矯正治療中の不安

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
歯並び・かみ合わせ
お悩みの歯
左上正面から1番目
左上正面から2番目
右上正面から1番目
右上正面から2番目
左下正面から1番目
左下正面から2番目
右下正面から1番目
右下正面から2番目

現在矯正中で、歯並びが咬み合っていない状態です。
特に上の前歯と下の前歯は触れあってなく、前歯で固いものがかみ切れなくなってきています。歯は使わないと弱くなっていくと聞いたことがあり不安です。
矯正の先生からは、隙間が空いたので、次から前歯を後ろに下げていきますと言われているので、徐々に咬み合ってくるのだと思いますが、矯正が終わったときに、今使えていない前歯が弱くなっていることはあるのでしょうか。


小林 研太郎 先生からの回答

結論から言いますとまったく弱くなってないとは言い切れませんが、ほとんど気にする必要はないと思います。
矯正前に歯が動くメカニズムについて説明を受けておられると思いますが、歯が動くのは体に備わっている骨の代謝能力によるものです。
歯茎の中には歯槽骨という骨があり、歯を支えています。
この骨と歯根の間には歯根膜という繊維組織があり歯にかかる衝撃をやわらげるクッションのような役割をしています。
矯正装置によって歯に力が加わると歯根膜が引っ張られて破骨細胞ができこの細胞によって骨が吸収され歯が動きます。

咬み合ってない歯が弱くなる。というのは恐らく歯根膜の廃用性萎縮のことを言われているのだと思います。
咬合力が加わらなくなると歯周組織に廃用性萎縮が起こるという報告や、メカニカルストレスが歯根膜細胞にかかると歯骨の破骨細胞性骨吸収が抑制されるという報告があります。

矯正治療は一般的に2年から3年ですし、咬合力は加わらないですが前述のように歯根膜に水平方向から力が加わり続けますので歯根膜が廃用性萎縮を起こし歯が弱くなるとは考えにくいです。

小林 研太郎 先生
小林 研太郎 先生
KEN DENTAL CLINIC(大阪府大東市大東町10-21)

小林 研太郎先生の回答一覧

ご回答ありがとうございます。
難しいですが、矯正中であれば、水平方向の力で私が心配しているようなことが起きるとは考えにくそうですね。
矯正は期間が長いので、矯正をはずした後に、あの時気をつけていれば!となるのが怖いので、相談させていただきました。今の先生に相談しつつ気長に続けたいと思います。

伊東 正志 先生からの回答

こんにちは、下北沢さん。
困り度が大きいようですね。
現在の状態は、矯正医のわたしたちの言葉で言うと前歯が開咬状態になっていて、おそばやラーメンが前歯で噛み切れないのだと推測します。
今後前歯を後方に移動するということなので、前歯が内側に傾斜して上と下の前歯が重なってくる段階に入るのではないでしょうか。
また、今は食べ物が噛み切れないとのことですが、歯に食べ物を介して多少の力はかかると思いますので、全く歯に力が加わらないことはないのではないでしょうか。
まず、ご心配されている理由から、歯が弱くなることはないと思います。
ただ、歯根吸収といって、根っこの長さが短くなることがよくあります。
これは、ていねいに治療しても避けることができないことがあります。
このことによって、ほんの少し歯が弱くなることがありますが、通常問題になることはありません。
このことは、担当の矯正の先生も気をつけて治療していると思います。

伊東 正志 先生
伊東 正志 先生
伊東歯科矯正歯科医院(香川県香川県高松市浜ノ町9-9)

伊東 正志先生の回答一覧

大村 克彦 先生からの回答

矯正治療中は、歯の間に隙間が開いたり、かみ合わせずらくなったりと、いろいろ変化するので、不安に感じることと思います。特に、治療する順序によっては、奥歯から改善しないと前歯をとじてこられなかったりする場合があるので症状によっては、一時的に前歯のかみ合わせにも不都合を生じることが有るかもしれません。おそらくかみ合わないのは一時的なことと思いますので、このまま様子を見てください。
 ご心配のことはないと思います。
 また、もし今の状態に不安がある場合は、この前歯の噛まない状態はあとどのくらい続くのか、または、今後どんな治療をしていくのか、聞いても良いと思います。
矯正治療は、治療内容が見えずらいこともあるので不安に思ったことは、不安が大きくなる前に早めに聞いて先生とのコミニケーションを図ってください。

大村 克彦 先生
大村 克彦 先生
大村矯正歯科(秋田県秋田市楢山登町2-33)

大村 克彦先生の回答一覧

高橋 和明 先生からの回答

こんにちは。
ご相談拝見いたしました。矯正治療中はもともとの歯並びを変えて新たな状態に変えていくため、すべての歯が常に咬んでいることはありません。
前歯が途中咬んでいないということもほとんどの患者さまが経験することかもしれません。
矯正治療は通常1年半~3年くらいで行われると思います。
その期間で噛んでいない歯が弱くなることはないので心配はいらないと思いますよ。

高橋 和明 先生
高橋 和明 先生
KAZ矯正歯科(東京都千代田区神田神保町2-9)

高橋 和明先生の回答一覧

深沢 真一 先生からの回答

ページの先頭へ