下顎前突の矯正後、改めて外科矯正を行うことは可能でしょうか

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
歯並び・かみ合わせ
お悩みの歯

かかっている歯科医院では相談しづらいため、こちらで相談させていただきます。

5年ほどかけて下顎前突の矯正を行い、2ヶ月前から保定を行っています。

矯正前は普通に噛んだ状態で上下の前歯の隙間から舌をちょろっと出せる程度には下の歯が前に出ている状態でした。
相談に行った歯科医院で勧められるまま、下の左右4番を抜歯し、インビザラインによる矯正を開始しました。
2~3年ほど経過したところで、インビザラインでは反対咬合が治し切れないとのことでワイヤーに切り替わりました。
現在はなんとか上の前歯が前に出ましたが、下の前歯はかなり内向きな状態であり、上の歯の7番は噛み合う歯がなく、
また下の前歯から右の奥歯にかけて右にズレており右の奥歯に交叉咬合があるようです。
(下の親知らずは抜歯済み、上の親知らずはまだ顔を出していません)
そして今思えば当然ですが、顔の印象には矯正の前後で期待していたような変化はありませんでした。


ろくに調べもせず、外科矯正のことを知らずに矯正を開始してしまったことを後悔しています。
今からでも改めて外科矯正を行うことは可能なのでしょうか?


ほりちゃん 先生からの回答

はじめまして、長崎の堀内と申します。
さて、お問い合わせの件ですが、抜歯してインビザライン矯正をされたけれども噛み合わせと見た目にまだ不満があられるということですね。

下顎が出ている感じが気になられるということでしたら、確かに外科併用矯正となりますね。
また、外科併用矯正になる場合は、下の前歯は前に出して受け口の状態をもう一度作り、顎全体を後ろにバックさせるということになると思われます。
歯の動きを今までの反対の動きをさせることになりますのでいくらか根っこに対してのダメージはあるかもしれませんが、外科併用矯正はできると思われますね。
奥歯の交叉咬合については、上下の歯列の幅があっていないことと、横向き寝やうつ伏せ寝などで顎がどちらかにずれておられる可能性があります。外科併用矯正をされる前に噛み合わせに詳しい先生のところで見てもらうことをお勧めしますね。
おそらくカラダのバランスと顎のバランスがずれておられると思います。
ご参考にされてくださいね。

ほりちゃん 先生
ほりちゃん 先生
医療法人永友会 堀内歯科(長崎県諫早市)

ほりちゃん先生の回答一覧

小林 研太郎 先生からの回答

診てみないとなんとも言えませんが、

今からでも改めて外科矯正を行うことは可能なのでしょうか?
とのご質問ですが、文面だけから診るともちろん可能ですがすでに4番を4本抜歯済とのこと。
すでに保定装置が装着済とのことで、今から1から矯正となると時間もお金もかなり要すると考えます。

診てみないとなんとも言えませんので、一度矯正相談だけでも近医を受診されてみてはいかがでしょうか。

小林 研太郎 先生
小林 研太郎 先生
KEN DENTAL CLINIC(大阪府大東市大東町10-21)

小林 研太郎先生の回答一覧

北野 やすひろ 先生からの回答

ページの先頭へ