神経を抜いた後の奥歯の治療について

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
歯の神経・根の治療虫歯
お悩みの歯
右下正面から7番目

左下奥歯(7番)について、激痛があり神経を抜きました。
原因は断定されておりませんが、この歯の裏に歯周ポケットがあり、奥で虫歯が進行しており、神経に達しているのではとの診断でした。
歯周ポケットが深くなった理由は、この歯が内側に生えており、噛み締めで強い圧力がかかっているためでは無いかと診断されております。
ご相談は今後の治療についてですが、
以下の三つの案を提示されておりますが、他の歯医者のかたのご意見をお伺いしたいです。
 ・虫歯は放置して、神経を抜いた部分に詰め物をして放置する。
 ・抜歯する。
 ・歯茎を部分的に切開して、虫歯を治療する。
(歯周ポケット内の虫歯のため、難易度は高いと言われております。)

*なお、左下奥歯(8番)の親知らずは抜歯済です。
また、左上奥歯(7番)は正常に生えております。


石田 哲也 先生からの回答

診てないので何とも言えませんが、下の歯で内側に生えてる歯牙はどうしても噛み合わせの力に弱いので放置か抜歯は妥当だと思います。虫歯を治すのであれば噛み合わせや歯の生えてる方向も改善させていかないと長く持たないかもしれません。よく主治医と話し合ってください。

石田 哲也 先生
石田 哲也 先生
石田歯科医院(大阪府南河内郡太子町春日1726-1)

石田 哲也先生の回答一覧

北野 やすひろ 先生からの回答

ページの先頭へ