かみ合わせについて

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
歯並び・かみ合わせ
お悩みの歯
右下正面から5番目
右下正面から6番目
右下正面から7番目

ご質問が2つあります。


1、下の6番の歯が外側に傾き、かみ合わせがあわなくなってしまいました。
この1本だけを元の位置に戻すのは難しいといわれ、内側の当たっている部分を削りました。
しかし、外側のあたりが少しよわいままになってしまっていて、気になります。
調整できるものでしょうか。


2、下あごを前に出したとき、仰向きに寝たときに、奥歯の高さがつっかえます。
片側だけです。もう片方は、あたりません。
上下のかみ合わせとしては、どちらが正解なのでしょうか。

よろしくお願いします。


小林 研太郎 先生からの回答

診てみないと解かりませんが、
1、調整はできます。
この1本だけを元の位置に戻すのは難しいといわれ、内側の当たっている部分を削りました。
とありますが、MTM(小矯正)で元に戻すことも可能だと考えますがどうなんでしょう。
2、に関しても、診ていないのでなんとも言えませんが、通常咬合調整は起きた状態でします。
寝たとき多少ずれるのは問題ないと考えますので、起きたとき、食事するときに合っているならあまり気になさらない方がいいと思います。
かかりつけ医とよく相談して治療を進めて行ってください。

小林 研太郎 先生
小林 研太郎 先生
KEN DENTAL CLINIC(大阪府大東市大東町10-21)

小林 研太郎先生の回答一覧

お返事ありがとうございました。

先生の場合、どうなさるか参考までに教えていただきたいのですが・・・

6番の歯は、内側の突起の部分はもう削ってしまったのですが、その状態からでも矯正できるならしたほうがいいと思いますか?

よろしくお願いします。

北野 やすひろ 先生からの回答

1>どのようになっているんでしょうね。
文面だけでは、よくわからないですね。

違う医院で診ていただいたほうがいいかもしれませんね。

2>さてどちらが正解なんでしょうね こればっかしは、診ないとわからないかもです。


力に慣れなくてすいません。

北野 やすひろ 先生
北野 やすひろ 先生
医)やすひろ歯科クリニック (兵庫県加古川市加古川町備後5-4)

北野 やすひろ先生の回答一覧

お返事ありがとうございました。
ほかの医院に相談しに行ってみようと思います。

古館 隆充 先生からの回答

これは、わからないですね。担当の先生に精査してもらってください。セファロを撮って普通は判断
するのですが、これだけでは診断できません。

古館 隆充 先生
古館 隆充 先生
医療法人 フルダテ歯科(青森県青森県八戸市内丸3-9-9)

古館 隆充先生の回答一覧

お返事ありがとうございます。
担当の先生とよく話し合ってみます。
セファロというのが、どのようなものなのかがわかりません。
ご説明いただければうれしいです。

辻田 義展 先生からの回答

かみ合わせが合っていないと、本当に気になるものですよね。これは、経験した者でないと分からないかもしれません。


単純に当たっているからといって削るのは、賛成出来ません。応急処置として必要な場合もございますが、しっかりと現在の状態を診断し、そのようになった原因を見据えた上で、治療・処置を行う必要があります。


ご質問の文面からしますと、
1,歯が傾いたというのは、歯がグラグラ動いてるをいうことでしょうか?他の歯がそうならないためにも、全体的に調べる必要がありそうです。内側を削り、外側が弱くなって気になるとのことですが、原因を解決しないかぎり、また問題が起こるように思われます。


2,について、専門的な話になりますが、かみ合わせの理論では、下顎を出して前歯で噛んだ場合、奥歯が当たらないのが理想とされています。ただ、実際起きている時に上下の歯が接触するのは、ごくわずかで、最近ではパラファンクションといい、実際の機能時だけではなく、寝ている時であったり、無意識のうちにくいしばったりというのが問題視されています。
どちらにしても、かみ合わせの基準が、顎の関節にあるということを理解し、かみ合わせを診断、調整する必要があります。
一番気になったのは、片方だけ当たるということです。おのずから、そのあたってる方に負担がかかり、次に問題が起こりそうです。どのかみ方が正解かと悩まなければいけないような状態自体、正常では無いように思います。

しっかりと、かみ合わせの診断をし、説明してくれる歯科医に出会われることをお祈り致します。

一般的に日本では、あまり咬合診断というのを行なっていないようですが、我々のグループでは、先ず”デンタルドック”でお口の中は勿論、お口の機能に関係する全体を検査し、そのことを十分ご自身で理解して頂く、というシステムをとっています。
   

辻田 義展 先生
辻田 義展 先生
辻田歯科医院(大阪府守口市)

辻田 義展先生の回答一覧

お返事ありがとうございます。

動いた原因で思い当たるのは、夜間使っていたマウスピースです。
現在マウスピースは使っていませんが、原因を取り除けば、それ以上動くことはないのでしょうか。


かみ合う位置が定まらず、現在は自分で確認してしまう癖があります。
でも無意識に、ぶつかってしまう歯があることも確かです。


>単純に当たっているからといって削るのは、賛成出来ません。
先生でしたら、どのような手順でかみ合わせの調整をされるのでしょうか。
教えていただけますか?

よろしくお願いします。

辻田 義展 先生からの回答

こめこ さん

お返事有り難うございます。

歯が動いた原因で思い当たるのが、マウスピースとのことですが、本来、マウスピースを装着することによって歯の動きを抑制する効果があるくらいだと思うのですが。まあ、マウスピースのタイプや材質にもよるかもしれません。

かみ合う位置が定まらないというのは、非常に問題だと思います。

どういう状態か分からず、こめこさんの言葉だけで判断してるので、回答が適切かどうかわかりませんが、しっかりとかみ合わせを診断してくれる歯科医院を見つけて下さい。
当院のかみ合わせ調整の手順ですが、先ずは、診断ありきです。

診断した上で、こめこさんご自身が理解し、納得した上で、治療に望んで下さい。
一刻も早く、かみ合わせが改善することをお祈り致します。

辻田 義展 先生
辻田 義展 先生
辻田歯科医院(大阪府守口市)

辻田 義展先生の回答一覧

辻田先生
お返事ありがとうございます。
ひとつご質問させてください
通常、自然に上下の歯を触れさせた位置と、かみこんだ位置というのは違う位置になるものでしょうか。

現在の噛み合わせ治療では、かみこんだ位置で調整しているため、自然に上下の歯を触れさせたときに必ずあたってしまう歯が未だにあって、不快です。
また、噛みこむと、自然に上下の歯を触れさせたときと、中心や前後(左右でねじれる)がずれてしまいます。
(私の「顎の位置が定まらない」というのは、このことが大きく関係しています)
担当の先生にはお伝えしていますが、それは噛み合わせと関係ないと言われていまして、先生ならどうお考えになるかをお聞きできたらと思います。
よろしくお願いします。

辻田 義展 先生からの回答

こめこさん

お返事頂いてましたのに、回答が遅くなり、失礼しました。

軽く口を閉じた時に、最初に当たる場所と、そこから全体を咬み合わせた場合の位置が違うというのは、実際よくあることです。しかし、こめこさんご自身がそれに気づかれたというのは、すごいことです。

担当医の方針は、良く分かりませんが、こめこさんの状況は、おおよそイメージ出来ます。

我々は、かみ合わせの基準は、顎関節にあると考えております。アメリカのPankey Philosophyというのを基に、PMSという咬合理論で歯科治療を行なっております。
つまり、本来は、軽く閉じた時に、全体の歯が接触し、安定するのが理想であり、そのためにどうするかを診査・診断した上で治療は行います。

きちんと診断を受け、納得してから治療を開始されることをお勧めします。

辻田 義展 先生
辻田 義展 先生
辻田歯科医院(大阪府守口市)

辻田 義展先生の回答一覧

ページの先頭へ