矯正装置を外して保定に移るとき

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
歯並び・かみ合わせ
お悩みの歯
右下正面から4番目
右下正面から5番目

こんにちは。
現在矯正治療をしています。
前回受診時、次回保定に移るとのことで型取りをし保定装置を作成して頂いてます。その際に普段通りに矯正装置を付けて頂いて帰ったのですが、その後噛み合わせが若干変化したことに気がつきました。
このまま保定装置が前回の噛み合わせの違和感が少しあったときのまま作成して頂いて大丈夫なのでしょうか?
せっかく歯並びを直しているので心配になり質問させていただきました。


ほりちゃん 先生からの回答

こんばんは、長崎の堀内と申します。
さて、お問い合わせの件ですが、保定装置の歯型を取ってからかみ合わせが若干変化したということですね。
あくまで推測にはなりますが、考えられることをご説明しますね。
おそらく、歯型を取るときに大きく口を開けられたものと思われますが、これによって筋肉の緊張が幾分とれて本来の位置にわずかにずれた可能性がありますね。
悪いほうにではないと思われます。
前歯が当たる感覚があられるようなら間違いないでしょう。
奥歯がすいたような感覚も同じです。
本来、人間の顎の蝶番の靭帯の部分は生活習慣や加齢によって押しつぶされたような状態になっていますが、口を大きく開けることでいくらかその圧縮が解消されることでかみ合わせの位置が変化します。
できれば、その位置へ矯正治療で持っていけると最高ではありますが、現実には、それはかなり難易度が高いものです。
今感じておられる位置は数日経過すると元の位置に戻ると思われますのでご心配は無用かもしれませんね。
もし、どうしても気になるようでしたらまたご質問ください。

ほりちゃん 先生
ほりちゃん 先生
医療法人永友会 堀内歯科(長崎県諫早市)

ほりちゃん先生の回答一覧

小林 研太郎 先生からの回答

ページの先頭へ