30代後半、矯正は可能ですか?

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
歯並び・かみ合わせ
お悩みの歯
左下正面から1番目
左下正面から2番目
左下正面から3番目
左下正面から4番目
右下正面から1番目
右下正面から2番目
右下正面から3番目
右下正面から4番目

八重歯が二本生えていることが、若き頃はよかったのですが30代後半になって、口元の表情に違和感を抱くようになりました。
時々上唇が八重歯でひっかかかるようにもなり、八重歯の先が唇にあたることでキズができ出血する機会も増えてきてしまいました。
矯正治療は、費用がかなりかかると聞いていたのもあって、治療へ踏み出す勇気が中々もてなく30代後半まできてしまいました。
私の友人で、矯正でとても大変な思いをしていた記憶があり、矯正のネジが口腔内にひっかかり、そのキズから口内炎がたくさんできてしまい食べ物も食べられなく朝起きると口もあけることさえも出来なくただ痛みと戦いながら過ごしていた友達がいました。
見ていて大変だなっと言う記憶が今でも残っています。
これもかなり前のことなので、昔と今では矯正治療もずいぶん進捗し状況がかわっているのかなっと思ったりします。費用について調べても、軽自動車が買えるくらいの金額がかかると聞いたりしますと予算的な部分でも踏みとどまってしまいます。
矯正期間も2年という月日は、正直長く治療を受けるのであれば、納得して決心をしたいと思ったりしています。
矯正治療での、メリット・デメリットなど具体的に教えていただけませんでしょうか?
ちなみに30代後半からでも矯正も可能ですか?回答よろしくお願いします。


福島 正樹 先生からの回答

ナットさん、こんにちは。
デンタルサロン青山の福島です。

30代後半でも矯正治療は可能と思います。
治療期間などはレントゲンなどをはじめとした検査・分析が必要となります。

治療装置も進歩しており、歯と同じ色の装置やマウスピースによる矯正装置などもあります。また、メリット・デメリットは治療方法により変わってきます。

矯正相談(カウンセリングなど)無料で行われている矯正専門クリニックもありますので、不安なことや疑問点など十分に説明して頂きご納得されることがよいと思います。

福島 正樹 先生
福島 正樹 先生
デンタルサロン青山(東京都港区南青山4-2-6)

福島 正樹先生の回答一覧

小林 研太郎 先生からの回答

 どれくらいガタガタなのか?奥歯はきちんと咬み合っているのか?出っ歯なのか?受け口なのか?など・・・・。
それによって矯正治療法や費用も変わってきます。
年齢は30代後半なら問題ないでしょう。
矯正治療は基本的に自費治療(保険外治療)です。
自費治療ですので医院によって費用は異なりますが、上下だと一般的な矯正治療だと50万円~80万円くらいでしょうか?
これも歯並びの崩れ具合によって変わってきます。
今は舌側矯正やマウスピース矯正もできますし、もしナットさんの気になる下の前歯だけの矯正ですむなら30万円程度でマウスピース矯正されている医院が多いんじゃないでしょうか。
矯正相談は無料でされている医院も多いですので一度気軽に相談だけでもしてみてから決められたらいかがでしょう。
最後に歯科矯正のメリット・デメリットについて述べておきます。

☆歯列矯正のメリット

①歯並びの改善で顔つきが良くなる
 歯列矯正は歯並びを改善することによって口元が変化し顔の印象を大きく変えてしまいます。
人の顔つきは骨格によって決定するものですが、歯並びが悪いと咬み合わせがずれて顎の位置が前後してしまい実年齢より老けた感じになったり、左右非対称の顔立ちになったりしてしまいます。
歯列矯正を行うことによって、歯並び・咬み合わせが正常化されて顔のバランスが良くなり、顎のラインや笑った時の口角の上がり方がすっきり整います。

②歯の隙間が無くなり発音が明瞭になる
 歯列矯正では「ブラックトライアングル」と呼ばれる歯の隙間を塞ぐように補正されます。
これによっていわゆる「すきっ歯」が無くなり見た目が良くなります。
そしてすきっ歯がふさがったことによって発音も明瞭になるのです。
自分で発音に気を付けていても歯並びを直さない限りすきっ歯による発音は治らないのです。

③歯並びの改善がコンプレックス解消につながる
「歯並びが悪い」ということは、歯並びが良い人が思っている以上に大きなコンプレックスとなるものです。
コンプレックスがなくなることで自信を持って日々の生活を送れるようになるでしょう。

④噛み合わせの正常化で運動能力がアップ
 歯列矯正をしなければならないほど歯並びが悪いと歯の噛み合わせにもずれが生じてしまいます。
歯列矯正で歯並びと噛み合わせを治すことによって歯の食いしばりが効くようになって運動能力を最大限に引き出すことができるようになります。
一流のスポーツ選手が歯列矯正を行うのはテレビ映りのためではなく本業での実用性を考えた結果なのです。

⑤歯並びの改善で歯周病を予防しやすくなる
 歯列矯正をしなければならないほどの歯並びの悪さは、歯磨きを妨害する原因になってしまいます。
例えば横の歯と前後互い違いに生える叢生の場合、前後に歯が重なってしまうので歯ブラシの毛が届かない部分が出来てしまい歯垢がたまってしまうことがあります。
歯磨きが行き届かない歯並びは歯垢の蔓延と歯周病の進行を助ける原因となってしまうのです。
歯列矯正によって歯並びを治すことで歯磨きがしやすくなり、歯周病を防ぎやすくなります。歯周病を防ぐことで歯をより長く使うことが出来るようになるというわけです。

☆歯列矯正のデメリット

①費用が高い(健康保険が効かない)
 歯列矯正は、口蓋裂のような先天的な歯列異常や外科治療が必要な顎関節症でない限り、健康保険の対象外で自由診療となります。
自由診療なら保険が効かなくても、医療費控除が受けられるので長期的には保険診療と同じ程度の出費に収まるのですが、短期的に考えれば大きな負担が掛かるということには変わりありません。

②痛くて物が食べづらい
 ワイヤー矯正の場合、矯正中は常に歯と骨をワイヤーで引っ張っている状態のため動かすだけでも激痛を感じるものです。
そのため頻繁に顎を動かすことになる食事の際は、非常に痛い思いをすることになります。
箸が歯にあたっただけでも痛いというように固形物が食べられる気がしません。
おかゆや軟らかく煮た野菜類など調理に手間をかけたものでなければ食べられないほど痛む人もいるほど矯正中は食事に難儀するのです。

③矯正に時間が掛かる
 矯正法や利用を受けるタイミングにも左右されますが、歯列矯正は矯正完了までとにかく時間が掛かるものです。
成人だと矯正完了まで1~2年は見ておかなければなりません。
最近では未就学児に歯列矯正を行えば成人よりも矯正期間が短縮できることが分かっていますがそれでも長期間の矯正になることには何ら変わりありません。

④矯正が終わっても治療は続く
 長かった矯正が終わり、口内から矯正装置とワイヤーが取り除かれても歯列矯正は終わりではありません。
矯正装置を外した後は「リテーナー」と呼ばれる装置を歯に装着して「保定」と呼ばれる治療段階を行っていくことになります。
保定処置を行わないとせっかく矯正した歯列は、時間の経過とともに矯正前の歯列に逆戻りしてしまうのです。
リテーナー装着による保定処置は矯正装置をつけていた期間と同じだけの時間が掛かります。それに加えて数か月ごとに歯科医の診断を受けなければならないのです。

小林 研太郎 先生
小林 研太郎 先生
KEN DENTAL CLINIC(大阪府大東市大東町10-21)

小林 研太郎先生の回答一覧

矯正のメリットとデメリットの詳しい内容を教えていただきありがとうございます。
より矯正治療を始めたいという気持ちが高まり早く始めたいと思いました。
休日にでも歯医者へ足を運んで私に合う矯正方法や費用などの相談をしてみたいと思います。

坪井 佳子 先生からの回答

ナットさんこんにちは。

大人になって矯正する方も最近ずいぶん増えています。以前は子供がするようなイメージがあったかもしれませんが、大人になってから、やっぱり矯正したいという方は多いですよ。
大人になってからでも遅くありませんし、一生自分の歯で食べていくには、大人になってからでも早めに矯正治療した方がいいのです。その理由は、加齢とともに、歯茎の状態がどうしても弱っていきますから、悪い歯並びはさらに悪くなっていくことが多いからです。

材料の進歩や、技術の進歩で、矯正治療も日進月歩、かなり変わってきて来ていて、痛みの少ない装置になっています。見た目にも目立ちにくいものや、早く歯が動きやすい装置など、いろいろありますから、一度勇気を出して矯正専門医をいくつか受診してみてくださいね。ご自分に一番あったところで、納得して治療されるのがいいと思います。


坪井 佳子 先生
坪井 佳子 先生
なかよし矯正歯科クリニック(岡山県岡山市中区原尾島3-8-17)

坪井 佳子先生の回答一覧

国井 隆一 先生からの回答

ナットさんこんにちは。
昔は「矯正治療」と言うと子供が受けるものだという印象をお持ちの方も多いかと思いますが、大人になってからでも歯並びは治ります。最近は子供から大人の方まで幅広い年代の矯正治療を行っています。
特に大人の方は社会人になって、相手に対して好印象に見せるために矯正治療をする方が増えてきてます。

メリットとしては、
1.見た目が良くなる。
2.歯磨きなどがしやすくなり、虫歯や歯周病になりにくくなる。(歯の寿命が長くなる)
3.食べ物を噛む能力が上がり、胃腸への負担が軽減する。
4.きれいな発音ができるようになる。。
5.健全な咀嚼運動は脳の血流を促進し、老化防止にもつながる。

デメリットとしては、
1.多くの時間、費用がかかる。(平均治療期間:1~2年)
2.矯正装置が付くことで、話づらくなる。
3.細かい矯正装置が付くため、しっかり歯のケアを行わないと虫歯が出来てしまう恐れがある。

最近は目立たない装置や、取り外しのできるマウスピースタイプの装置があります。
矯正治療は長い期間をかけてしっかり治していきますので、ナットさんに合った治療方法を矯正の先生と相談した上で決めていただければと思います。

国井 隆一 先生
国井 隆一 先生
くにい歯科・矯正歯科(栃木県宇都宮市)

国井 隆一先生の回答一覧

大村 克彦 先生からの回答

ナットさん今日は、大村矯正歯科の大村です。
原則的に、矯正治療を開始するときの年齢に制限はありません。ただし、重度の歯周病があり、歯の移動に耐えられない場合や極端に歯の本数が少なくて歯と歯の間が空きすぎる場合は、できないこともあります。
通常、矯正治療前には、X線、歯型、写真などの必要な資料を取って、歯や歯槽骨、顔の骨格の状態を確認分析し、移動後を予測して治療に入りますので、年齢からくる心配はないと思います。
矯正治療のメリットとしては、歯並びや噛み合わせが改善されると自浄性(自然に歯の汚れを落とす力)が増すと伴に、歯磨きもし易くなりますので虫歯予防につながります。出っ歯や八重歯になってる(歯が出てる)場合では、歯が後退するにつれ口元も改善するので唇が閉じやすくなります。歯の影響で唇が閉じずらく口呼吸になっていた場合では、口呼吸が改善されると伴に、口の中の湿度も保たれる様になるので、歯周病も改善する場合があります。そして、歯並びの悪さがコンプレックスになってる場合では、解消されることで自信が持てたり笑顔が増えたりします。そのことから他人からは好感をもたれたりすることもあります。
デメリットとしては、上下顎の治療をすると金額が高い(全ての歯を対象にすると一本あたり2万円~3万円程度)。分割払いが可能なところも多いです。
治療期間が長い(およそ2年~2年半程度、但し通院はほぼ月1~2回)。使用装置は目立つものが多い(中には目立たないものもある。選択可能)。
使用装置によっては痛みが出ることがある。マルチブラケット装置(歯に針金を付ける装置)では、調整する度に歯が浮いたようになり、噛むと痛みが出るのが3日ぐらい続き一週間ほどで痛みは消える。
詳しくは一度矯正の先生と相談して見てください。治療するかしないかは、その後に決めても問題はありません。

大村 克彦 先生
大村 克彦 先生
大村矯正歯科(秋田県秋田市楢山登町2-33)

大村 克彦先生の回答一覧

北野 やすひろ 先生からの回答

当院でも50代からでも矯正治療される方増えていますよ。

>費用について調べても、軽自動車が買えるくらいの金額がかかると聞いたりしますと予算的な部分でも踏みとどまってしまいます。

そうですね、決して安医というわけではありませんものね^_^; さて個人的に思っている相場ですが大体60~100万円ぐらいだと思っています。

ただ、自費治療ですので医院によって費用がまちまちですね。 支払方法も色々だと思います。

期間は大体ですが2~3年はかかると思われていほが楽だと思います、すぐにはやはり終わらないことが多いですね(^_^;)

>矯正治療での、メリット・デメリットなど具体的に教えていただけませんでしょうか?

これに関しては、色々HPで歌ってることが多いので、割愛させていただきますが、メリットはやはり綺麗で咬めるということと、歯が長ちする可能性が高くなるように思います。
デメリットは、時間がかかる 高い 痛いときがあるでしょうね。

しかし、高いといいましても、お金の価値観は人によって違いますのでそんなものだとおもう人もおられますよ。

高いと思われたらやめたほうがいいですよ。

あと矯正歯科で相談されるのであれば必ず2~3件は行かれてくださいね。

先生やスタッフとの相性や費用 等考えて決められてくださいね。

北野 やすひろ 先生
北野 やすひろ 先生
医)やすひろ歯科クリニック (兵庫県加古川市加古川町備後5-4)

北野 やすひろ先生の回答一覧

高橋 和明 先生からの回答

こんにちは。
ご相談拝見いたしました。矯正治療のメリットは見た目の改善もさることながら、虫歯や歯周病の予防にも最適だと思います。しっかり磨いていれば虫歯や歯周病にはならないと思いがちですが、実際にはそれほどパーフェクトに磨くことは難しいです。
それよりも、状態を整える方が予防につながりますし、歯並び・かみ合わせのいい人の方が将来的に残っている歯の本数も多い様です。
歯を失ってしまえばなんだかの形で人口の歯を入れる必要性が出てきます。
そういった煩わしさや、それにかかる費用を考えれば矯正治療に投資する費用は、一時的には高くても将来的には十分見合うものだと思います。
デメリットは期間の長さ、費用、装置を装着していることの煩わしさ、治療中にメンテナンスを怠れば虫歯や歯周病になる可能性、また、わずかですが歯の根が短くなることなどがあげられます。
メリットデメリットもその方の状態によっても変わりますので、一度矯正歯科でご相談だけでもされてみてはいかがでしょうか?
また、矯正治療にご年齢は関係ありません。一つの大きな基準としましては、歯周病にかかっているかどうかです。こちらもレントゲンで判断が可能です。

高橋 和明 先生
高橋 和明 先生
KAZ矯正歯科(東京都千代田区神田神保町2-9)

高橋 和明先生の回答一覧

Dr 松田 先生からの回答

ナットさん 初めまして

当院でも最近は 成人矯正が増加傾向にあります。 健康の為、或いは 対人関係の為・・・理由は様々でしょうが、自己投資をされる方が増えている ということだと思います。 30代後半は 年齢的に矯正治療に全く問題のない時期と思われます。

「インビザライン」というマウスピース矯正装置を製作しているアライン・テクノロジー・ジャパンによるアンケート調査によりますと 「(もともと)歯並びが良くない人」の割合は、日本61.0%(122名)・アメリカ58.0%(116名)・中国71.5%(143 名)で各国大きな差はありません。しかし、そのうちの矯正治療率は、日本21.3%(26名)・アメリカ50.0%(58名)・中国23.8%(34名)でした。
また 日本に住む外国人100名に、日本人の歯並びに対する印象について聞いたところ、「日本人は歯並びが良い」と回答した人はわずか4%(4名)にとどまり、76%(76名)が「歯並びが悪い」と回答しました。
更に 歯並びが良くなく未治療の人のうち「治療したいと思う人」の割合は、日本54.2%(52名)・アメリカ79.3%(46名)・中国85.3%(93名)で、日本は海外に比べて矯正治療率・治療意向ともに低い結果となりました。

好むと好まざるに拘わらず グローバル化は今後も進んでいくでしょう。綺麗な歯並び、白い歯が常識となっている国々からすれば 日本人の歯並びの悪さは奇異に感じるかもしれません。
グローバルな対人関係において、商談において 決してメリットとなることはないでしょう。

勿論 矯正治療期間には 様々な忍耐も必要になると思われますが、綺麗な歯並びを得ることによって 健康面のみならず 自分への自信がつき、物事に積極的になれたり 様々なメリットが考えられるのではないでしょうか。

矯正治療は高額な治療なので まずは担当の先生としっかりと相談してみて下さい。

Dr 松田 先生
Dr 松田 先生
松田歯科クリニック(東京都荒川区町屋1-20-12)

Dr 松田先生の回答一覧

中埜 健太郎 先生からの回答

まずは、相談に行ってみてはいかがですか?

自分願い・希望(方法や期間や金額)
すべて、矯正方法により変わってきます。

質問に対して、的確に答えてくれるのか、
ズレた答えを返してくるのか。
いったい、どうなのか!
そのようなやり取りの中で、この先生なら任せたいな!!
という信頼関係が構築されます。

これが大事です。

中埜 健太郎 先生
中埜 健太郎 先生
なかの歯科クリニック(大阪府大阪市)

中埜 健太郎先生の回答一覧

トナカイ 先生からの回答

前略、ナットさん。

他の先生と同意見で30歳後半からでも矯正治療は可能です。

何もかも気軽に相談できる先生と巡り会えると良いですね。

あと料金について一言アドバイスしたいと思います。

費用はやはり軽自動車くらいの料金がかかると思います。

もしナットさんが軽自動車を買うとします。何年乗れますかねェ?

5年いやいやもっと10年。10年経過したらポンコツです。

また中古か新車を買うことになりますネ。

矯正はどうでしょうか?病院でのメンテナンスは必要かもしれませんが、

綺麗な歯並びを継続的に維持できます。

お金とは対価です。予算的に厳しいと思うのであれば、いろいろなデンタル・ローンを

使うのも手でしょう。

逆にお金が貯まって50歳で矯正しますか?20年損しますよネ。

”いつやるのか? いまでしょう!”(予備校の先生風に)

トナカイ 先生
トナカイ 先生
手広デンタルクリニック・鎌倉インプラント・ソフィア・システム(神奈川県鎌倉市)

トナカイ先生の回答一覧

ページの先頭へ