ブリッジが外れて土台の歯に虫歯の疑い

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
ブリッジ
お悩みの歯
左下正面から5番目
左下正面から6番目
左下正面から7番目

1日前にブリッジが外れて両側の土台の歯をみてみると茶色くなっていました。ブリッジの下にこのような着色があるのは虫歯以外でありえませんよね?
痛みやしみる等はないのでやはり末期なのでしょうか?
今後の治療法としてはどのようなことが考えられますか?虫歯の程度にもよると思いますが通常何回ほど通うものでしょうか。
歯科に行く予定ですが気になり投稿いたしました。


※緊急を要する相談は回答ができかねるため、一部内容を修正・割愛いたしました(運営部)


ドクトル ビーバー 先生からの回答

失活した、神経を取った歯の根元の象牙質が、変質して脆くなり、黒く見える場合もあります。以前の治療で、ブリッジの中につかわれた、支持土台の接着システムが古いものであれば、セットして2年くらいで、接着ははがれ始めているので、内部の根内壁などはボロボロになっている場合がほとんどです。しっかり感染歯質を除去する、消毒固定をしっかり行い。菌の活動を止める。根幹壁も薄くなって、強度が得られない場合には、ブリッジを再構築するのが難しいでしょう。欠損部位には、人工のインプラント処置を行い、前後の歯に負担がかかるブリッジや、連結処置はやめたほうが良いでしょう。
しっかり、根の状態を観察でき、診断できるCTによる立体レントゲンで、治療プランを作ってもらいましょう。一時的に治療用の入れ歯で、生活し、根の治療をしたりする場合もあります。


定期的な、歯科健診を受けて、しっかり毎日のお口のお手入れを予防的にバイキンが増えたのを除去するのではなく、菌を増やさない予防ケアをマスターして、生活習慣に取り込んでください。一般的な歯医者さんで教える、普通のお手入れでは遅いのです。予防的ケアってご存知ですか?
修理してつぎはぎになった歯は、その接着の耐久性にもよりますが、保険の修復ブリッジなどでは、早いと10年で取れて来たり、境目から、接着の剥がれが進行して、内部の虫歯の進行で、土台を建てるのも難しく、抜歯したりして、欠損が大きくなると、入れ歯になったりして、どんどん老人の口元と表情になっていきます。
噛み合わせが変化することで、体の不調も関連して起きて来ます。修復の方法や、接着の方法もいろいろあります。どういう方法、材料で直すか、その耐久性や、無害な安全な材料か、しっかり確認してから、プランニングを選びましょう。それによって、10年後、また、20年後と、どんどん老人になって来ます。
また、大切なのは毎日の生活で、トイレの水洗と同じ理屈で、使ったらすぐなら、タワシでこすらなくても、流すだけで綺麗になります。毎食後3分以内の予防的タイミングフロスケアで、歯の表面ではなく、奥歯の歯の間の隣接面のケアです。食後15分30分とケアのタイミングが遅いと、すでに増えた菌のネバネバや、毒素、腐敗発酵によるガスで、口臭も始まります。それらで、がんにもなりやすくなっていきます。予防的ケアができてくると、24時間いつも菌の少ない、歯周病や虫歯にならない口臭のない、真のプラークコントロール状態になって、定期検診でも歯石除去やクリーニングさえもいらない、綺麗なお口を維持できます。

ドクトル ビーバー 先生
ドクトル ビーバー 先生
ホワイトファミリー歯科(神奈川県川崎市)

ドクトル ビーバー先生の回答一覧

ご回答ありがとうございました。返信が遅くなりすみませんでした。診察をうけたところ、土台に少しだけ初期虫歯がみられ、そこを削り消毒をしていただいた上で、外れた銀歯がまだ使えるとのことで今回はそれを再び被せていただくのみの処置になりました。(あくまでも一時的な処置である前提にて)
そこでも、奥歯に凄く負担がかかる噛み合わせをしていることや、いずれはこの銀歯もダメになることなど色々話を聞かせていただいたのでマメに受診してその時々の状態を悪くしていかないように努めたいと思います。この度は予防的なケアのお話など将来の歯を考えさせていただくお話を伺えて勉強になりました。ありがとうございました。

ご回答ありがとうございました。返信が遅くなりすみませんでした。診察をうけたところ、土台に少しだけ初期虫歯がみられ、そこを削り消毒をしていただいた上で、外れた銀歯がまだ使えるとのことで今回はそれを再び被せていただくのみの処置になりました。(あくまでも一時的な処置である前提にて)
そこでも、奥歯に凄く負担がかかる噛み合わせをしていることや、いずれはこの銀歯もダメになることなど色々話を聞かせていただいたのでマメに受診してその時々の状態を悪くしていかないように努めたいと思います。この度は予防的なケアのお話など将来の歯を考えさせていただくお話を伺えて勉強になりました。ありがとうございました。

藤巻 理也 先生からの回答

MCさんへ

実際の写真があれば、分かりやすいのですが、推測での回答をご了承ください。
歯の色が茶色くなっていることは、虫歯菌によって産生された酸による変色が考えられます。その場合、歯の質が柔らかくなる・虫歯検知液等で調べることができます。他の場合は、着けたセメントによる変色・金属イオンの流出による変色などが考えられます。虫歯の状態でセットされることは有りませんので、ご心配いりません。虫歯の除去の結果、ブリッジの再製作が必要な場合、型をとり二回の通院が必要です。以前に痛みがないのであれば神経の治療は必要ありません。ご心配でしたら、歯髄診断器で神経の状態を確認してください。
担当医とご相談の上、治療を勧めてください。

藤巻 理也 先生
藤巻 理也 先生
大塚美容形成外科・歯科(東京都豊島区北大塚2-30-6)

藤巻 理也先生の回答一覧

ご回答ありがとうございました。返信が遅くなりすみませんでした。診察をうけたところ、土台に少しだけ初期虫歯がみられ、そこを削り消毒をしていただいた上で、外れた銀歯がまだ使えるとのことで今回はそれを再び被せていただくのみの処置になりました。(あくまでも一時的な処置である前提にて)
そこでも、奥歯に凄く負担がかかる噛み合わせをしていることや、いずれはこの銀歯もダメになることなど色々話を聞かせていただいたのでマメに受診してその時々の状態を悪くしていかないように努めたいと思います。この度は写真がない中分かりやすい説明をしていただき助かりました。ありがとうございました。

ドクトル ビーバー 先生からの回答

僕のクリニックの手順で説明します。
虫歯や、感染した部分を除去し、消毒固定して歯と噛み合わせの安定を確認するために、一時的に、仮のブリッジや、仮の歯を作り、それを仮止めして、数ヶ月は使っていただき、その間に、予防ケアやお口のクリーニングに通院していただきます。歯の内部の消毒固定が完了して問題なければ、仮の歯の修復法で良いか、そのほかの修復法、入れ歯、インプラントなども含め、プランニングして、提示します。内容によっては、専門のクリニックをご紹介します。
予防ケアをマスターしたお口の中は、菌の少ない、歯肉炎や歯肉からの出血もなく、非常に綺麗に、精密に型採り出来るので、最新の接着法なら、50年からそれ以上の安定した状態を維持できます。でも、必ず定期健診は、衛生士さんで診てもらうことが大切で、噛み合わせ調整も必須です。

ドクトル ビーバー 先生
ドクトル ビーバー 先生
ホワイトファミリー歯科(神奈川県川崎市)

ドクトル ビーバー先生の回答一覧

小林 研太郎 先生からの回答

神経の治療の必要性の有無によって通院期間は大きく違ってきます。
すでに神経が取ってあり、虫歯の程度が軽度で根の先に膿が溜まっている可能性がなければ最短2回で終了します。
神経の処置が必要になれば予後のためにも5回から7回程度は覚悟した方がよいでしょう。
レントゲンなどを診てみないとなんとも言えませんので担当医とよく相談の上治療を進めていってください。

小林 研太郎 先生
小林 研太郎 先生
KEN DENTAL CLINIC(大阪府大東市大東町10-21)

小林 研太郎先生の回答一覧

ご回答ありがとうございました。返信が遅くなりすみませんでした。診察をうけたところ、土台に少しだけ初期虫歯がみられ、そこを削り消毒をしていただいた上で、外れた銀歯がまだ使えるとのことで今回はそれを再び被せていただくのみの処置になりました。(あくまでも一時的な処置である前提にて)
そこでも、奥歯に凄く負担がかかる噛み合わせをしていることや、いずれはこの銀歯もダメになることなど色々話を聞かせていただいたのでマメに受診してその時々の状態を悪くしていかないように努めたいと思います。ありがとうございました。

北野 やすひろ 先生からの回答

やすひろ歯科クリニックの北野です。 御質問ありがとうございます。

さて、気持ち的にバシッとお答えさせて頂きたいですが、なにぶん見ていないので推測になることご了承くださいね。


>ブリッジの下にこのような着色があるのは虫歯以外でありえませんよね?
痛みやしみる等はないのでやはり末期なのでしょうか?


虫歯の場合もあれば、そうでない場合や、末期であったりする場合もあります。
今後の治療方法は、
虫歯が大きくて神経が残って入るならば、神経を取ってまた再度ブリッジの場合。

虫歯が小さいならば、虫歯を治してブリッジの場合。

虫歯が大きくて、抜かないといけない場合。 

等色々考えられますね。

後、回数については、先生の考え方や、治療のスピードによりますので、今の主治医の先生に聞かれるのが一番いいですよ。

北野 やすひろ 先生
北野 やすひろ 先生
医)やすひろ歯科クリニック (兵庫県加古川市加古川町備後5-4)

北野 やすひろ先生の回答一覧

ご回答ありがとうございました。返信が遅くなりすみませんでした。診察をうけたところ、土台に少しだけ初期虫歯がみられ、そこを削り消毒をしていただいた上で、外れた銀歯がまだ使えるとのことで今回はそれを再び被せていただくのみの処置になりました。(あくまでも一時的な処置である前提にて)
そこでも、奥歯に凄く負担がかかる噛み合わせをしていることや、いずれはこの銀歯もダメになることなど色々話を聞かせていただいたのでマメに受診してその時々の状態を悪くしていかないように努めたいと思います。ありがとうございました。

ページの先頭へ