かみ合わせ

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
歯並び・かみ合わせ
お悩みの歯
左上正面から6番目
左下正面から6番目
左下正面から7番目

去年、上の6番の歯が欠けたのがきっかけでかみ合わせが低くなり前歯が当たる状態が半年ほど続きました。
今年1月治療を開始。その途中、高くするためとかで下のほうの6・7の歯のかぶせをいきなりはずされました。
そのあと上の歯に詰め物をしたり7番に小さい義歯をつけたりしてくれました。
下は長い間プラスチックで調整してくれましたが赤い紙をギリギリして検査する時の私の噛み方が強すぎたのか、いつも削るばかりでつるつるで満足な時は一度もありませんでした。
5月末、やっと金属で型をとって入れてくれました。
それまでと比べていい感じの気がしたのですが、すぐギリギリというチェックをされて金属を削られ、また低い感じになりました。そう言うと気分を害されたのか作り直すとのこと。
私は削る前の金属の形のままにしてくれるのかと思ったのですが、1段階高くしたとのこと。
するとめちゃめちゃ高い感じになりました。
なのでこの1か月食べ物を丸呑み状態です。
でも高くなったからか一時肩こりが治ったような気もします。
ただ食べ物がまるで石を食べているような感じで耳の下がぼーっとしたり、あごがずれてきたような気もしたり。
このまま慣れていったほうがいいのでしょうか。
あごのすじが伸びてしまっておかしくなりませんか。
20年ほど前、顎関節症になって長いことかかって治ったいきさつもあります。
先生には高いことを訴えるのですが、今まで削りすぎたと思っているのかもう赤い紙でギリギリという検査さえしてくれず、再三の訴えでやっと一度だけ上の詰め物を少しけずってくれました。
少しましになりましたがまだ食べる時のすりつぶしができません。
また下2連の金属のかぶせは、何度もはずしたためにもとの根がボロボロになったようで(仮付けのときすぐ外れたので自分で見えました)またいきなり何も言わずに本付けでしっかりと接着されたようで、もう外せないです。
もうどうしたらいいのかわからなくなってしまい相談させてもらいました。
長々と申し訳ありませんでした。


古館 隆充 先生からの回答

咬みあせは、一番むずかしいですね。試行錯誤でカリバで様子をうかがうしかないです。ですから、カリバで高さの判断をします。カリバが最終的な顎の位置関係になります。それを再現することが大切です。1回で決めて最終的な補綴物を製作するのは困難ではないでしょうか?あまり、そういうかみ合わせの得意としていない先生も確かにいると思います。先生を信頼することができるか?また、先生も信頼できる技術があるのか?で決まると思っています。参考までにしてください。その先生がだめな先生と言っているのはないですよ。

古館 隆充 先生
古館 隆充 先生
医療法人 フルダテ歯科(青森県青森県八戸市内丸3-9-9)

古館 隆充先生の回答一覧

辻田 義展 先生からの回答

初めまして、辻田と申します。

咬み合わせの不具合は、本当に不快なものです。
一刻も早く改善されることをお勧めします。

しかしながら、このような経験をされたあとでは、ほんとうに心配で素直に治療も受けられないのではないでしょうか?

先ずは、相談してみて、咬み合わせの診断を受け、充分に今の状態の説明を受けることです。
すぐにやり変えたりする必要は無いと思います。一度削った歯は、元には戻りません。

かみ合わせは、全体的なバランスですので、一本二本だけを診てては、きちんと調和を図ることができません。

何よりも、十分納得できる説明を受けてから、治療をされることが重要です。
どうぞ、お大事になさって下さい。

辻田 義展 先生
辻田 義展 先生
辻田歯科医院(大阪府守口市)

辻田 義展先生の回答一覧

古川 益弘 先生からの回答

ハローさんと、担当歯科医の考えている理想の噛み合わせが、
共通のものではないのかもしれません。
とくに奥歯での、すりつぶしの運動時の考え方は、相当に違うかもしれません。
じっくりと、担当歯科医と話し合う必要があるかもしれません。

古川 益弘 先生
古川 益弘 先生
古川歯科医院(千葉県八街市)

古川 益弘先生の回答一覧

小林 研太郎 先生からの回答

 診てみないとわからないのですが、反対側つまり右側の咬み合わせはどうなっているのでしょうか?
通常左側6番7番のクラウンを入れるケースでは右側の6番7番と同じ当たりになるように高さを調整していきます。
根がボロボロでも土台を入れてからクラウンを入れているならば、2連冠くらいなら本付けしてても簡単に外せますよ。
一度右側の咬み合わせと合わせて左側の咬み合わせをチェックしてもらって下さい。

小林 研太郎 先生
小林 研太郎 先生
KEN DENTAL CLINIC(大阪府大東市大東町10-21)

小林 研太郎先生の回答一覧

高橋 靖子 先生からの回答

回答します。
 おそらくかぶせ物が取れる前から何らかの顎関節の症状があったのではないでしょうか。元々の噛み合わせから、奥歯の高さが圧縮していて下の前歯が上の前歯の裏側を噛みこむような状態だったと思います。通常このような場合常に顎関節に過大な咬合力が加わりそのことから口が開けにくかったり、また顎の痛みなど生じます。歯に対しては摩耗(すり減り)のような形で現れることが多いと思います。
 一度噛みあわせの動きなど検査してもらいその後マウスピースなどを使い顎の関節の負担を和らげる方法をとられてはいかがでしょうか? マウスピースにより噛みあわせの負担が軽くなると顎関節の動きも柔軟になると思います。現時点でかぶせ物は取れない状態にしてもらい一旦マウスピースなどによる治療を行われる方はよろしいかと思います。
  お大事になさってください。


高橋 靖子 先生
高橋 靖子 先生
北園 ゆり歯科クリニック(東京都練馬区)

高橋 靖子先生の回答一覧

北野 やすひろ 先生からの回答

ページの先頭へ