太郎 先生
KEN DENTAL CLINIC(大阪府大東市大東町10-21)

小林 研太郎先生の回答一覧

小林先生

ご丁寧な回答をありがとうございます。
ブリッジという治療法があるのですね。目立たない入れ歯も初めて知りました。
メリット・デメリットのご説明もわかりやすかったです。
とにかく入れ歯以外の治療方法があると知って少しホッとしました。

まずは歯科医院に行って、診てもらおうと思います。

ありがとうございました。

マッキー 先生からの回答

上顎前歯左2本の欠損と思われます。

この場合、入れ歯以外に2つの治療方法があります。
1)両側の歯を歯台にして、ブリッジの方法。
2)無くなって部分に、2本のインプラント。

材料・医院によって、料金は異なります。
歯科医院で相談してみて下さい!

マッキー 先生
マッキー 先生
山田歯科医院(北海道旭川市一条通8丁目)

マッキー先生の回答一覧

山田先生

ご回答ありがとうございます。

ブリッジは、両側の歯を台にする治療なのですね。
インプントは少し怖いイメージがあるのですが・・・
他の先生からも治療の方法として挙げられているので、私のような場合には、向いているのですね。

医院によって料金が異なるとのことなので、色々検討しようと思います。

ありがとうございました。

古館 隆充 先生からの回答

残せる歯は残して、ブリッジ、インプラントで治すのがいいでしょう。
普通は他の歯が虫歯でなければ、削らないインプラントをお勧めします。

古館 隆充 先生
古館 隆充 先生
医療法人 フルダテ歯科(青森県青森県八戸市内丸3-9-9)

古館 隆充先生の回答一覧

古館先生

ご回答ありがとうございます。

私は他の歯は結構虫歯になってしまっています・・・。
そういう場合は、ブリッジよりインプラントがおすすめなんですね。

実際に歯の状態を診てもらって、治療法を決めたいと思います。

ありがとうございました。

伊藤 徹磨 先生からの回答

お早うございます。ナッツさん。まだ、31才とのこと。
人生、まだまだこれからだと思います。はっきり、申し上げて一度、お口の中がどうなっているのか診てみないことには何とも申し上げられません。
そして、レントゲンを撮ってみないことには、診断の仕様がないと思います。
しかしながら、まだ31才、歯医者嫌いの女性ということで推測しますと、ほとんどの歯が虫歯だとはいえ、そんなには、歯の欠損部位はないのではないかと推測されます。
欠損部位があったとしても刃こぼれ状態に所々、歯がなくなっているような状態ではないでしょうか?それならば、入れ歯でなくても、ブリッジという手があります。右側の前歯と、その隣の歯がないということは、前歯2本がなくなっているということでしょうか?でも、その両隣の歯は、ちゃんと残っているのでしょうか?
残っている歯数と部位にもよりますが、前歯の欠損が2本だけなら、充分保険でブリッジが可能かと思います。やはり、一度、診察してナッツさんの歯の状態がどうなっているのか、診てみないことには何とも申し上げられません。ナッツさんは、おそらく、歯医者恐怖症なのだと思います。しかし、ほとんどの人は歯医者が嫌いです。我々は嫌われ者です。
でも、そうは言ってもほかっておく訳にはいきません。ナッツさんが信頼できるような歯医者さんへ一度、行かれた方が良いと思います。今なら、まだ、何とかなるかもしれません。しかし、このまま、ず~っと、ほかっておいてしまうと、本当に入れ歯ということになってしまいます。
一度、信頼できる歯医者さんに勇気を出して、行って下さい。

伊藤 徹磨 先生
伊藤 徹磨 先生
International Dental Clinic(国際歯科) (愛知県名古屋市中区大須)

伊藤 徹磨先生の回答一覧

伊藤先生

ご回答ありがとうございます。

両隣の歯は、少し虫歯がありますが、残っています。
先生方のご回答を見て、ブリッジ治療ができたら良いなと思ってきています。

歯科医院は、あの機械の音が怖くて・・・思い出しただけれ寒気がします。
それと、こんなに虫歯だらけの歯を見せるのは恥ずかしい、怒られるのじゃないか、という不安もあります。

でも、ここでたくさんの先生に丁寧に回答してもらって、
改めてちゃんと歯科医院に行こう、という気持ちになりました。

先生がおっしゃるように、入れ歯しか治療法がないということになる前に治療しようと思います。


ありがとうございました。

藤井 芳朗 先生からの回答

歯がなくなった場合、そこを修復する方法は、
①取り外しのできる入れ歯、
②最低両隣の歯を土台にして橋渡しするブリッジ、
③欠損部分に歯に代わる人工歯根を埋め込むインプラント。

このような治療方法があります。

これらの治療方法にはそれぞれ利・欠点があります。

③の方法は治療を施術できる歯科医院をよく調べてください。

殆どの歯が虫歯とのことですが、まずは近隣のお友達、またはインターネット等でより良い歯科医院をお選びください。
よく説明を受け、納得のいく治療を受診され、今後歯を大切になさってください。

藤井 芳朗 先生
藤井 芳朗 先生
藤井歯科医院(愛知県名古屋市天白区植田西)

藤井 芳朗先生の回答一覧

藤井先生

ご回答ありがとうございます。

ブリッジがどういう治療なのかが、わかりやすかったです。

インプラントは、やはり歯科医院をしっかり選ばないといけないのですね。
むずかしいです。

歯の大切さは、本当にしみじみ今感じています。
大切にしていこうと思います。

ありがとうございました。

ページの先頭へ