矯正中です。6番抜歯治療、上顎洞炎再発。

困り度
level1
level2
level3
level4
カテゴリ
歯並び・かみ合わせ
お悩みの歯
左上正面から7番目
右上正面から7番目

こんにちは。
2016年7月頃~矯正治療しています。
上顎洞炎、6番抜歯について相談したいです。

私の通院している歯科は、悪い歯は抜いて予後の良い歯をなるべく残そうという方針の先生です。矯正の先生は別で月に1.2回他院から来てくれています。
10年ほど前、上顎左右6番の神経を抜き治療しています。メンテナンス希望で通院を始めたのですが、前歯の多少の歯並びを整える希望で矯正相談をしたら、レントゲン・CTにて左右上顎6番の神経治療部分の炎症からの上顎洞炎と言われ、上顎左右の6番を抜歯し、インプラントアンカー装着をして7番を手前に持ってくる治療を勧められました。左の上顎6番は、2016年11月頃抜歯し、となりの5番の調整によりインプラントアンカー使用せず整えることができました。左6番抜歯の際、とても難航し、(先生は元々歯が大きいからといっていました)力尽くな感じで1時間程かかりとても辛い思いもしたのもあり、できればもう右6番の抜歯はせず治療を終えようと思っていました。矯正のメンテナンスの際は、矯正の先生としかお喋りしないため、「抜きたくない、抜かずに終えたい」と私がいうと、矯正的には抜かずに終わるのもあり。6番は大きい歯だから、7番を完璧に5番の方まで持ってこれない可能性もあるから。という見解でした。なら‥と思い、もう右6番は抜歯せず行こうと2018年2月まで医院の先生とICをせず来てしまいました。
しかし、矯正の最終調整の日が近づき、医院の先生と再度ICをする機会があり、「上顎洞炎は、いつ炎症を起こして全身麻酔して治療になってもおかしくない。時限爆弾を抱えているのと一緒だ。」と冷たく言われてしまいました。私は、今妊活をしていて妊娠希望です。これから、右6番を抜歯しインプラントアンカーを装着しての矯正をするのは、今妊娠希望をしている私に最善の治療なのか。治療がどうしても必要なら、抜歯し治療します。医院の先生は悪い歯は抜いて予後の良い歯を残そうという治療方針のため、自分の治療方針に反してしまうというのが納得いわず、大げさに私に言っているようにも感じてしまいます。。

読みづらい文書で申し訳ありません。もし、よろしければ意見を聞かせて頂けると嬉しいです。


小林 研太郎 先生からの回答

診てみないとなんとも言えませんが、インフォームドコンセントをきちんと取れるドクターと治療を進めていくのが大前提です。
不信感のあるドクターと治療を進めていっても満足のいく治療結果は得られないでしょう。
上顎洞炎の可能性などはレントゲンなどを診てみないとなんとも言えませんので、セカンドオピニオンを求めて大きな病院などを受診されることも選択肢の1つだと思います。
よいドクターに巡り会い最善の治療ができるといいですね。

小林 研太郎 先生
小林 研太郎 先生
KEN DENTAL CLINIC(大阪府大東市大東町10-21)

小林 研太郎先生の回答一覧

加藤道夫 先生からの回答

ナミさんこんにちは。

2016年7月頃から矯正治療し、現在上顎洞炎があり、6番抜歯について相談したいのですね。

左6番抜歯の際、とても難航し1時間程かかりとても辛い思いもしたのもあり、できればもう右6番の抜歯はせず治療を終えようと思い矯正をすすめていたのですね。しかし、矯正の最終調整の日が近づき、医院の先生と再度ICをする機会があり、「上顎洞炎は、いつ炎症を起こして全身麻酔して治療になってもおかしくない。時限爆弾を抱えているのと一緒だ。」と冷たく言われてしまったのですね。

しかし、今妊活をしていて妊娠希望で、右6番を抜歯しインプラントアンカーを装着しての矯正をするのは、今妊娠希望をしている私に最善の治療なのかわからないのですね。

治療がどうしても必要なら、抜歯し治療します。医院の先生は悪い歯は抜いて予後の良い歯を残そうという治療方針のため、自分の治療方針に反してしまうというのが納得いわず、大げさに私に言っているようにも感じているのですね。

 
もしかしたら今後腫れたりするかもしれませんが、現状症状がないのであれば、今妊娠中あるいは妊娠しているかもしれないので落ち着いたら外科処置を考えたいと伝えてみてはどうでしょうか?
基本的には妊娠中は積極的に外科処置はしないと思いますので・・・

加藤道夫 先生
加藤道夫 先生
加藤デンタルクリニック(神奈川県横浜市中区元町)

加藤道夫先生の回答一覧

田中 宏尚 先生からの回答

こんにちは。
積極的な抜歯、インプラントはやめられたほうが良いと思います。特に妊娠希望であれば多かれ少なかれ良いことはありません。自然からどんどん離れていく事になるでしょう。これから先、胎児も含めて人から管理され続けられたいのであれば別です。この機会によく考えられることをおすすめ致します。お大事にして下さい。

田中 宏尚 先生
田中 宏尚 先生
あしたば歯科(埼玉県所沢市荒幡1359-17)

田中 宏尚先生の回答一覧

北野 やすひろ 先生からの回答

こればっかしは、診ないとわからないですが、抜歯に1時間もかかれば、さ~反対側もってことにならないですね(^◇^;)

てっか本当に抜かないといけなかったのか、または抜くにしても時間がかかることをはじめに言っていたならばいいのですが・・・。

さて、インフォームドコンセントの略ですかね?今の治療が自分の中でうまく行ってると思うのであれば先生を信用して続ければいいですが、信用できないなら、仕方ないですね、違う先生の意見が必要になりますよね。

で、6番についてですが、根っこの治療がうまい先生がやれば治る場合がありますよ。なぜ上顎洞炎のことばっかしいうのが不思議で仕方ないですね。

歯が原因でそのようになることがありますが、そんなに沢山はありませんよ。僕なら申し訳無いですが違う先生の意見を聴くかもしれません。

北野 やすひろ 先生
北野 やすひろ 先生
医)やすひろ歯科クリニック (兵庫県加古川市加古川町備後5-4)

北野 やすひろ先生の回答一覧

ページの先頭へ