健康な歯の歯茎に腫れ物。

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
歯茎
お悩みの歯
右上正面から6番目

初めまして。

左の上の奥歯(奥から2番目)の歯茎に腫れ物が出来ています。
周辺の歯には虫歯もなく、腫れ物が出来た明確な原因は分かりません
(食いしばりがあるので、それが影響しているかもしれないとは言われました)。

腫れ物が出来たのは2度目で、1度目は抗生物質を飲んで治ったのですが、今回は抗生物質を飲んでも治りません。

歯医者の先生には薬で治らない場合、根管治療をするしかないと言われました。
歯茎の中の膿がかなり大きくあまり放っておくのも良くないそうなのですが、虫歯がある訳でもない
歯の根管治療をするのにかなり躊躇っています。

歯医者を3軒回って、いずれも根管治療と言われたので難しいかと思いますが他に治療方法はないでしょうか??

また奥歯の根管治療は歯を削って被せ物の治療になるそうですが、前歯のように歯を残すような治療は不可能なのでしょうか??
(以前も原因不明の痛みで、前歯の神経を抜いた事があるため)

分かりにくい説明で申し訳ありませんが、ご回答お待ちしております。


小林 誠 先生からの回答

>歯の根管治療をするのにかなり躊躇っています。

何か誤解しているようですが、歯を残すために3軒の歯科医院で、根管治療が相当と判断されたものと推測します。

歯茎の腫れが根管由来のものでしたら、薬剤を服用したところで、一時的な軽減にはなっても、根本的な改善には繋がりません。

悪戯に治療の時期を遅らせることなく、例えば、電気的に歯髄の生死を判断していただくなどを経て、速やかな治療開始が望まれるように思います。


>他に治療方法はないでしょうか??

抜歯という最終手段があるかと思います。

小林 誠 先生
小林 誠 先生
小林歯科クリニック(東京都渋谷区)

小林 誠先生の回答一覧

返信ありがとうございます。

根管治療は虫歯の歯にするものと
思っていたので、治療に不安がありましたが
早急に治療をしたいと思います。

ありがとうございました。

袋 一仁 先生からの回答

こんにちはこの歯のもとの状態にもよりますが
根の先には病巣があって根の治療が相当だと
言われていることから
根の治療が必要なのだとは思います。
またもともとは何の治療もされていず、
虫歯経験もなかった歯だとすると
割れていてこのような状態になっている場合もありますので
放おって置くと抜歯に至ることも有ります。
早めに治療されて下さい。

また前歯のように歯を残すというのは
裏側から治療して、最後にプラスチックを
入れて治したケースだと思いますが、
本来この治療はできる場合があるぐらいの治療です。
歯質がいっぱい残っていたので被せるより
その治療で終わらすというドクターの選択肢だったのだと思います。
前歯も奥歯と同様で神経をとった後、被せずに
そのままだと歯が割れやすいとされています。
つまり前歯でも土台を立てて被せるのがこちらも基本となります。
大臼歯ですので保険治療だと被せた部分が銀色になるのが
いやなのかもしれませんが(自由診療治療で白くするか?)
現在の治療自体は神経の治療ですからそちらからまず
行なってみてください。

袋 一仁 先生
袋 一仁 先生
袋 歯科医院(群馬県前橋市)

袋 一仁先生の回答一覧

返信ありがとうございます。

根管治療について、丁寧にご説明いただき
ありがとうございます。
被せ物をするのが一般的な治療方法なのですね。
とてもよく分かりました。

担当の歯科医の先生と相談して、治療を進めて
いきたいと思います。

小林 研太郎 先生からの回答

診てみないとなんとも言えませんが、文面からだけで診ると恐らく歯の根の先で何らかの炎症が起きているのでしょう。
根管治療がファーストチョイスになるでしょう。


>また奥歯の根管治療は歯を削って被せ物の治療になるそうですが、前歯のように歯を残すような治療は不可能なのでしょうか??

診てみないとなんとも言えませんが、根の治療をした後詰め物になるか冠を被せるかはどのくらい歯が残っているかによります。
根が炎症を起こしていれば根管治療が最善の選択になります。
それでもなお治らないケースではWZ摘出と合わせて歯根端切除術や歯牙再植術が治療の選択肢となるでしょう。

担当医とよく相談の上治療を進めていってください。

小林 研太郎 先生
小林 研太郎 先生
KEN DENTAL CLINIC(大阪府大東市大東町10-21)

小林 研太郎先生の回答一覧

返信ありがとうございます。

やはり根管治療となるのですね。
虫歯が原因のものではないので、
もしかしたら他の治療法があるのでは。。
と思っていましたが。

担当の先生と相談して、早めに治療を進めて
いきたいと思います。

ドクトル ビーバー 先生からの回答

以前に治療した経験のない歯の場合、
A):歯の中の神経のある歯髄組織の血管梗塞が発生して徐々に部分そしき壊死から全体壊死になって、根の先に分解
 した組織が免疫に反応し、菌の感染が起きた場合、
B):見えない部位(歯の隣接面)に虫歯があり、歯の中に菌が入り、感染して、ゆっくり根先に病巣ができた場合
C):見えない歯質にヒビができて、歯の中に菌が入り、感染して、ゆっくり根先に病巣ができた場合
D):歯周病の進行で歯肉下がりや、歯肉炎で外側の根の股の部分だけが感染している。

まづは、
①:何もしなくても、違和感か痛みを感じますか?  またはない?
②:咬合した時の痛みの程度は?強く噛んだときだけ違和感?  またはない?
③:歯をノックした時の根の先方向の痛み、または違和感、  またはない?
④:歯の横を押すと揺れている程度がわかる?  動かない?

⑤:レントゲンで、根の先にぼやけた影が見える、最新型のCTの場合これが、はっきりと見ることができます。
顎の骨のどこの根の先に病巣の骨吸収があるか、
奥歯に親知らずが無い方の奥から2番は、第一大臼歯という6歳臼歯と言う歯ですから、通常は内側に太い根が1つ、
外側、はれている側には2本の根があります。CTの場合その病巣の立体的な広がりが見えるのです。ヒビが古い場合は根のヒビまで確認できます。
通常、悩む時は、患者さんと一緒に、CT画像を見ながら、説明しますが、
①から④のどの症状もなく腫れただけでも、最新のCTならほぼ診断できます。

原因がA),B)では第一選択は、根管治療です。

C)では奥歯の場合は、咬合力に耐えられないので、抜歯を勧め、インプラント専門を紹介します。
上の歯の場合は、骨の状態により、インプラントも難しい場合、は連結冠ブリッジ修復です。または、患者さんの希望で
一本入れ歯にする場合もあります。抜いたままで数ヶ月放置するだけでも、咬合平面は変化して首に負担がかかってきます。

A&B)で
①から④の症状があれば、即日に根菅治療にします。しかも麻酔なしで始め、ゆっくりの穴あけでしみる感じが出たら、麻酔をしたりしますが、通常は全く、痛みも感じずに根管治療ができます。
まれに3本の根の離れた内側の根が生きている場合もありますが。通常の麻酔では、効果がでないくらい神経が過敏になっている時は
小さく開けた穴から麻酔液を染み込ませ、数回で根の先まで麻酔する。髄腔内麻酔いをする場合もあります。
慢性的に、症状のないい慢性感染では、麻酔が効きにくい場合が多く根管治療では、歯の痛みの反応を見ながら、少しづつ進め、
効かない場合は解放で鎮静して、数日置いて、ブロック麻酔で再治療します。
感染根管の場合には、無菌にするのはかなり難しく、根管治療薬に3MIX薬などの抗生薬を直接、根の中鎮静薬に溶かしておくなどで、
数回からの除菌を行い、根管内消毒を行い、安定したら、カルシウム製剤で数ヶ月から十二ヶ月くらい経過を観察します。
奥歯の場合咬合圧が強いので、仮に詰める、仮封鎖も、しっかりかぶせるフルクラウンという型で仮歯を作り、それをしっかりセットして
ラバーダムというゴムマスクをします。これをすることで、根の中に二次感染を防止でき、安心して歯の中を消毒液でしっかり洗えます。
また、この上の6歳臼歯は、まれに小さい根で4根管の場合もあります。
マイクロスコープで、拡大することで、かなりしっかり根管内部の観察ができ、ほぼ根の先まで見れますから、しっかりした根管治療ができます。
でも、数ヶ月後に、根の先の病巣が復活したりする場合もあります。感染根の治療の成功率は、日本ではかなり低く、50%以上5年後鬼再発します。上記のやり方の根管治療の場合、保険ではなくなるのですが、それでも成功率は上がらず。80%前後です。

結局、数年ごとに腫れを繰り返して、C)に移行する場合は20%くらいはあります。

D):歯の根の先に問題なく、CTでは、根の分かれ目の股に、骨吸収がある場合、は咬合調整や日常の生活習慣の改善、定期的なオーラルケアチェック、クリーニングで経過を見てポケット内にTCPS注入薬を使い、歯肉切除が必要なら行います。

あなたの場合、どのケースでしょうか?
奥歯は何しろ、根管治療も、歯はしっかりと被せ物をした状態で、安定した仮封鎖で行うことが大切です。治療期間中に仮封鎖の脱離や薬液漏れ、歯の割れなど起きない、しっかりした仮フルクラウンで歯を保護、カバーしてもらってください。それが根管治療成功のポイントです。

ドクトル ビーバー 先生
ドクトル ビーバー 先生
ホワイトファミリー歯科(神奈川県川崎市)

ドクトル ビーバー先生の回答一覧

丁寧な返信ありがとうございます。

自分の歯の腫れが、どのケースに当てはまるのか
が判断出来ないので今回教えていただいたことを
担当の歯科医の先生に伝え、今後の治療を
相談していきたいと思います。

根管治療についても、よく分かりました。
ありがとうございました。

ほりちゃん 先生からの回答

おはようございます。長崎の堀内と申します。
さて、お問い合わせの件ですが、腫れておられるのは左上の6歳臼歯のようですね。
なんともない歯だけど、歯ぐきが腫れているということですね。
おそらく考えられることは、噛みしめによるマイクロクラックとよばれる現象だと思います。
歯というのは、単純に虫歯でおかしくなることもありますが、かなりのパーセンテージの「虫歯」と呼ばれるものは、実は微細な歯の構造の部分が力がかかりすぎることで割れてしまい、その隙間に虫歯菌が入り込んで虫歯になると言われています。
ですが、まれに一度に大きな力がかかることで歯が割れてしまっていることはあります。
おそらく相談者さまの場合は、これに相当すると思います。
以前に原因不明の痛みで前歯の神経を抜いたご経験を考えますとそう考えるのが妥当ですね。
いずれにしても神経の治療をしておかないと抜歯になる可能性は高くなるでしょう。
歯ぐきが腫れているということは、根っこを支えている骨が部分的に欠損していくということですから、一部ねじが外れかけたタイヤに対して強い力が発生したときに何がおこるかを考えていただけると容易に想像がつくかと思われますが、、、
ただし、神経の治療についても、もし微細なクラックが原因である場合は、神経の治療をただ単にされたとしても病巣が再発するか治らない可能性が大きいです。
ですから私のお勧めは歯内療法の専門医で治療してもらうことですね。
通常の歯科治療では解決できないですし、微細な破折(マイクロクラック)については、マイクロスコープ等を用いても判断ができにくい場合があるほどですから、通常の治療でやって結果残念ながらということも想定されます。

また、原因不明の痛みや今回のようななんともない歯が腫れたりする原因は噛みしめです。
頭痛や肩こりがあられるのではありませんか?
もし、そうでしたら
咬みあわせを専門的に扱っておられる歯科に受診されて将来的な問題点や解決方法を考えられることをお勧めしますね。

ほりちゃん 先生
ほりちゃん 先生
医療法人永友会 堀内歯科(長崎県諫早市)

ほりちゃん先生の回答一覧

丁寧な回答ありがとうございました。

歯の噛みしめは酷く、前歯の神経を抜いた後から
マウスピースを着用するようになりました。
他に原因が思い当たらない為、恐らく噛みしめが
原因だと思います。

神経の治療を進めてながら、教えていただいた
専門医を探して根本的な解決をしていきたい
と思います。
ありがとうございました。

北野 やすひろ 先生からの回答

そうですね。。。

文面からですが、たぶん根っこの中の清掃がいりそうな気がしますね・・・・・。


診ていないので何ともいえませんが、瘻孔というものであれば根っこの清掃をしないとなおらないですね 。


また清掃しても根っこの治療がうまい先生でないと治らないこともありますので 治そうと決めはったらDR探しも大変かもですが、探す必要がありますね。


北野 やすひろ 先生
北野 やすひろ 先生
医)やすひろ歯科クリニック (兵庫県加古川市加古川町備後5-4)

北野 やすひろ先生の回答一覧

ページの先頭へ