下の前歯のひっこみ

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
歯並び・かみ合わせ
お悩みの歯
左上正面から2番目
右上正面から2番目
左下正面から2番目
[写真あり]

すでに歯科医に予約を入れていますが、いろいろな先生にご意見をうかがいたく投稿します。


写真をご覧いただくとわかるとおり、下の前歯が1本だけ内側へ入って来てしまい、唇の内側や舌に
当たり痛いです。
また、液体がうまく飲み込めない(歯の間からこぼれる感覚)ことや、滑舌も悪くなって来ており、治療したいと思います。


今年の始めごろから歯のくいしばりから耳や顎が痛くなり、大学病院の顎関節症科に行ったところ顎関節症で、マッサージをして、上下の歯の接触時間を短くするように指導されました。
それを守っていたところ、顎や耳の痛みはなくなったのですが、顎が左右にガクッとずれるようになりました。大学病院の先生からは顎関節症なのでしょうがないです。マッサージを続けてください。と言われました。また、下の歯のひっこみは歯列矯正するしかないですと言われました。(大学病院はここで治療終了)
歯列矯正はワイヤーのものはどうしてもする気になりません。(大学病院ではマウスピース矯正を行っていなかったため、開業医にかかるように言われました)
マウスピース矯正をしたいのですが、可能でしょうか?


また、歯列矯正以外に直す方法はありませんか?
最近、上の前歯の両隣も押されて後ろにひっこんで来ているような気がしています。
とても気になって毎日マスクをしています。
どのような治療方法があるか、マウスピースで矯正可能か、見た感じで構いませんのでご意見ください。
よろしくお願いいたします。


小林 研太郎 先生からの回答

この写真からだけでは咬みあわせの状態や顎関節症の状態がわかりません。
右下1番が舌側に入って来ていますが、下の親知らずが横向きに生えて押して来たのか、歯周病が進んだのか、咬み合わせが変わったのかなどレントゲンで確認しないとなぜ歯並びが崩れてきたのか原因がわかりません。
顎関節症の治療についても、上下の接触時間を短くするという治療方針は正しいと思いますが、マウスピースなどのバイトプレートによる治療は受けられなかったのでしょうか?


診てみないとわかりませんが、まず矯正の先生に、御自身の歯並びの状態をチェックしてもらいマウスピースでで矯正治療が可能か診察してもらいましょう。
以下に一般的な適応症について述べます。


☆適応症
①非抜歯で治療可能な症例
犬歯のうしろにある小臼歯を抜歯して歯の移動をする場合、歯を移動する距離は大きくなります。
このようなケースでは治療期間が、ワイヤーによる治療に比べて長くかかります。
また、抜歯症例では、歯の根の向きをそろえなくてはならないケースが多いため、適応症は限定されます。
②歯の根の移動が必要ない抜歯症例
マウスピースによる歯の移動は、萌出している歯の頭の部分のみを動かす、歯の傾斜移動は容易なのですが、骨の中にある歯の根の向きをコントロールして移動する平行移動は難しいです。
③ブラケットによる最終治療のできる抜歯症例
歯の移動距離の問題や、歯の根の向きのコントロールをしてゆく問題はマウスピースで可能なところまで歯を移動した後、最終段階で、通常の矯正装置により最終仕上げをすれば解決します。2つの治療技術をコンビネーションする方法であり口腔内にワイヤーを装着する期間を短縮することができます。
④1日20時間以上の使用が可能な方
マウスピースによる矯正装置は、患者さんがご自身で装着することによって歯の移動がおこる装置です。
1日20時間以上使用しないと歯が目的の位置まで移動しませんので、使用時間が少ないと期間が延びたり、結果が思わしくないということもあります。
基本的に、食事中、歯磨き以外の時間は、装着するのが望ましい装置です。


添付された写真だけからですが、下はともかく上は抜歯しないと歯列が並ばないように見えます。
矯正相談は無料でされている医院も多いのでまずは相談だけでも受診されてみてはいかがでしょう。

小林 研太郎 先生
小林 研太郎 先生
KEN DENTAL CLINIC(大阪府大東市大東町10-21)

小林 研太郎先生の回答一覧

小林先生

早々にご回答いただきましてありがとうございます。
確かに下の親知らずが横向きに生えて押して来たため、5年くらい前に
親知らずを全て抜きました。それが影響したのでしょうか。
顎関節症科では、顎の痛みがなくなったからか、
マウスピースでの治療の提案はありませんでした。
ワイヤー矯正はどうしても抵抗があるため、マウスピース矯正を検討したいと思います。
その際、抜歯か歯を削る必要があることは、みなさん共通のご意見のようなので、覚悟
して歯医者に行こうと思います。丁寧かつわかりやすいアドバイスありがとうございました。

高橋 和明 先生からの回答

こんにちは。御相談、拝見いたしました。おそらくマウスピースでの治療も可能だと思います。
ただ、並べる為のスペースを確保する為に歯を一本で最大、0.5㎜必要量削る必要が出てくると思います。(その後にその部位を修復する必要はありません)
歯を抜く事も考えられますが、一般的には歯を抜いての治療にはマウスピースの矯正は向きません。


又、マウスピースの矯正ではマウスピースを一日19時間以上使用する事が必要になりますのでお時間が守れるかどうかが非常に重要になります。

高橋 和明 先生
高橋 和明 先生
KAZ矯正歯科(東京都千代田区神田神保町2-9)

高橋 和明先生の回答一覧

高橋先生

早々にご回答をいただきありがとうございました。
抜歯を伴う歯列矯正にはマウスピースは向かないと言うことでしょうか。
削る程度で済みそうであれば良いのですが…
上の歯は中心に押されている感じがするので、
もしかしたら顎のスペースが結構足りないのかもしれません。
削る程度で大丈夫か、抜歯が必要か、
じっくり話を聞いて来ようと思います。
丁寧でわかりやすいアドバイスありがとうございました。

国井 隆一 先生からの回答

はじめまして。
写真だけでは正確な診断することはできませんが、歯と顎のバランスが悪く、下顎右側の前歯以外にも上顎左右2番目の前歯も内側へ入って咬み合わせが不安定な状態ですね。
矯正治療により顎関節症の症状が完治するとは限りませんが、少なくとも液体が飲み込みにくく、滑舌も悪く、唇の内側や舌に当たり痛みがでるなど、日常生活に支障がでているなら、矯正治療を
お勧めします。
治療方法としては、顎の大きさによっては抜歯して隙間を確保するほかに、ディスキング(IPR)という歯の幅を少し削るこで隙間を作りデコボコを治す方法などあります。
もしワイヤー矯正でなくマウスピース矯正での治療を希望でしたら、マウスピース矯正専門の医院(治療経験の豊富な医院)で相談してもらい、直接お口の状況を診てもらったほうが良いですね。

国井 隆一 先生
国井 隆一 先生
くにい歯科・矯正歯科(栃木県宇都宮市)

国井 隆一先生の回答一覧

国井先生

早々にご回答いただきありがとうございます。
やはり顎と歯のバランスが悪いのですね。
日常生活において支障がありますので、
矯正で治るのであれば、ぜひ直したいと思います。
歯を削る方法があるとのことですので、
できるだけ抜歯は避けたい旨、歯医者さんにお伝えしようと思います。
予約したのはマウスピース矯正で有名な病院なので、
じっくり話を聞いて検討したいと思います。
丁寧でわかりやすいアドバイスありがとうございました。

横谷 浩爾 先生からの回答

お口の中を写真で拝見いたします限り、マウスピースでの治療は可能と思われます。
ただし、マウスピースは奥歯の咬む面も覆ってしまうので、マウスピースを咬んだ状態で生活しなければなりません。
顎関節症を持っている方は、マウスピース装着中は関節症状が憎悪することがあります。

また、通常の咬む顎の位置が安定していなければ使用は難しくなります。
一回一回咬む位置が異なると、最終の治療設定がしにくいので、これも気を付けなければなりません。
これらがクリアできればマウスピース治療は可能と思われます。

横谷 浩爾 先生
横谷 浩爾 先生
青山外苑矯正歯科(東京都港区南青山2-26-37)

横谷 浩爾先生の回答一覧

横谷先生

お礼が遅くなり申し訳ありません。
丁寧なご回答ありがとうございました。
矯正専門の先生に見ていただいたところ、前歯に2本乳歯があることで矯正が
難しくなると言われてしまいました。
忘れていたのですが、私は乳歯がまだ残っています。
先生曰く、矯正をすると乳歯が抜けてしまう可能性があるそうです。
乳歯をどすうるかをまず考えなければということと、上の歯については
親知らずがまだ生えていないため、埋没していないか調べる必要があるそうです。
上の歯の親知らずも横向きに生えているかも…次回レントゲンを撮って詳しく
見ていただきます。乳歯をインプラントにして歯列矯正するという話であれば、
あまりにも費用がかかりすぎるので、ブリッジでもいいかなと思い始めています…
悩みが深くなってきてしまいました。

北野 やすひろ 先生からの回答

>マウスピース矯正をしたいのですが、可能でしょうか?  

ネットでは診断が出来ませんので、推測でお答えさせていただきますね。

もしかすると矯正ならば抜歯が必要な症例かもしれません。抜歯してのマウスピース矯正は、難しいので慣れている先生にして頂くのがいいかもしれません。


>歯列矯正以外に直す方法はありませんか?

最終ゴールが、どのような状態を思っているかわからないので、何ともいえませんが矯正が一番いいのではと思います。装置がどうしても嫌ならば、いいことは全然ないのですが削ってかぶせて奇麗にしていく方法も
ありますが、上手くない先生がすると何年かすると・・・・・。    

とりあえずは、矯正歯科で相談されるのがいいと思いますよ。 

北野 やすひろ 先生
北野 やすひろ 先生
医)やすひろ歯科クリニック (兵庫県加古川市加古川町備後5-4)

北野 やすひろ先生の回答一覧

内野 篤 先生からの回答

はじめまして

写真だけでは最終的な診断をすることはできませんが、スペース不足による凸凹の歯並びですので、治療に際して歯を並べるスペースを作る必要があります。
スペース不足を解消する方法として、「歯を削る、歯を抜く、顎を拡大する」という治療法がありますが、ご質問の「マウスピース矯正」は歯の傾きの治療が難しいため、歯を抜く治療には向いていません。
かといって、アンカースクリュー(インプラント)を使わずに顎を拡大すると出っ歯になってしまいますので、写真の状態で「マウスピース矯正」を行う場合は、歯を削ることが必要になると思います。


歯を削るといっても、虫歯の治療のように大きく削るわけではありませんので、1本あたり0.5ミリ程度が限度となります。0.5ミリ削っても、歯がしみたりすることはありませんが、歯の表層にあるエナメル質の厚さが半分になってしまうため、今後のお手入れが悪いと虫歯になり易くなります。


写真を拝見しますと、0.5ミリずつ16本削った場合でも、歯の凸凹は治せても口元を後退させることは難しいと思いますので、横顔まで改善したい場合には抜歯治療が望ましいと思います。


表からの治療治療に抵抗がある場合は、裏側から治療する方法もありますので、横顔の改善まで希望される
場合は、抜歯治療による裏側矯正を検討されることをお勧めします。

内野 篤 先生
内野 篤 先生
一ツ葉矯正歯科クリニック(神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町)

内野 篤先生の回答一覧

ページの先頭へ